看護婦になってた同級生と夢の院内セックス

この体験談は約 5 分で読めます。

入院と言えば看護婦とのエロいことを想像する。
これが健全な男性だと思う。
暇な病院生活、そんな時に可愛い看護婦さんにフェラで抜いてもらったり、騎乗位でイカせてもらう妄想を誰もが抱くはずだ。
実際、脚の骨折などで動けなくともチンポはビンビンな若者が男日照りのナースとっていう話はよく聞く。
オレの場合は入院中ではないが、それに近いことはあった。

当時のオレは都内の大学に通っていたので東京近郊に1人暮らしをしていた。
そして夏休みや年末年始に時々帰省するという、ごく普通の大学生活を送っていた。

それは大学2年の冬休みに実家に帰った時の話だ。
家に帰った途端、オレは風邪を引いた。
やはり田舎の冬は東京より寒い。
そして実家はオレのマンションより機密性が低かった。
オレの身体もすっかり都会仕様になって鈍っていたことも災いしたのだろう。

こじらす前に近所の病院に行くことにした。
病院の受付でオレは知った顔を見たような気がした。
近づいてネームプレートを見て思い出した。
高校の時のクラスメートだった綾子だ。
昔から派手だったが、さらに磨きがかかっていた。
オレが出した保険証を見て、向こうも気付いたようだ。
他の患者も病院スタッフもいなかったので、軽く昔話に花を咲かせた。

「全然ナースって柄じゃねーよなー」

「バカは風邪ひかないんじゃないの?」

「けど、色っぽくなったな」

「はいはい」

「ナース服とのギャップがいいな」

「それ、どういう意味よ!」

他愛のない軽口を叩きあっていると診察室に呼ばれた。
病人よりも死にそうなジジイが担当医だ。
診察を受けている間、オレは全然違うことを考えていた。
もちろん激しくエロい考えだ。

(なんとかして、綾子とここでヤレないだろうか・・・)

薬と会計を待つ間も受付カウンターで綾子にちょっかい出していた。
後ろの方で年配の女性スタッフがジロジロ見ていたが無視だ。

「なあ、時間ある?」

「5時にはあがれるよ」

「じゃなくて、今」

「今?仕事中だよ」

「ちょっとだけ時間取ってよ」

「どういうこと?」

意味ありげに目配せすると、「お昼にちょっとなら」と答えた。

もう風邪なんてどこかに吹っ飛んでいた。
従業員出入口の外で待ち合わせ、綾子がナース帽だけ外した姿で現れると、オレは早速口説き始めた。

「頼む!どうしてもナースと病院でヤリたいんだ!!」

当時はイメクラとか無かったのでオレは素直にお願いした。
綾子はびっくりというか引いていたようだが、オレの尋常じゃない熱意についに降参した。
そして連れて行かれた部屋は予備の処置室だった。

「ここだったら午後の診察まで使わないから」

そう言って綾子はドアの鍵を締めた。
小さいが一応ベッドがあり、他に点滴を掛けるスタンドや、たぶん注射器などを置くような台車が一台ずつあった。
消毒臭いし、本来ならセックスをするような雰囲気ではない。
しかし今回はむしろそういう場での情事を望んでいたのだ。
熱に浮かされたように(実際微熱があったのだが)、オレは綾子を簡易ベッドに押し倒した。

「相変わらずせっかちだね~」

(ん?相変わらず?)

「何年ぶりかな♪」

(あれ?コイツとヤったことあったっけ?記憶にないぞ・・・)

一方、綾子はすっかり懐かしい空気を出して、横になりながらオレの首に両手を回している。
記憶の糸をたぐり寄せようとしたが無駄だった。
しかし綾子の機嫌を損ねてこのシチュエーションがご破算になってしまうのを恐れたオレは、話を合わせることにした。
考えてみれば、過去にヤったことあるから、すんなりOKしたんだな。
でなければ、こんなに上手くはいかないだろう。

「お前も相変わらず可愛いな」

綾子は顔を赤らめて素直に嬉しさを表した。
薄ピンク色のナース服の上からお尻を撫で、胸を揉んだ。
感触も記憶にない。
高校時代はかなり無茶してたからいちいち覚えてられんわ。

「あんまり時間がないから早くしよ」

もちろんオレが異を唱えるはずもない。
切迫しているから仕方ないという理由をつけて、綾子の下着だけ脱がせた。
ナース服のまま犯したかったというのが真の理由だ。
そしてオレも下半身だけ露出した。
風邪っぴきなので全部は脱げないというのが理由だ。

ベッドに横になると、綾子はオレのペニスに口を寄せてきた。

(来た来た、ナースフェラだ!)

オレは興奮のあまり痛いくらいに勃起していた。
へそにくっつきそうになるくらい反り返るオレのペニスに手を添え、舐めやすい角度に傾ける。
綾子はもどかしいくらいにソフトに舐めてきた。
病んでる時の粘膜は過敏になっているのでオレは随分高まることができた。
綾子の拙いフェラを中断させると、ベッドに手をつかせ、スカートを捲り上げて後ろから挿入した。
病院にコンドームなど持って来るはずもなく、もちろんナマでの合体だ。
やはり職場で緊張していたのか、濡れ具合はイマイチだった。
その代わり、キツさが増幅されたような形だ。
スリルと興奮と感動で、オレはおまんこのスペック以上の快感を堪能していた。
しかしやはり、過去にハメたおまんこかどうかは思い出せなかった。

綾子は健気に自ら腰をくねらせて、オレにさらなる快感を与えようとしていた。
さすがナース、献身的だ。
たまらなくなったオレは激しくピストンし、我が息子を解放してやろうとした。
射精の前兆を感じたのか、綾子はすかさず腰を引いてペニスを抜くと、素早くこちらを向いて跪き、オレの肉棒を頬張った。
綾子は咥えながらペニスを激しくしごいて手コキフェラで射精を促した。
すでにおまんこの中で極限状態にあったオレの肉棒は呆気なく限界を迎えた。

大量のザーメンを綾子はすべて口で受け止めてくれた。
しかし飲みはしなかった。
この当時、口内射精&ゴックンできる女はかなり貴重だった。
片方だけでも賞賛ものである。

口に溜まったザーメンをティッシュに吐き出すと、綾子は軽く咳き込んだ。
ねっとりと濃い病人のザーメンは、口にこびりついてなかなか全部吐き出せないようだ。

一発とはいえ通常以上に射精できたので、オレはすっかり満足していた。
それにやはり風邪で体力が落ちているようだ。
時間もないのでこれで引き上げることにした。

しかし病院でするナースとのセックスはかなり甘美で癖になりそうだった。
実際ハマってしまい、帰省している間に何回か綾子と病院でセックスした。
田舎の病院はデカい割りに人の密度が少なく死角が多いので、色んな場所で楽しめた。
綾子もどんどん大胆に積極的になっていき、院長の留守に院長室でハメたりもした。
いざとなったら女のほうが度胸が据わってる。

とにもかくにもあのときは楽しませてもらいました!
最近は連絡を取ってないが、結婚して離婚したとか。
小学校に上がるか上がらないかの娘は親に預けて、相変わらずエロナースやってるみたい。