美しい母と夫婦のように・第3話

この体験談は約 8 分で読めます。

結局、その日は母の布団で眠ってしまった。

翌日、僕は会社が休みで母も夜のファミレスだけの出勤だった。
朝起きると、裸で母の寝室に寝ている現実に気付くまでしばらく時間がかかってしまったが、すぐに昨夜の秘め事が脳裏に蘇り、満ち足りた思いと達成感に包まれた。
母は隣のダイニングで洗い物をしているようだった。
僕はトランクスとシャツを着ながら、今からどうしようかと頭を巡らせていた。
顔を合わせるのに気恥ずかしさがありしばらく逡巡したが、ドアを開けてダイニングに入った。

「おはよう・・・」

僕は母の方を見ずに声をかけた。

「あら、おはよう・・・」

すでに白いブラウスとベージュのスカートに着替え、淡いピンクのエプロン姿で洗い物をしていた母が、気持ち僕の方へ顔を向け応えてくれた。
視線を合わせはしなかったが、声音は決して不快な響きではなかった。
母なりの照れ隠しなのだろう。
僕はダイニングを通りすぎるとそのまま浴室に入り、熱いシャワーで目を覚ますと体を念入りに洗った。
もちろん再び今から母と淫靡な時間を過ごすためである。

体を清め終わるとTシャツとトランクスだけの格好で脱衣所を出た。
脱衣所の出入り口は、ちょうどダイニングで洗い物をしている母の真後ろに位置する。
僕は母にゆっくり近づくと、背後から無言で母の胸に手を回した。

「ぁんっ!・・・」

母が小さく驚きの声を上げた。
ブラウスの生地越しに左右の乳房をゆっくりと揉みしだく。

「ちょ、ちょっとぉ・・・真ちゃんっ・・・ダメょ・・・」

僕は構わず母の胸を揉みながら首筋に唇を這わせた。
うなじにチュッ、チュッと唇を当て、ツツーッと舌を滑らせる。

「・・・ダ、ダメっ・・・」

母は小声で抗っているが、されるがままで決して僕を振り解こうとはしない。

(この至福の揉み心地の柔らかなバストも、むっちりとしたヒップも、そして、もちろんアソコも・・・。母の体はもう全部僕のものなんだ・・・)

そう思うと改めて興奮が押し寄せ、下半身が熱くなる。
僕はビンビンになったペニスを背後から母の体に押し付けながら、しつこくしつこく両手で柔らかな胸の感触を楽しんだ。
痴漢しているようなシチュエーションと化粧の匂いに興奮しながら、耳たぶや顎を舐め回す。

「ぁぁんっ・・・ンもうっ・・・こんな所まで・・・来るんだからぁ・・・ダメょ・・・ァン・・・」

口では抵抗しながらも母の呼吸は荒く乱れ、時折小さな喘ぎ声を漏らす。
僕は右手を下ろすと、スカートの上から母の陰部を擦り、刺激した。

「ちょっとぉ・・・お願い・・・やめて・・・ね・・・。あっ・・・んっ・・・あとで・・・向こうで・・・ね・・・」

母はたまらず僕に懇願するように言った。
その言葉にさらに興奮し、この場で裸にしようかとも思ったが、僕も落ち着いてゆっくり母の体を味わいたかった。

「じゃあ・・・終わったら来てよ」

母の胸を揉みながら耳元で囁くと、母は目を閉じたまま微かに頷いた。

寝室で僕は一服しながら母を待った。
母はなかなかやって来ない。
そんなに洗い物が時間かかるはずないのに、きっと母もどういう顔で来ていいのか迷っているに違いない。
20分ほどしてようやく台所の音が消えると、スーッと寝室の襖が開き、エプロン姿の母が入ってきた。
母は振替って襖を閉めるとその場に立ったまま、どうしていいかわからずにモジモジしている。
後ろめたさを漂わせたその姿が、今までの毅然とした母の姿と対照的で僕はますます興奮を覚えた。

「エプロン取ってよ・・・」

僕がぶっきらぼうに言うと、母は伏目のまま後ろ手にエプロンの紐を解き、頭から抜いた。
そして、またどうしてよいかわからずに立ち尽くしている。
僕は母に近づき、跪く。
お尻を抱くように母の腰に手を回す。
スカートの上から2、3度お尻を擦り、後部のファスナーに指をかける。

ジジジーッ・・・。

ゆっくりとファスナーを引き下ろした。
母は為す術もなく黙ってされるがままだ。
そして腰のホックを外し、そのままスカートをストンと床に落とす。
ストッキングを穿いていないので、すべすべの太ももと白地に小さな花柄のパンティが現れる。
年齢の割には可愛らしい柔らかそうなガーゼ地のパンティで、恥丘がふっくらと盛り上がっている。
その光景を目にした途端、落ち着きを取り戻していたペニスが一気にビーンと勃起する。
僕は跪いたまま無言で母の生足を撫でる。
膝付近から太ももを両手で擦り、そしてお尻に手を回して膨らみを揉みしだく。
パンティの柔らかい手触りと、むっちりしたヒップの触感が手に心地いい。
目の前のパンティに覆われた股間を凝視したまま、母の体を愛しむように撫で擦る。
僕は我慢できなくなり、母のお尻に回していた両手を引き寄せ、母の股間を顔面に抱き寄せた。

「!・・・」

パンティの股間部分に鼻先を押し込み、その匂いを鼻腔いっぱいに吸い込む。
鼻先で秘部を思い切りグリグリと刺激する。
先ほどの台所での戯れで母は相当感じていたのだろう。
鼻先に感じる母の股間は湿り気を帯び、洗濯したてのパンティのいい香りと甘酸っぱい女の匂いが混じり、なんとも言えない混然とした香りを漂わせている。

(あぁ~っ!たまらないよっ!!・・・いい匂いだ!)

パンティの股布に顔を埋め、薄布ごとかぶりついて匂いと感触を味わう。
股間に頬擦りし、すべすべの太ももにナメクジのように何度もいやらしく舌を這わせる。

(この股間も・・・もう全部僕のものだ)

下半身をパンティ1枚にされて立ち尽くし、顔全体で息子に股間を陵辱されている母・・・。
母の表情を見上げると、頬を紅潮させて眼を閉じ、懸命に恥ずかしさに耐えているようだ。
パンティの股布部分に僕の唾液と母の愛液で染みができる。
僕はそれを指先で2、3度なぞると、パンティのゴムに指をかけ、ひざ付近まで一気にずり下ろした。
そして陰毛を掻き分け、割れ目を露わにするとチューっと吸い付いた。

「んッ!」

そのまま舌を思い切り伸ばし、べろべろとクリトリスを舐め回す。

「ぅうっ!・・・」

母がたまらず喘ぎ、腰を引いて逃げようとするが、僕はがっちりと母のお尻を抱え込んで逃がさない。
それどころか股間をグッと僕の顔に引き寄せて密着させる。
母を立たせたまま立ちクンニの体勢で陰部を下から舐め回し味わった。
舌先で割れ目をこじ開けるように舐め、肛門付近までレロレロと舌を蠢かす。

「・・・んっ・・・んっ・・・あっ・・・」

やはり母の陰部はすでに濡れそぼっており、舌先にトロリとした愛液が絡みつく。
ヴァギナに舌先を挿入すると、絡め取るように僕は夢中になって舐め、母の愛液をすすった。

(ああっ、母さんっ!・・・美味しいよぉっ!母さんのここ!)

母の股間からピチャピチャと卑猥な音が漏れる。

「んんっ・・・ぁんっ・・・あっ!」

母が切なげな声を漏らす。
両手で揉みこむように母のお尻を愛撫しながら股間に唇を密着させ、ジュルジュルと音を立てて母の陰部を舐め回し、吸い続けた。

「・・・ううっ!・・・んふっ!・・・」

母は無意識に股間の前で僕の頭を抱えるようにし、ハアハアと息を荒げて僕の舌技に耐えている。
昔から女性の陰部を舐めることに執着があり、クンニには自信があった。
唇をすぼめ、クリトリスに吸い付きながら舌先で肉芽を転がす。

「んんっ、ぁんっ、あんっ、あんっ・・・あんっ!」

母は女の子のような可愛い喘ぎ声を漏らしだした。
母の喘ぎ声を聞くことで下半身に血流が集中し、勃起はガチガチに痛いほどに巨大化している。
どれくらい母の陰部を舐め回し味わっていただろうか、やがて母が苦しそうに僕に懇願した。

「んんっ・・・お願い・・・真ちゃん・・・アンッ!・・・お母さん・・・立ってられない・・・」

僕はようやく母の股間から離れると、母の手を引いて布団の上に横たわらせた。
純白のブラウスに下半身は剥き出し、そして膝までずり下ろされたパンティが欲情をそそる。

僕はトランクスを脱ぐと母の体を跨ぎ、そそり立ったペニスを見せつけるように仁王立ちして全裸になった。
クンニの余韻で小さく呼吸を荒げながら視線を泳がせていた母が引き寄せられるように僕のペニスを凝視する。
へそを打たんばかりに勃起し猛ったペニスは赤黒いツヤを放ち、まるで自分の意志を持っている凶器のようだ。

『母さん、今からあなたのアソコに侵入して、めちゃくちゃに突きまくってあげますよ』

そう言いたげに凶暴な様相を呈し、早く女陰に入れさせろとばかりに天を突き上げている。
僕は母の体に体重をかけないようにして腰に跨がると、ブラウスの上から円を描くようにバストを揉みしだいた。

「んん・・・んふぅ・・・」

母の吐息がまた乱れだす。
僕は母のブラウスの胸元に手をかけると、力任せに左右に引き裂いた。
ビリビリッ!ブチッ!と音がして生地が破れ、ボタンが飛び散りる。
僕の乱暴な所作に、驚いたように母が目を見開く。
構わず僕はブラジャーをずり上げ、白い乳房を露出させる。
快感と驚きでか、乳首はすでにグミのように隆起している。
僕は母の体にのしかかり、肥大した乳首に吸い付くと同時に、一気に怒張したペニスを母の陰部に挿入した。

「あっ!はああ~んっ!」

母が眉間に皺を寄せて喘ぐ。
口内で乳首を転がしながら、ズリュッ!と音がするほど深く、ペニスを母の女陰に差し込む。

「はあうぅっ!あんっ!あんっ!・・・」

乳首を舐めながら母のお尻に手を回し、抱えるようにして陰部の結合を深くして抜き挿しを繰り返す。

「はああぁん!ああぁっ!あぁっ!真ちゃんっ!」

母の唇に口づけすると舌を絡ませて唾液を吸い、そのままの体勢でペニスを出し入れする。

パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!

高速で陰部がぶつかり合う。

「あぁっ!真ちゃんっダメっ!・・・はあぁっ!・・・あぁっ!!!」

一旦ペニスを外すと母の片膝からパンティを抜き、両足首を持ち上げて股間をV字に開かせる。
パンティは片足に絡んだまま、剥き出しの股間は充血してぱっくり口を開けている。
上半身のブラウスは無残に破れ、肩口までずり上がったブラジャーから乳房を露出させている。
母の顔は上気し、ハアハアと苦しそうに呼吸を乱している。
まるで犯されている・・・。
そんな母の姿態に僕の興奮は最高潮に達し、勃起がこれ以上にないほど硬く、太く、そそり立つ。
僕は母の足首を持ち上げたまま、再び陰部めがけていきり立ったペニスをズブリと突き刺した。

「はああぁんっ!」

悲鳴に近い声を母が上げ体を反らせる。
根元までずっぽりと母の胎内深くへ、ペニスを挿入する。

「ああぁんっ!真ちゃんっ!」

そして一旦ヴァギナの入口付近までペニスを引き抜き、再びずりゅっと奥深く突っ込む。

「ああぁっ!」

そして激しくピストンを開始し、繰り返し繰り返しペニスを打ち付ける。

タンッ!タンッ!タンッ!タンッ!タンッ!タンッ!タンッ!タンッ・・・。

「あぁっ!真ちゃんっ!ああぁっ!お願いっ・・・許してっ!許してっ!・・・ダメっ!はあぁっ!・・・ぁっ!!!」

構わずペニスを凶暴に母の陰部に抜き挿しする。

パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!・・・。

いきり立ち、エラを張ったペニスのカリ首が母の肉襞を抉るように擦る。
得も言われぬ感触がペニスを包み込む。

(ああ~っ!なんて気持ちいいんだっ!母さんのここ、すごい!・・・ああ~っ!気持ちいいよっ!)

とろけるような快感に高速でピストンを繰り返す。

「あああっ!ダメっ!はあぁっ!はあぁっ!アンッ!アンッ!アンッ!アンッ!アンッ!あああっ!」

母のよがり声が一層激しくなる。
僕の快感も最高潮に近づき、持ち上げた母の太ももをしっかりと胸に抱き、これ以上ないスピードでペニスを出し入れした。

「ああっ!ああっ!母さんっ!出すよっ!・・・母さんの中で出すよっ!ああっ!母さんっっ!」

「あぁっ!真ちゃんっダメっ!・・・ダメっ!はあぁっ!・・・あぁっ!あぁあっ・・・ああああっ!!!」

「ぁあああ~っっ!イクよっ!母さんっっ!!」

僕のペニスが爆発し、母の子宮めがけて熱い大量のザーメンを放出した。

「ぁあああ~っっ!母さんっっ!!」

脳髄を痺れるような快感が突き抜ける。

「くぅぅ~っ・・・!」

母は体を弓なりに反らして、い悲鳴のような声を発した。
イッてしまったようだ。
肩を大きく揺らし、ハァハァと苦しそうに呼吸を乱している。
黙って母の体からペニスを引き抜くと、母の股間からドロリと大量の精液が溢れ出して布団を汚した。
ペニスが怒張を保ったまま、満足げにビクンビクンと上下に痙攣する。
先端から母の胎内に放出した精液の残滓が糸を引いた。

しばらくすると母は、両手で顔を覆うと激しく泣き出してしまった。
無残に破れたブラウスとブラジャーを裸身に絡みつかせたまま、剥き出しの股間を晒して激しく嗚咽しながら、いつまでもいつまでも泣きじゃくっていた。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました