家賃を払いに行っただけなのに大家の娘に挑発されて

この体験談は約 5 分で読めます。

33歳の時に住んでいたマンションは、1階に大家さんの家族が住んでいました。
綺麗で広い割に良心的な家賃で気に入っていたので、50代くらいの大家さんにも気に入られたくて、毎朝挨拶をしたりゴミ捨て場の掃除を手伝ったり、世間話にも付き合っていました。
その大家さんの家には1人娘がいました。
大学生くらいのすらっとした結構可愛い娘で、時々すれ違って挨拶するときなど正直ちょっとドキドキしていましたが、断じて下心があったわけではありません。
大家さんとの付き合いもあり、家賃は毎月現金で手渡ししていました。

月末のある日、いつものように大家さんの家に家賃を支払いに行くと、大家さん夫婦は旅行で留守で、例の女子大生の娘さんが1人で留守番をしていました。

「202号室の◯◯さんですよね。いつもお世話になっております」

娘さんが応対してくれたので、ドキドキしつつも玄関先で家賃を手渡そうとすると・・・。

「ちょっと家賃の明細の書類が見当たらなくて、今から探すんで、ちょっと上がって待っていてください」

恐縮しつつも部屋に上がらせてもらい、リビングのテーブルに座って待ちました。
しっかりした娘さんだなと思いつつも、彼女の全身をチェックせずにはいられませんでした。
身長は155センチくらいで、細すぎない健康的な体型。
髪は明るめの茶髪のボブで、肌はちょっと日焼けしているので何かスポーツでもやっているのかも。
Tシャツ生地の膝丈くらいの紺色のノースリーブワンピを着ていて、健康的な二の腕とふくらはぎはぷにぷにしてそう。
目はクリクリしていてあどけない感じです。

そうこうしているうちに娘さんの確認が取れたのですが、家賃を受け取る時に座っている僕の後ろ側から乗り出すようにしてきて、距離が異様に近くてびっくりしました。
ワンピースの胸の部分が肩に触れて、娘さんの体温を感じるほどです。
さらに娘さんは椅子に座っている僕の右横に膝を着いて、いたずらっぽくいきなり聞いてきました。

「ねえ、ところで◯◯さんって彼女はいますか?」

なんかエロ展開の予感がしました。

「恥ずかしながら今はいません」

平静を装ったのですが、今度は娘さんが僕の手をぐっと掴み、自分のおっぱいに押し当ててしまいました。
むにっとした柔らかい感触にびっくりしつつもパッと手を戻し、「こらこら、お父さんに怒られますよ」と諭しました。
しかし、その時点で僕の股間が反応しはじめていたことは認めざるを得ません。

僕は必死で理性を保ちながら、「家賃は払いましたので、僕はこれで」と席を立とうとしました。
すると娘さんは、「だめ~」と後ろから抱きついてきました。
背中におっぱいの感触がはっきり感じられます。

「僕も大人ですから」

「だめ~。◯◯さんが私の胸を触ったってお父さんに言っちゃうよ~」

完全にわがままな口調になると、耳元で「今夜だけでいいからお願い。内緒にするから」と囁いてきました。

「ほんとに内緒ですよ」

突然の誘惑にあっさり負けてしまいました。
娘さんは僕の前に回り込むと、抱きついて背伸びをしてキスをしてきました。
舌をどんどん入れてきます。
主導権は一回りも年下の娘さんにありました。
僕の手を取って、そのすべすべした太ももに当てると、ワンピースを捲らせるように上に滑らせていきます。
僕は片手で娘さんの背中を抱きながらワンピースの中に手を入れました。
つるつる素材のパンツの上からお尻を撫でます。
娘さんが積極的に僕の耳を舐めたりする間に、今度はノースリーブの脇から手を突っ込んで、白いブラの上から胸を揉んだり、ワンピースを捲りあげてパンツ越しにお尻を撫でたりしました。

しばらくそんな愛撫を続けていると、娘さんはバンザイのポーズをしました。
僕はノースリーブのワンピを脱がして娘さんを下着姿にしました。
白地に水色のレースがあしらわれたシンプルな上下のブラとパンツです。
ここまで来ると、(大家さんにバレたら追い出されるかも)といったビビった気持ちは吹っ飛んでいました。
むしろ中途半端にやめてしまうと娘さんの機嫌を損ねてしまうかもしれない。
そもそも目の前にこんな若い身体があるのですから中途半端ではいられません。

ブラをずらすと張りのある若いおっぱいがこぼれました。
推定Cカップくらいで、乳首のサイズは中くらい、色は唇と同じくらいでちょうどいいおっぱいです。
お尻はちょっと大きめ。

本格的に愛撫するために娘さんを椅子に座らせると、僕は跪いて乳首を吸いながら内腿やへその下を円を描くように撫でて、時折おまんこの部分をパンツ越しに触れて、ビクンとさせながら焦らしました。

「やだ、エッチ」

娘さんが僕を挑発してきます。
そして息遣いが荒くなっているので、かなり感じてきているのが分かります。
しばらく下半身を焦らした後は、おへそから一気に手を滑らせてパンツの中に手を突っ込み、不意打ち的におまんこを一気に攻めました。

「やだ!急に、ずるいよ!やばい!あぁん!気持ちいい!」

喘ぎまくる姿は女子大生らしく初々しいです。
くちゅくちゅと音を出して親指でクリトリスを、中指でおまんこの中を挟みこむように刺激すると、割と簡単に娘さんは脚をピンと突っ張って、ガクガクと痙攣しながらイキました。

パンツを脱がして全裸にしたところで、娘さんはうっとりした表情のまま僕のペニスをフェラしてくれる感じになったのですが、僕は一刻も早く挿入したい気持ちを抑えきれなくて、「いいからそのまま」と床に娘さんを押し倒しました。
そして娘さんの股をM字に開かせて正常位で挿入しました。
激しく突くのと小刻みに突くのを織り交ぜながら責めていると、「あん、だめぇ」と泣きそうな顔になってくるのも可愛くてたまりません。

されるがままに快感を味わわせた後、娘さんが騎乗位を求めてきました。
僕が仰向けになると、ペニスを掴んで娘さんが乗ってきました。
そして跨がると一気に奥まで挿入されました。
娘さんが一生懸命に上下に腰を振って、僕は揺れるおっぱいを下から見ていました。
娘さんが疲れたようなので、僕が娘さんの体を前後に揺するようにすると、一番気持ちいい部分に刺激が伝わったようでした。
そのまま容赦なく前後に揺さぶると、「ダメ、イッちゃう!」と言いながら中イキしました。
娘さんのおまんこの収縮が伝わってきて、危うくに中出しするところでしたが、なんとか耐えました。

イッて腰砕け抜けになった娘さんのおまんこからペニスを抜くと、初めて口に咥えてもらいました。
フェラで我慢の限界に達し、娘さんの口の中に射精しました。

しばらくはお互い全裸で放心状態でしたが、僕の方から、「ありがとう。今日のことは内緒だよ」と言うと、娘さんは潤んだ目で、「うん。私こそありがとう。なんか溜まってたから嬉しかった」と満面の笑みをくれました。

そのあとはお互い服を着て、僕はそそくさと大家さんの家を後にしました。

そして翌日、旅行から帰ってきた大家さん夫妻と何事なかったかのように会話をしました。
娘さんもあの日のことは秘密にしてくれているみたいです。
後にも先にもラッキーエッチはあの日だけでしたが、いまだにあの健康的な身体の感触が残っています。

タイトルとURLをコピーしました