バスケ部の短大生と

この体験談は約 5 分で読めます。

中学の3年間はバスケット部に所属していた。

1年生の時、そこそこ身長もあり上手い方だったので、よく女子部の3年生の練習相手をさせられ、練習試合をした。
男子とはいえ、1年生に負けるわけにはいかないと3年女子部の先輩達は結構本気モードだった。
こちらも本気モードになるとそこそこいい試合になった。

楽しかったのは、身体がぶつかったり、タッチ出来る特権だった。
中3にもなると結構カラダも出来ており、女って感じだったし、いい匂いがした。
特に可愛い先輩だと、わざとぶつかったり触ったりした。

同じようなことが中3の時にもあった。
隣に短大があったので大会前によく体育館を借りて練習した。
短大のバスケット部と一緒に隣同士で練習する事もあった。
そして、体育館を借りたお礼ではないが、練習試合を何回かした。
短大生とはいえ、こちらは地区で3位に入る実力もあったので、結構余裕で勝てた。
短大のお姉さん達は、中坊に負けるのは屈辱なのか、本気丸出しで向かってきた。
当然、プレイも激しくなり、身体のぶつかり合いも増えた。
短大生は中坊にとってはオトナの女で、乳に触ったりして喜んでいた。

そんなある日、短大のお姉ちゃん達との合同練習が終わり、シャワーを浴びて自転車で帰る途中・・・。

「あっ!ちょっと7番!」とバス停で声を掛けられた。

自転車を停めて振り返ると、短大のお姉ちゃんが立っていた。

「あっ!キャプテン・・」

「帰るの?」

「はい」

「家、どっち?」

「◯◯です」

「ふ~ん・・・じゃぁ、乗せてって!バス行ったばかりなんだもん」

「ええ~、二人乗りで?」

「いいじゃない。何か奢ってあげるから」

「それならオッケーす」と、後ろにお姉ちゃんを乗せた。

横座りで、俺の腰に手を回すお姉ちゃん。
小柄ながらもムチッとした人で、髪はショートカット、夏菜に少し似た感じだ。
そのお姉ちゃん・・奈津さん(仮名)は『意外と胸がデカイ』とチームの中でも話題になっていた。
走る時にプルンプルンと揺れる乳に目が釘付けになったもんだ。

淡いピンクのチュニックにデニムのショートパンツ。
チュニックの下には白いタンクトップ。
淡いブルーのブラの肩紐が見えている。
紺のニーハイにサンダルといった服装だった。

「お腹空いてる?」

「はい」

「お好み焼きでいい?」

「はい、いいっす」

奈津さんがよく行くお好み焼き屋でご馳走になった。

聞くと、俺の家の近くのワンルームマンションに住んでるのがわかった。
自転車で二人乗りして送って行くことに。
さっきよりもしっかりと腰に手を回してきているので、時折、デカイ乳の感触が背中に!
チンポがムクムクするのを必死に堪えた!

パソコンがネットに繋がらないと言うので見てあげることになり、奈津さんの部屋へお邪魔した。
可愛らしい女の娘の部屋でドキドキした。
いい匂いがしたし、干してある下着にドキッ!

パソコンに集中して・・・意外と簡単に繋がった。

感心する奈津さん。
チンコは益々硬くなって苦しかった。

キョドってる俺に・・・。

「あっ・・・ひょっとしてぇ・・・」

「か、帰ります!」

慌てて帰ろうとすると、「ちょっと待ちなさい!」と引き止められ、「勃っちゃったぁ?お姉さんの魅力に?」と小悪魔っぽく後ろから耳元に囁かれて、股間を触られた。
飛び上がりそうなくらい、カラダに電流が走った。

「お姉さんに見せて・・・」とベッドに寝かされ、ズボンとパンツを脱がされた。

「わぁ・・・おっきぃねぇ・・・ちょっとビックリ」とお姉さんの目に妖しい光が。

手コキしながらキスしてきた。

「初めて?童貞?」

「は、はい」

「お姉さんに任せてね」とフェラされた。

亀頭を咥えられた瞬間に、初めての暖かい口の感触があまりにも気持ち良くて、舌でペロッとされた瞬間に、「あああ・・」と情けない声をあげて奈津さんの口の中に射精してしまった。
ドクドクと大量に出た。
今までで一番気持ちいい射精に腰が抜けた。
凄い量に目を白黒させながらも、全部口で受ける奈津さん。
綺麗にお掃除フェラされてまた射精。
口の中の大量の精子をゴクリと飲み込む姿がエロかった。

「はぁ・・・凄いねぇ、まだビンビンだねぇ・・・気持ち良かった?」

「は、はい・・・腰が抜けちゃいました」

「今度は、もっと我慢するのよ」

服を脱いで全裸になった奈津さん。
俺もシャツを脱いで全裸に。

ベッドの上で、キスしながら奈津さんのレッスンを受ける。
形のいい張りのあるオッパイがたまらなかった。
初めて見るナマのマンコも興奮した。
乳首もマンコもピンクでキレイだった。
薄いアンダーヘアにも興奮した。
赤ん坊のように乳首を吸い、奈津さんに言われるままにマンコを舐め、69をした。
フェラが気持ち良くて何度もイキそうになったが、「ダメよ・・我慢して」とその度に寸止めされた。

「ああん・・・気持ちいい・・・」

奈津さんもクンニされて気持ち良さそうだ。

「はぁはぁ・・も、もう無理っす!」

「ああん・・まってぇ・・」とフェラを止め、キスをして、「入れたくなっちゃったぁ」とゆっくりと騎乗位で跨がってきた。

熱くて狭い膣に包まれる感触が、フェラとは違ってまた気持ち良かった。

「あああ・・・入ったぁ・・・ちょっと痛いぃ」

奈津さんが奥まで挿入し終わった瞬間に、キュキュっと締まる熱い膣に耐えれず・・・。

「あっあああ!」と奈津さんの膣奥に中出ししてしまった。

「いやっ!出てる!」

熱い精子が膣奥で噴射し、子宮口から子宮に注がれるのを感じてブルブル震えながら奈津さんは呟いた。
イッたらしい。

奈津さんは俺の胸に倒れこみ・・・。

「はぁはぁ・・・ダメでしょ・・・中で出しちゃぁ」

「ご、ごめんなさい・・・ど、どうしよぉ」

パニクる俺に、「大丈夫よ・・・今日は中に出しても」とキスしてくれた。

そのまま萎えないチンコで続けてセックス。
2回出してるので、何とか今度は長く耐えれた。
騎乗位、座位、バック、正常位と奈津さんに言われるままに、突いて突いて突きまくった。
奈津さんも何度かイッたみたいで、膣がチンコを千切るくらいに締め付けてきた。
何とか耐え、最後は正常位で奈津さんと一緒にイッて、また中出しした。
気持ち良くて腰が痺れてしばらく動けなかった。
ドクドクと長々と射精していた。

熱くてキツい膣に包まれて、まだチンコは萎えなくて、もっとしたかったが・・・。

「はぁはぁ、もうダメェ・・・そんなのでもっとされたら、壊れちゃう」

奈津さんにそう言われ、チンコを抜いた。
奈津さんのマンコからドロドロと精子が溢れるのがエロかった。
しばらく抱き合ってた。
チンコはまだビンビンだった。

「しょうがないなぁ・・お口で我慢してね」

フェラで抜いてくれた奈津さん。
また、飲んでくれた。

奈津さんとはその後、何度もセックスした。
最初は、奈津さんに主導権を握られてたが、逆に主導権を握って年上の奈津さんを攻めて、何度もイカせる事に征服感を覚え嬉しかった。

アナルセックスも一度した。
痛くてずっと泣いていた奈津さんが可愛かった。