彼女の母親の寝顔を見ていたら我慢出来なくなって

この体験談は約 2 分で読めます。

一年前、俺は35歳、彼女は28歳でした。
彼女の家は、彼女、お母さん、叔母の女だけの3人暮らしでした。

俺は週末も土日になると必ず彼女の家に行き、皆で食事をして泊まって、月曜日の朝に仕事に行く生活を約2年ぐらいしてました。
彼女の仕事は販売、母親と叔母はケアーの仕事をしてました。
だから皆休みがバラバラでした。
だから良く彼女の母親と日曜日に二人きりになることもありました。

俺、前から彼女の母親のことが気になっていました。

彼女の母親は44歳で、背が小さく、ポッチャリの巨乳。
会う度にいつも胸に目がいってました。

それは夏の暑い日でした。
今日も家には俺と母親の2人だけ、俺は叔母に頼まれて縁側にスダレを付けてました。
夏の昼間、俺は暑くてビールの飲みながらスダレ付けをしてました。
ふと母親が居ないの気づき、部屋を覗いたら、母親がベッドの上で昼寝をしてました。
暑いのか、何も掛けずにTシャツと短パンでした。

ムラムラしました。

でも、その時は『いけない、彼女の母親だ』って思って、またスダレ付けをしました。

スダレ付けも終わり、また母親を見に行きました。
そーっと部屋に入り、見に行ったら爆睡してました。
しかもノーブラで、白のTシャツから微かに乳首の色と膨らみが分かりました。
でも『ダメ』って自分に言い聞かせて部屋を出ました。

それからしばらくして俺は酔っ払ってきて、さっきの母親のことを思い出し、また母親の居る部屋に行きました。
しばらく母親の横で寝顔を見ていました。
もう心臓はバクバクでした。

そして、思い切って、そーっと母親にキスをしました。
そうしたら母親がハッと目を覚まして・・・。

「ナニしてるの」

一瞬ビックリした顔をした。

俺はもう我慢出来なくなり、母親の上に馬乗りなり、キスをしながらいつも気になってた巨乳を揉みました。

「娘の彼氏なんだからヤメナサイ」

母親は抵抗しながらそう言ったけど、俺も酔っ払っていて我慢出来なくなり、半分レイプ状態で母親を襲いました。

母親のアソコを触ると既にぐちょぐちょで、パンツを強引に脱がしチンコを入れました。
すんなり入り、入った途端に母親は力が抜け、感じ始めました。
俺も夢にまで光景に無我夢中で腰を振り、巨乳を揉みまくりました。

「あっ、いきそう」

母親にそう言ったら、「中で出してイイよ」って言われ、ちょっとビックリしたけど母親の中に出しました。

それから母親と彼女と俺の3人でご飯を食べに行く時は、必ず母親の前に俺は座り、机の下で母親のマンコを足で撫でたり、二人きりの時は勿論、彼女がお風呂に入ってる時や、彼女の目を盗んでは必ずエッチをして中出ししてました。
母親が生理で出来ない時はフェラチオをしてもらい、口に出してました。