家に忘れ物を届けたら人妻が筆おろししてくれた

この体験談は約 3 分で読めます。

思いっきり田舎の高校に通ってた頃、バイトでスーパーのレジ打ちをやっていた。
当時、俺は童貞。
バイト先で初彼女を作ったけど、キス止まりで別れた。
まあ、それはいいや。

スーパーなんで子供連れで来るお客さんは当然多い。
俺は暇な時間にレシートの切れ端で折鶴を折って小さな子供にあげたりしてたんだけど、その中の1人がものすごく食いついてきた。
2歳くらいで人懐こそうな顔立ちの女の子。
こっちも悪い気はしない。

で、ある日。
客足が途絶えた頃、ふと気がつくと眼鏡ケースの落し物があった。
奥で保管して、しばらく経つと電話が鳴った。
持ち主からの問い合わせ。
事情はあまり覚えてないけど、家の近くまで届けることになった。
待ち合わせた場所にいたのが、例の女の子とお母さん。

「ご飯は?」って話になって、ご馳走してもらうことになった。

家に案内されて1人で食事。
話しててわかったのは、旦那さんが単身赴任してるってこと。

「無用心だし、ゆっくりしていって」って話になった。

この辺りで時間は夜の9時頃。
女の子は風呂の時間になった。

「お兄ちゃんと入る」って聞かないので、着替えなんて持ってないけど、女の子を俺が入れることになった。

裸になって抱っこして入浴。
女の子の体を洗ってあげてると、そこにお母さんが入ってきた。

「ちっちゃい子なんて慣れないから大変でしょ」って。

俺は期せずして人妻の生ヌードを拝むことになった。
彼女は深田恭子みたいな感じのおっとりした整った顔立ち。
服を着てるときはぽっちゃりした印象があったけど、胸が大きいだけで細身だった。

案の定、俺の股間は一変した。
慌てて浴槽に入り、恭子さんに娘さんを託した。
恭子さんは娘さんの頭を洗った。

「せっかくだから私の体も洗ってもらおうかしら」

なんて言われ、浴槽を出ることになった。

「手で洗って」

そう言われたので、ボディソープを手につけて恭子さんの背中を撫でるように洗った。
初の女の体に触れた。
変な風に思われないように、背中だけ洗っておしまいにしようと思ったけど、促されて手を彼女のお腹に回した。
それでも俺は遠慮して、乳房は回避していた。
そしたら恭子さんは俺の手を乳房に導いた。
柔らかいけど乳首だけが硬かった。
夢中で揉みしだいていると喘ぎ声が出始めた。
俺は恭子さんの背中に発射してしまった。
恭子さんは笑いながら背中を洗い流し、娘を風呂から上げた。

「お兄ちゃんを洗うからテレビを見ててね」

女の子に服を着せてたんだろうけど結構1人で待った。
お風呂に戻ってきた恭子さんは俺の体を洗い始めた。
ある程度落ち着いてきた俺は全身を撫で回されながら彼女の体を弄っていた。
あそこに指を入れて掻き回したら、さっきより大きな喘ぎ声。
また俺は発射した。
それでも収まらなかった。
恭子さんは石鹸を洗い流し、俺のモノを口に含んだ。
あっという間に発射した。

風呂を上がると、女の子はもう寝ていた。
寝室に連れて行き、タオルケットをかけた。
その隣の部屋でセックスの再開。
もう無我夢中で気がついたら朝になっていた。
中に何回出したかわからない。
恭子さんは娘さんが隣で寝ていたので、あえぎ声は抑えていた。
その様子が逆にエロくて、俺は興奮した。

その後も俺は毎日、恭子さんの家に通った。
そしていつも生で中に出していた。
最初のお風呂では完全に弄ばれた俺だったけど、すぐに立場は逆転した。
でも、月に1回旦那さんが帰ってくる日だけは胸が苦しかった。

恭子さんとは2ヶ月の付き合いで終わった。
妊娠して旦那さんの所に行ったから。
どっちの子かは教えてもらえなかった。

タイトルとURLをコピーしました