もっと、おばさんと一緒に居たいから

この体験談は約 3 分で読めます。

日曜日の8時過ぎに駅の改札口を出ると、外は思いの外強い雨が降っていた。

どうしようか迷って居ると、後ろから声をかけられ振り向くと友人の母親が居た。

俺が降りた電車に入れ違いで友人が乗り、明日からの仕事の為に帰ったとのこと。
友人の母親が送ってくれる事に成り、俺は助手席は乗り込む。
田舎街の国道を走り家路に向かう。

俺は、せっかく送ってもらうのだから食事ぐらいはと思い、

「ネェ、お腹空いてない?おばさん、ちょっとだけお腹空いたから何か食べて帰ろうか?」

おばさんは「良いですよ」と返事をする。

車はファミレスの駐車場は入り、おばさんの車の中に有った小さな傘をさし、くっつくように店の入り口に向かう。
傘を手にした腕に、おばさんの胸が当たり柔らかい感触に、ちょっとドキっとする。

店は空いていて、俺達は窓際に座り、食事をしながら色々と話をした。
仕事の話、毎日の生活の話、彼女の話、色々と話した。
おばさんは俺が中学生の頃に離婚をして今の家に越して来たはず。
子供は友人である彼一人だけで、僅かな慰謝料と自分の稼ぎだけで子供を育てたと最後は少し愚痴も入っていた。

俺は思い切って、おばさんの恋愛を聞いてみた。
冗談めかしながら答えるおばさんの話の中に、多少の本音も見え隠れしていた。
五十路に入った筈のおばさんに、俺は何とも言えない色気と欲望を覚え、テーブルの下で股間を熱くしてしまった。

一時間ほど店で話し、外に出て車に戻る時に俺は、傘をさした反対の手でおばさんの腰に手を回し、濡れないようにと引き寄せた。
車は田舎街を外れ、外灯も無くなり、真っ暗な夜道を走って行く。

「おばさんと、もう少し話して居たいけど?」

俺が思い切って言う。

おばさんは車の通りも殆んど無い所で路肩に車を停めた。
外は相変わらず大粒の雨が降り続く。
車を停めたおばさんにも察しがついたのか、車内で無言の時が過ぎた。

俺はハンドルに置かれたおばさんの手を掴む。
一瞬おばさんの手は握ったハンドルを更に強く握り締め、その後にハンドルから手を放すと俺の手に預けて来る。

「おばさん!」

俺は小声で呼ぶと、手を握り変え、肩を抱き寄せた。

おばさんの顔が俺の肩にもたれると、

「ダメょ、私みたいなお婆ちゃんに」

おばさんは恥ずかしげに、呟くように言う。

「今までもずっと我慢してたのよ。だからこれからも我慢しないといけないの」

独り言の様に言う、おばさんの唇を強引に塞ぐ。

並んで布団に仰向けになっている。
布団からは互いに顔だけが出ているだけ。
暫く無口が続き、俺の左腕におばさんの腕が触れた。
俺はそのまま、おばさんの指に指を絡める。

「もし途中で嫌になったら止めて良いから」

呟くように、おばさんが言う。

握った手を布団の中から顔の前に引き上げる。
俺は身体を横に向け身体を密着させて行く。
おばさんの肩を引き寄せ、キスを交わす。
もともと小柄で、どちらかと言えば痩せ過ぎ気味のおばさんはとても軽く、まるで大きな人形を弄ぶような感じで、おばさんに愛撫を加え続けた。

まだ寒い日だったけど、電気ストーブと激しい愛撫のせいか、おばさんも俺も少し汗ばみ、掛け布団は部屋の隅に追いやられ、激しくおばさんを求め続ける。
組み敷いたおばさんの中に、俺の猛りきった物が埋め込まれる。
おばさんは声を上げるタイプではなく、俺が貫いた時も顎を突き上げ、眉間に皺を寄せ、荒い息で悶える。

最初の挿入では俺も我慢が出来ずに、おばさんの同意を得て、そのまま射精をしてしまった。
おばさんから離れ、横になり、脚を絡めながら抱きしめる。

「もう夜も遅いから。帰らなくて良いの?」

おばさんの問いに俺は顔を振り「もっと、おばさんと一緒に居たいから」と言う。

俺に回したおばさんの腕に一瞬、力が入るのが分かる。