まだ中学生の社長の娘にお掃除フェラを教えたった

この体験談は約 4 分で読めます。

会社の社長の娘としてしまった話です。
社長の家に何度か行った時に仲良くなり、時々遊んであげたりするようになりました。
すっかり懐いてくれて、社長も娘のお守りや遊びには私を呼ぶようになりました。

ある日、社長の娘さん(香奈ちゃん)に呼び出され、買い物に付き合うことになりました。
冗談でマイクロミニのスカートを試着させ、「可愛い、興奮する」と冗談交じりに言ってたら本当に買ってしまい、おまけにそのまま穿いて買い物の続きをしました。
足がものすごくきれいで、まだ中学生なのに思わずドキッとさせられました。

買い物を終え、車での帰り道、ラブホテルの近くをたまたま通り、その時、そこから出てくる車とぶつかりそうになりました。

「危ないな~。大丈夫?」と香奈ちゃんに気を遣うと・・・。

「ほんとだよね。・・・でもすごいなあ、昼間から入っちゃうんだ」
「ラブホ?」

「うん」
「入ってみる?(笑)」

冗談で言ったけど、「おもしろそう!」だと大乗り気。
ダメだと何回も言ったけど、結局、覗くだけってことでラブホに入る。
香奈ちゃんは部屋の中をあちこちと見て周り、はしゃぎまわり、質問攻めにされる。
中でも一番気を引いたのが、制服のコスプレだった。

「なにこれ!学校の制服じゃん。こんなの着てエッチすんの!?」
「大人の世界だよ。君もあと3年後にはそれと同じようなの着るでしょ」

「そうだけど・・・いいなあ。着てみたいなあ」
「はいはい、3年後ね。それに、そんなの着たら押し倒しちゃうぞ?」

「え~?今でもいいよ」

冗談っぽく言うので、こちらも冗談でベッドの上に押し倒す。

「そんじゃ、遠慮なくいただきます」と、襲うふりをすると、「・・・うん」と可愛い声。

(おや?)

「あ、でも慣れてないから、っていうか、よくわかんないっていうか・・・」としどろもどろになって言ってくる。

「優しくするよ」と軽く口にキス。

冗談のつもりが本気になる。
心の中で『まじで!』を何万回言ったか。

そのまま愛撫しながら服を脱がしていく。
彼女はどうしたらいいか分からず、じっとされるがまま。
なんかマグロっぽいな~と思ったが、初めてだから仕方ない。
でもちゃんと感じていたらしく、あそこは湿り気を帯びていた。
クンニして濡らしてあげたけど、少しオシッコ臭かったのが背徳さを感じて余計に興奮しました。

フェラを教えると、素直に従う。
けど口が小さく、歯もすぐ当たるので少し痛かった。

そしていよいよ挿入。
毛がほんの少ししか生えていないオマンコ。
入れるには正直苦労しました。
だって小さいんですから。
最初ゴムをしたけど、痛がるので生で入れることに。

「痛い!まじ、ちょっと待って!いた!だあ~~」
「まだ先っぽだけだよ」

「うそ!?きっつ~~」
「じゃあ一気に行く?」

「え~でも痛そう」
「今も変わらないって」

「まあそうだけど・・・どうするの?」

彼女を四つん這いにし、枕を抱え込ませる。
ローションを塗りたくり一気に挿入。

「いったあああああああ!」

彼女の絶叫が響く。

「でも入ったよ。そっちからじゃ見えないけどね」

「ほんと?やった~。でもまじ痛いよ~うう」

「じゃあすぐ終わるから、少し我慢しててね」

そう言って腰を動かす。
彼女は痛がったが、こっちもあまりの中の締め付けに痛かった。
突くと子宮にすぐ当たる。
142センチしかない体だから、本当にオマンコも小さい。

「中に入ってるのわかる?」
「奥痛い。あんまり強くしないで・・・痛い~~動かないで」

「すぐ終わるから」
「早く終わって~。ほんと痛いってば。ゆっくりしてよ~」

ゆっくりしてあげたいが、締め付けの痛さが気持ちよさに変わってきて限界が近くなる。

「イキそう。イッていい?」

「いいから早くして」

「イクよ!」

ドク!ドク!ドク!

堪えきれずそのまま中に射精する。
脈打つごとに大量の精子が中に送りこまれる。

「痛い!何!?痛っ!」

中に発射される度に痛がる。
後ろから彼女の奥深くの子宮に大量の精子を流し込んだ。
狭いオマンコの中はすぐにいっぱいになり、差し込んだ隙間から溢れてるのがわかった。

「終わった?」
「うん、気持ちよかったよ」

「痛かったよ~~ずるいなあ。なんか中でピクピクしてる?」
「あ、今少し残ってたの出たから」

「そうなの?」
「うん。いっぱい出しちゃった」

「あ、さっき痛いの当たってたのってそれ?」
「わかった?」

「奥の方で痛いのが押されるっていうか、なんて言えばいいんだろ?」
「でも中に出しちゃったけど大丈夫?」

「どうだろ?それより痛いんだけど、抜いて」
「ああ、ごめん」

オマンコから抜くと、中から“ごぽっ、びゅぶぶ”と精子が垂れてくる。

「なんか生温かいの出てきた~~、うわ、いっぱい」

四つん這いのまま流れ出る精子を見て彼女は言う。

「あ、ほら、ここから血が混じって・・・って俺のも血が」

自分の精子と彼女の血でドロドロだった。

「なんかエッチ~~」と彼女は喜ぶ。

「終わったら口で綺麗にして欲しいな」

そう言ってお掃除フェラを教える。
こういう時、素直に従ってくれるのはありがたい。
その後、フェラで元気になり、合計4発出しました。

「『中に出して』って言うと男はイキやすくなるよ」と教えたら、毎回イキそうになると言ってくれるようになりました。

もちろんちゃんと中出しです。
まだ初潮が来てないってことなので、それまでは存分に中に出させてもらおうと思います。
まだ中学生の地味な制服ですが、高校の制服姿が今から楽しみです。