“脳イキ”できる美人な奥様を“腹部責め”で攻略

この体験談は約 4 分で読めます。

カップルサイトで知り合ったS&Kさんに誘われ、乱パに参加してきました。
首都高脇のマンションタイプの高級ホテル、100平米超えのスイート2部屋を借りたそうで、参加者は60人だったそうです!!

普段はカップルパーティーの主催が多いS&Kさんのパーティーですが、今回は単独男女さんも呼んでの乱パで、比率はカップル7対単独3くらい。
男女比はほぼ同数といった感じだったでしょうか。
ちなみに僕はサークルのリピーター女性のA子さんとカップルとして参加しました。

会場を見渡すと、以前S&Kさんのパーティーに参加されていたカップルさんや、他のパーティーでお会いしたことのある方達、お馴染みの主催者仲間のカップルさんがいて、3分の1くらいの人が知り合いでした。
また僕の登録している別サイトの方もいたり、以前自身のサークルに問い合わせがあり、事前面談までは行ったものの、多忙でまだ参加出来ていない単男さんが偶然居合わせて爆笑したり。
新しくお知り合いになった沢山の男女の方々もいて、最初の3時間くらいは会話だけで楽しんでました。
そう言えば外人さんも別々のカップルでしたが一組いて、流暢な日本語を話されるので、色々とお話しさせていただきました。
ホントは会話だけでなく、引率したA子さんに外人男性とプレイをさせたかったんですが、次回お会いしたらする約束をしてたようなので、次回の報告ネタに回しますwww

プレイの方は、まったりと相互鑑賞1組、スワップ1組の2回戦を愉しませていただきました。
1組目はダンディーな感じの男性と、真矢みきさんがさらにナイスバディになった感じの女性のカップルさん。
お隣を見ながらのプレイでしたが、感度も良く声の大きい女性で、こういったパーティーでは珍しく男性がスパンキングしてたりと、少しハード目なプレイをされるカップルさんでした。
ちょっと対抗意識を燃やして、僕もA子さんに普段しているハードSMのプレイをちょっとだけ披露し、何度もイカせちゃいました。

2組目は、眼鏡の似合う高身長でドSな旦那さんと、吹石一恵さん似の清楚で可愛らしい奥さんの40代ご夫婦カップル。
いや~、僕は吹石一恵さんがかなりのタイプなので、メッチャ萌えてしまいましたよ~。
しかも見た目も凄くお若いご夫婦さんでしたし!
やっぱりこの世界で遊ばれている方は、どの人を見ても異性を意識し、自分磨きをされてるからか若く輝いてますね。

その奥さんとのプレイは正確に言うとスワップではなく1対1でした。
旦那さんは別室で単男さん2人と3Pを愉しんでいるA子さんと、こちらの奥さんの両方を行き交いフォローに入って下さってました。
優しい旦那さんですね。

話を戻すと、この奥さんはメッチャいやらしい女性でした。
旦那さんが「いっぱいイッてごらん」と言うと、その言葉に誘発されて何度もイキますし、「『もっと欲しい』と言いなさい」と促すと、さらにそれ以上の淫語を連発して、こちらを興奮させてくれます。
奥さんは妄想力が高い女性らしく、いわゆる“脳イキ”が出来るタイプのようで、旦那さんもそれを知っているから、奥さんを自在にコントロール出来るんでしょうね。

そんな美人で変態な奥さんと、サービス精神旺盛な旦那さんに、『興奮』という名の施しを受けましたので、僕も自身のサークル関連以外ではあまり見せない、“腹部責め”にて応えさせていただきました。
前もって奥さんの膣内の具合を指で確認し、Gスポットと最深部のポイントでイケる方だと分かっていたので、腹部の表面からまずはソフトに責めます。

奥さん「あ~あん、あ~」

僕「これ、どうですか?」

奥さん「はぁはぁ、何これ?こんなところ触られても感じちゃう~」

僕「そうみたいですね、なのでここを重点的に責めちゃいます(笑)」

奥さんはこの部位の責めでも何度もオーガズムに達するので、続いて“イケない地獄”を旦那さんと共謀し、さらに奥さんを苛めます。
ここまで2、3分おきにはイッてしまっていた奥さん、寸止めもないまま刺激を与え続けられ、「イキたい、イキたい」と何度も声を上げますが、旦那さんと僕の命令でイカせてもらえません。
10分以上もイキたい衝動を我慢し、ついには「イカせて下さい、お願いします」と敬語でお願いをしてきたので、旦那さんからの許可がおり、ようやくイカせてもらいました。
奥さんは先程までのイキ方とはまた違い、長く深く身体を痙攣させ果てていました。

プレイ後、お2人になぜこの様な責め方をしたのか説明しました。
腹部に関しては・・・。

奥さん「お腹であんなに感じるのね、すっごい気持ち良かった」

僕「それは良かったです、中で感じたりイケたりする女性には効くようですよ」

奥さん「そうなんだ、アナタ(旦那さん)も勉強しないとね」

一同「あははは」

僕「それに中は傷付きやすいですけど、表面は強いですし、男性側も中を責めるより外を責める方が腕も疲れないんです」

旦那さん「確かに、中を責めると疲れるわな~」

奥さん「なんだ~、それじゃ楽をしたいだけじゃない」

一同また爆笑w
こんな感じでプレイと感想を終え、僕はその後奥さんとバスルームに行き、身体を洗ってあげ、プレイ前に湯船を張っておいたので、湯船の中で短時間でしたが、肩と首周りをマッサージし感謝の念を込めました。
お綺麗な女性とプレイが出来て、さらに沢山の刺激により妖艶な姿を見せて下さった奥さんと、ご一緒に奥さんを責めていただいた優しくもドSな旦那さんにお礼を申し上げます。

さて、バスルームから戻った後、A子さんの様子を窺いに行くと、すでにプレイは終了し、A子さんはベッドでグッタリと横になっています。
どうやらこちらもプレイを愉しめたようで、単男さんのお一人とお話をしていました。
で、この単男さんは若かったので、「ちょっと面白いものを見せてあげましょう」と、A子さんの首を絞めたり、顔にビンタを浴びせると、A子さんはM女スイッチが入り、身体をビクつかせてイッてしまいました。

僕「あ~あ、こんな若い単男さんの前でイッちゃうなんて、ほんとドスケベな女だね」

なんてことを言いながら、その光景を単男さんに見せると、まだパーティー経験もそれ程ではない単男さんだったようでしたので、ビックリしつつも興奮しているようで質問を沢山されました。
その後、パーティーフロアへ戻り、他のみんなさんとも談笑し、あっという間に帰宅予定時間を2時間以上も過ぎ、慌てて終電に乗り込み帰りましたw

主催者のS&Kさん、そして参加者の皆様には、今回も楽しませていただき感謝します。
またお会い出来る日を心待ちにしています、ありがとうございました。