ツンデレな妻がセックスで元気をくれた

この体験談は約 5 分で読めます。

妻:かなりのツンデレ。
特に他の人と一緒にいるときは相当ツンツンしているが、エッチの時は甘えた声を出す。
しかし、あまり自分から触ってきたりすることはない。
髪はショートで遠藤久美子似。
当時は26歳だったかな。

初任の勤務先から転勤しまして、私の職場はちょっと特殊なので詳しくは言えないのですが・・・新しい場所はとにかく人間関係も、そこで働いている人々の仕事への意識もかなりひどく、うんざりな毎日になっていました。
しかし逃げるわけにもいかず、時々妻に愚痴をこぼしても何の解決にもならず・・・。
もともと変に生真面目なところもあり、あと一歩でノイローゼ気味になるほどでした。
妻はいくらツンデレとはいえ、私の言うことにしっかりと耳を傾けてくれるのですが、それを言ったところで職場の様子は変わらず・・・。

そんなある日のこと。
仕事から帰って来て風呂に入り、ソファーに身を委ねると、ついため息が出ます。

(やれやれ、また明日、あの職場に行くのか・・・)

手を顔に当て、目を閉じ、うんざりしていると、妻が近寄ってくるのを感じた。
妻は私の足元に跪いているよう。
そのまま手を顔に当てて目を閉じたままぼうっとしていると、股間にサワサワする感触が・・・。

(へ・・・?)

顔を上げると、妻が私の股間を手でなぞっている。

私「・・・え・・・ちょっと?」

妻「・・・Yくん」

私「・・・なに?」

妻「・・・」

妻は軽く爪を立て、私のタマの裏部分をカリカリ・・・と掻いてきた。
それがちょうど良い刺激でちょっと気持ちいい。

私「K?どうしたの・・・?」

妻「いいから・・・」

妻はズボンの上から私の棒やタマを擦ってくる。
そのうちチャックを開け、その中に手を入れてきた。
トランクスの上から棒をしこったり、タマの裏をやはりカリカリしたりしていくうちに、見る見る勃起w

私「やっべ・・・気持ちいい・・・」

妻「うん・・・。もっと・・・したげる」

妻は指をもっと奥に滑り込ませ、トランクスの中へ・・・。
直に感じる妻の冷たい手。
最初は2本の指でかる~く触る感じだったが、もう片方の手で私のパジャマのズボンを脱がそうとする。
腰部分を紐で縛ってあるんだけど、それを解き・・・。
解けたら両手で私のズボンとトランクスを下ろす。
自分でも少しびっくりするくらい、私のチンコは大きくそそり立っていた。
普段は一切、自分からはしない妻が、切なそうな顔をしながら私のを触ってきたからだと思う。
妻は私の顔を窺いながら、右手でチンコをシコり始めた。
左手を上に伸ばし、私のシャツの中に滑り込ませ、乳首を弄ってくる。
思わず声を出してしまう。

妻「Yくん、元気出して・・・?」

その声に一層感じてしまう。

(おおう・・・萌えとはこれか・・・!?)

とか思いながら気持ちよさに身を委ねる。
おもむろに妻が顔をチンコに近づけた。

(あっ!)

私がそう思うと同時に、チンコに満遍なくキスをはじめる妻。

私「あっ・・・やばっ・・・。ちょ・・・K・・・!?」

妻「ん・・・。んんっ・・・」

キスと、舌でレロォッを混ぜてくる妻。
すでに右手はチンコを掴んで、左手はタマの裏を刺激してくれている。

(そろそろ咥えてくれないかな・・・)

そう思って妻を見ていると、チラッと妻もこちらを見た。
目が合った瞬間、妻は一瞬いたずらっぽい顔をした。
そして私のチンコを口の中に入れた。

私「んんっ・・・!」

妻「んふふっ・・・」

チンコの根元の方は右手でシコり、上から真ん中辺りを口でジュボジュボしてくる妻。
時々思い出したようにタマの裏も弄ってくれるのが気持ちいい。
どんどん気持ち良さが込み上げてくる・・・。

(けど、やっぱ入れたいw)

ってことで、妻の頭にそっと手を当てフェラを止める。

妻「・・・もういいの?」

私「うん、あのね」

妻「大丈夫、もっとしてあげる。すごく良くしてあげるから、ね」

ちょ、ちょっと待てww
無理やり咥えようとする妻を押しとどめ、立ち上がらせる。

妻「何・・・?」

そのまま抱き締め、首筋や顔、口にキスしていく。

妻「いいのに・・・。今日は私がしてあげるって!」

その気持ちは嬉しいが、もうはっきり言って辛抱たまらんw
ジャージの上から妻のマンコに手を伸ばす。

妻「・・・!んんんっ」

(・・・あれ?感度良すぎない?まさか・・・)

そのままジャージの中に手を入れ、パンツの上から弄ってみると、妻がまた喘ぎ声をあげる。
そんでもって、ニュル・・・って感触。
おおう!
パンツの脇から指を入れてマンコをなぞると・・・ビッチョビチョじゃないっすか!

妻「っはぁっ・・・あぁぁっ・・・ああ・・・ん・・・だめだって・・・ねえ!!」

私「何これ・・・?すごい・・・」

妻「知らないっ・・・!!」

私「・・・濡れちゃったの・・・?」

妻「わかんない・・・!!ん・・・ぁ・・・あ・・・」

私「エッチな気分になったんだ?」

妻「・・・びっちょになっちゃったの・・・」

もう我慢できませんわw
そのまま妻をソファに横たわらせる。

妻「!?ちょっ・・・だめ、今日は私がするの・・・あぁっ・・・!」

クリをなぞると身動きできなる妻。
必死に足を閉じようとするが、チンコを妻の股間に押し付けると、急に黙って足を閉じようとするのもやめる。
そのままチンコの先をマンコの入り口ですりすりしたり、クリに押し付けたりする。

妻「はぁっ・・・あぁっ・・・あん・・・!!ねえ・・・ねえ!入れよう?入れよう?」

こっちを見ながら切なそうに言う妻。
(ラジャー!)とばかり、ズズズズッ・・・と奥へ入れていく。

妻「あぁぁっ・・・はあぁぁあん・・・!!」

妻が私をぎゅ~~っと抱き締める。
こちらも同じく抱き返す。

妻「ちょっと待ってね・・・今まだ、動かないで・・・」

そう言われると動きたくなるw
ぐぐっと動き出す私。

妻「アッ、あっあああっ・・・?ちょっまっあっあ、だめ!!」

私の背中をポコポコ叩く妻。
可愛い。
が、さすがにこれ以上やると怒られそうなのでストップ。

妻「・・・ん・・・んん・・・ゆっくり・・・して・・・」

ご希望通り、ゆっくりと動かし始める。
途中で妻のシャツを捲り上げ、胸の乳首周りを舐める。

妻「んっんんっ、だめっだめっあっあっ!!はぁっん!」

快感に身を委ねている感じ。

妻「ごめんね・・・私ばっか気持ちよくなってない?ごめんねっ、あああっ!」

私「俺も気持ちいいよ」

妻「んっ・・・んっ・・・。・・・ねえっ・・・交代っ・・・」

私「?」

妻「私が上!」

挿入した状態で私が仰向けになり、妻が起き上がり、そのまま位置を交代。

妻「好きな時にイッていいからね。んあっ・・・はぁっ・・・!」

ゆっくりと体を上下に動かし、自分も感じている妻。

妻「んんんっ・・・。はあ・・・ああ・・・んっ・・・!」

妻にばかり動いてもらっちゃあなと思い、妻の動きに合わせて自分も腰を突き上げてみる。

妻「あああ!?ああん!んんっ!だめっ!だめえっ!!ちょっとコラ、やばい・・・いいっ・・・!」

私「やばい、イキそ・・・」

妻「いいよ、いいよっ、もうっ・・・もうっ・・・!ああっ!」

すると妻は手を後ろに回し、私のタマの裏を刺激し始めた。

私「おっ・・・それヤバッ・・・あああっ・・・!」

妻「あんっあんっあんっ・・・ああん!!」

そのまま中に射精!

妻「あっ・・・あっ・・・。す・・・ごい・・・出てる・・・」

そのまま私の体に倒れこむ妻。
全部出し切ってチンコを抜こうとすると・・・。

妻「あ・・・ダメ・・・!今抜くと・・・~~~~~っんん~」

抜く動きだけでまた感じるのが可愛かった。

妻のおかげで、仕事も頑張れました。
転勤になったときに妻が、「色々あったけど・・・よくやったよ。お疲れ」と言ってくれたのがすごく印象に残りました。

タイトルとURLをコピーしました