看護婦

男性視点

恥ずかしすぎる膀胱検査

泌尿器科にかかったことはありますか? それは羞恥の極みです。 受難の1日、厄日の1日となることでしょう。 泌尿器科は主に尿路の検査です。 産婦人科の診察台のような腿を受ける装置のある台に足を開いて寝ます。 肛門科とかなら、少な...
男性視点

金玉を揉みながらしゃぶってくれた若い看護婦

若かりし頃の思い出です。 バイクを乗り回し、夜な夜なフクロウのように動き出していた高校時代。 こんなことを続けていたら、いつか事故るだろうと思っていたが、それが現実となってしまった。 夏休みに入った開放感もあった。 カーブを曲が...
大学時代

精子提供のバイトで知り合ったOL

ある日、僕は同じ大学の先輩から面白い話を聞かされた。 不妊症のカップルや未婚で赤ちゃんを欲しい女性のために、精子を提供するだけで2万円ももらえると言うのである。 その会社が高学歴の好男子を募集しているのだというのだ。 当時仕送りだけで...
中学校時代

中学の時の『発育検査』が恥ずかしすぎた

中学の時の身体検査が忘れられません。 夏江と言います。 私は19歳の大学生です。 中学の時の身体検査について、恥ずかしい思い出を書いてみました。 当時、私が通っていた中学校は、毎学期前に身体検査を行なっていました。 私の学...
大学時代

きれいな女医の濃い陰毛

自分は某大学の医学部に通っています。 いわゆる医者の卵というやつです。 もちろん医者とは違い何かすごいことができるわけではないのですが(笑) 自分たちは医師国家試験に合格するまでに実習ですべての科をローテートし経験を積まなければなりま...
男性視点

クラブで出会った経験豊富なバツイチお姉さん

先日の話。 友達と居酒屋で飲んでいたら、テンションが上がった僕の友達N君が・・・。 「久しぶりにクラブに行こうよ!」 ちなみに僕はお酒が弱いので、居酒屋の時点で頭がグルングルンして死んでました。 お会計が終わり、男6人でクラ...
大学時代

産婦人科医で研修生たちに処女マンコを公開された

大学1年(19歳)の頃に近所の医大の産婦人科を受診した時のことです。 私は中学の頃から生理不順がひどく、3ヶ月に1回程度しか来ませんでしたが、大学に入ってさらに悪化し、半年に1回来ればいい方でした。 産婦人科に行けば内診があると分かって...
女性視点

息子の立派なペニスが目に焼き付いて・・・。

私は38歳、看護師をしています。 息子(達也、15歳)と2人の母子家庭です。 2年前のことです。 夏休みのある日、勤務する近くの病院からお昼休みに帰ってきました。 達也の部屋に行くとパソコンをしていました。 達也「お帰りな...
女性視点

高校生の甥といけない関係になりました

出戻り独身の看護師です。 子供はいません。 先週、甥っ子といけない関係になりました。 相手は今年16歳になる高校生で、私の3つ上の姉の子です。 幼い頃から一緒に住んでいて、小学生くらいまで留守がちな母親に代わって一緒にお風呂に入...
男性視点

憧れていた姉の親友は美人なのに超ドスケベだった

俺は19歳の時に念願である一人暮らしを始めた。 その時は手取りで15万円ほどしかなく、食べていくのがやっとだった。 俺の勤めている会社が不景気で2週間の休業ということになった時、俺はお金もなく、アパートで引きこもっていた時のことであった...
中学校時代

看護婦さんに発育途中の下半身を観察された

これは僕が中学生(13歳)の時の話です。 実家のすぐ近くに総合病院があったので、幼い頃はずっとその病院で診察してもらっていました。 しかし、この日の出来事を境に、総合病院を利用することはなくなりました。 風邪を引いた僕は1人で病院...
大学時代

病院で診察する妹に付き添ったら目の前ですっぽんぽんに

2~3年前の話です。 もしかしたらジャンル違いかもしれないが、ここに書かせてもらいます。 これはオレが大学1年(19歳)の時で、妹は高校一年(16歳)だった。 オレは地元の大学に通ってたので、実家で家族4人で暮らしてた。 あ...
女性視点

訪問介護先でイケメンなお孫さんの下半身をケア

訪問看護の仕事を始めて3年になります。 私は32歳の女性ですが、毎日色々なお年寄りのリハビリを家庭に出向いてやっています。 基本的に看護師なんですが、病院勤務から介護の部門に配置転換され、最初は嫌だったけど、今はやり甲斐を感じています。...
男性視点

大晦日の夜、ギャルナースが慰めてくれました

年の瀬に入院してしまいました。 まだ街がクリスマスのイルミネーションで盛り上がっている頃で、なんとも切ない年末だと感じていました。 入院から数日経つと僕の体調はすっかり良くなっていましたが、退院は年が明けてからとのことでした。 3...
小学校時代

母がしてくれた包茎治療

これは僕が小5の時の体験です。 その頃、僕は真性包茎で、それを心配した母親(32歳)は、僕と年子の妹を連れて病院に行ったのです。 「いい?おちんちんが剥けないと大人になってからすごく困るのよ?」 母親にそう説明されましたが...
タイトルとURLをコピーしました