一生懸命しゃぶってくれた人妻コンパニオン

この体験談は約 3 分で読めます。

秀美と出会ったのは、とある経営者会の200人規模のパーティだった。
そこに参加者としてではなく、料理の取り分けや飲み物を運ぶ“テーブルコンパニオン”として秀美はアルバイトをしていた。
やたらと私の食事や飲み物を気にかけて運んでくれて好感度。
年齢も40歳くらいだし、細身の制服を着こなすきゅっと締まったウエスト。
しかしながら肉付きのいいヒップと程よく膨らんだバスト。
コンパニオンよりも保育士が似合いそうな、まさに良妻賢母的な雰囲気。
きっと人妻だろう。

そこそこの会話をして、こちらも好印象をアピール。
帰り際に携帯電話の番号を聞いてみた。
それっきり私に近づいてこないので撃沈かと思っていたら、お見送りのときにジャケットのポケットにメモを入れてきた。

「教えてくれないかと思ったよ」

「メモとペンを探しに行っていたから」

それから1週間ほどあえて放置して電話をした。
数コールで秀美は電話に出た。

(待っていたな)

とんとん拍子にデートの日程は決まり、数日後に再会。
当日の彼女のファッションは、どこから見てもウキウキ感満載の格好だった。
待ち合わせ場所に車を停め、私の車に乗り込む彼女。
得意のトークを炸裂させ、1時間後にはもうホテルにいた。

シャワーをしてちょっとお話タイム。
40歳の人妻だった。
結婚が早かったので、すでに育児は終わり。
普段は電気工事の会社で事務をしているが、コンパニオン会社の女社長とは古い付き合いで、忙しい時だけヘルプに入っているとのこと。
コンパニオンの仕事で知り合った人とデートをするのは初めてではないが、ホテルは初めてらしい。
まあここまで来れば、そんなことは嘘でも本当でも関係ない。
もうすぐ抱けるんだから。

人妻とのセックスにはエチケットがある。
それは、彼女の夫がしてくれる以上の快感を提供しなければならないということ。
危険を冒して会うのだから、この人とベッドインして良かったと思えるだけの仕事をしなければならない。

この日も、キスからクンニまで人妻の期待以上のものを提供できたと思う。
秀美も大満足の様子。
そして、しっかり仕事ができたかどうかは、相手のフェラで分かる。
こちらの思いが伝わっていて、かつ相手がいい女なら、テクにはテクで、テクがなくても努力で返してくれるものだからだ。

案の定、秀美は素晴らしいフェラを返してくれた。
テクは普通レベルだが、深い情をもって愛撫をしてくれる。
しかし、私の大きめのペニスを見ても特に反応がない。
気になって聞いてみると、旦那の2倍くらいあったようで、あまりの大きさに驚いてしまったらしい。

たっぷりと濡らした後、ゴム付きで挿入。
激しいピストンに呼応する素晴らしい喘ぎ声で、秀美は何度も頂点に達した。
2回戦目は、フェラ&手コキで彼女のバストに仁王立ちでフィニッシュ。
終わる頃にはすでに23時になってしまっていたので、その日は食事をしないでお別れ。

もう彼女の体に火がついてしまったので、2回目もすんなりいけた。
ちょっと会って話をするだけという約束で会い、私の車で利用者の少ないビル型の駐車場の屋上階に移動。
1台も車は停まっていない。
1時間ほど車内で会話を楽しんでいると、だんだんいい雰囲気になってキス。
軽くフェラをしてもらい、コンドームを被せて、後部座席で合体した。
キツいおまんこにズブズブと飲み込まれていく。
かなり前から濡れてた様子。
シチュエーションにもお互い大興奮。
僅かな時間で彼女も頂点に達し、私もフィニッシュした。

彼女とは数年ほど関係が続いた。

タイトルとURLをコピーしました