私を色欲に狂わせた娘の彼氏・後編

この体験談は約 7 分で読めます。

次の日、その日は土曜日でしたが、娘は朝早くから部活に行きました。

何も疑っていない娘は、「彼が来たら適当に相手してあげて、よろしくね~」と笑顔。

私は昨夜から興奮して眠れず、今日1日、どんな事をされてしまうのかとドキドキしています。
下着はお気に入りの黒のレースのものを穿きました。
9時過ぎに彼から電話が来ました。

「天気がいいから出かけませんか?海でも行きましょ。迎えに行きますね」

私の返事も聞かずに電話を切られました。
彼と家で2人きりで過ごせると思っていた私は、なんだか少しがっかりしてしまいましたが、グレーの薄手のワンピースに白のカーディガンに着替えて彼を待ちました。
彼が着いたというので外に出てみると・・・。

まさかのビッグスクーター。
車だと思っていたのですが、考えてみれば相手はまだ17歳の高校生でした。
スカートからパンツに穿き替えようとしたら、「綺麗だからそのまま行こうよ」と頭をポンと叩かれました。
本当にこの子は17歳かと思うほどドキっとしました。

ビッグバイクに跨がり、彼に抱きつきながら江ノ島までドライブ。
バイクの振動と彼の背中に当たる乳首が気持ち良くなってしまい、もうパンティはグショグショです。
グレーのワンピースに染みてないかドキドキしちゃいました。

江ノ島や海沿いを手を繋ぐ私達・・・傍目から見れば仲のいい親子です(笑)
彼は背も高いし、顔は永瀬君に似ているので、すれ違う女子達が、『マザコン?まさか彼氏じゃないよねぇ?』みたいな顔で見てきます。
すごく優越感でした。
繋いだ手を離し、周りの女子たちに見せつけるように彼の腕にしがみつきました。
風が強く、髪が乱れる私を抱き締めてくれたりする彼に、もう私は我慢出来ません。

(早く・・・抱いて欲しい)

しかし彼は一向にそんな素振りはなく、ランチして、お土産見てと普通にデート。
2時頃になり、「どこ行きたい?ないなら帰ろっか?」と言われて何も言い出せず、バイクに跨がり帰路に就きました。

しかし、帰りのバイクで・・・。
私はバイクのシートにワンピースで脚を広げて座っています。
もしも彼がいなくなると、パンティが丸見えになる感じ。
なんと彼は走行中に左手を後ろに回してパンティの上から大切な部分を撫でてきたのです。
朝からムズムズしていた私は、ここが外だということを忘れ、彼が触るたびにアンアンとヘルメットの中で喘いでしまいました。
パンティの脇から指を入れ、クリを摘んだり指を入れたりされて、あっという間にバイクのシートの上でイカされてしまいました。

すっかり興奮した私は、彼の男性器をジーンズの上から握ってみました。
もうガチガチです。
亀頭の辺りを優しく撫でると彼もビクビクしてきて手をどけようとするので、彼の耳元で「ホテル行こ」と誘い、帰り道にあるラブホにバイクで入りました。

部屋に入るなり、彼は私を抱き締めてキスをしてきました。
なんかいつもと違うと思いながらもキスを受け入れて、そのままベッドに行くと、ワンピースの上から胸を揉んできました。
もう乳首が痛いほど立ってる私は、久々のラブホにハァハァしながら彼の頭を抱えながら気持ちよくなりました。

彼の手がワンピースの下腹部に移り、服の上から私の股間を撫でています。

「やっぱりレースか」

ワンピースを脱がされ、ブラキャミとパンティにさせられました。
さっきの江ノ島は風が強かったので、お尻も前もワンピースがへばりついて、レースの模様が浮かび上がっていたみたいです。

彼は荒々しくブラキャミを脱がし、また乳首を舐め回します。
脇まで舐めてきたので、汗の匂いが気になって「シャワーしたい」と言っても聞いてもらえず、ベロベロ舐められました。
おへそからだんだんレースの下着に下がってきて、クロッチの部分を舐めたり、唇でクリを挟んだりしてきます。

「ダメェ~、そんな所汚いから舐めちゃだめだよ~、ダメェ~気持ちいいよ~」

頭の中が白くなってきました。

「ダメェ~、イクゥ~」

私はパンティを穿いたままイカされてしまい、潮まで吹いてしまいました。
それでも彼はやめてくれす、濡れたパンティを脱がし、私を四つん這いにして、アソコに指を入れながらお尻の穴まで舐められてしまいました。
恥ずかしいのと汚いのとが私を余計に興奮させてしまい、彼の指をキツく締めながら彼の動きに合わせて腰を振り、何度も絶頂を迎えてしまいました。

ぐったりしてベッドに横たわる私に彼が言います。

「美雪、俺が好きか?離れたくないか?だったら俺の女になれよ。俺に服従しろ」

気がつけば、彼は私をお母さんとは呼ばず、「美雪」と呼んでいました。
私はもう頷くことしか出来ません。

「これからは外で他の男を興奮させるようないやらしい格好はするな。俺の前だけだぞ」

(この子、強がっているけど、嫉妬深い寂しがり屋さんなんだ)

激しく母性本能がくすぐられました。
私は愛おしくなり、彼を抱き締めながらキスをして、乳首を舐めてあげました。
ジーンズを脱がし、トランクスの上から男性器を触ると、トランクスがビショ濡れです。
そのまま彼を寝かせトランクスを脱がし、私は彼に跨がってシックスナインの体勢になりました。

まずは舌先で尿道口をチロチロと舐めました。
彼もシャワーしてないから、ちょっとしょっぱいエッチな臭いがしました。
舌で亀頭全体をベロベロして、張り出した箇所の裏側を唇で吸いながら舌で舐めました。
彼の顔の前にはビショビショになった私の大切な部分があるのに、彼は何もしてきません。
彼をチラ見すると、気持ち良いのか目を閉じて、手はシーツを握り締めています。

(やっぱりまだ子供ね)

もっと彼を感じさせたいと思った私は、男性器の裏側を上から下まで舐め回し、タマタマを口に含んでペロペロしてあげました。
彼は呻くような声を出しながら、先からは汁が溢れ出ています。
その汁をまた舌で舐め取り、そこから彼の大きな男性器を咥えてあげて、上下しながら舌先で亀頭をベロベロしました。
彼の呻き声が大きくなり、私を離そうとするので、より一層激しく上下したら、私の喉奥に精子が勢いよく出てきました。
さすがに若い子は勢いと量が違うと思いながらも一滴残らず吸い出してあげて、すべて飲み干すと、お掃除フェラをしてあげました。
小悪魔みたいな笑みを浮かべた私を見て・・・。

「やっぱ美雪はスケベだな。こんなに気持ちよかったフェラは初めてだよ」

そう、彼が褒めてくれました。

汗と汁と精子だらけになった私達は、そのままお風呂に入って身体を綺麗にしました。
その頃には彼の男性器は復活していました。
元気になった彼は私をバスタブの縁に座らせました。
脚を開かれ、両脚をバスタブの縁に置かれると、湯船に浸かる彼の目の前には私の大事な部分が丸見えになってしまいます。
彼はまじまじと見ながら、クリを剥いて吸い出したり、ビラビラを左右に拡げて穴を見たりしてきました。
もう入れて欲しくて仕方ない私は彼の唇にアソコを押し当てて上下に動かしました。
クリが彼の鼻に擦れるたびに気持ち良くて仕方ありません。
ハァハァしながら動いていると愛液が沢山出て来て彼の顔がヌルヌル。
興奮した私は・・・。

「もう、ダメ、イカせて、お願いだから」

彼が顔を離してクリを剥いて舐めると、我慢出来ません。

「凄いの、ヤバイヤバイ、気持ちいいよ~、ねえ、おかしくなってもいい?嫌いにならいでね。ダメェ~イグゥ~イグゥ~、もっと舐めて~」

全身がビクンとなり、彼の顔に大量の潮をかけながら私はイッてしまいました。
気がついたときには、私はベッドに全裸で寝てました。

スマホを弄る彼の横で、男性の温もりを感じていましたが、私のアソコはムズムズしたままです。
私は乳首をペロペロしながら、優しく男性器を指先でナデナデしてあげました。

「やめろよ」と言うくせにそんなに嫌がってません。

さっきのフェラが余程気持ち良かったのか、また舐めて欲しそうな顔をしてます。
だんだん硬くなり、先っぽからエッチな汁も出て来たので、裏スジから亀頭にかけてエッチな汁を塗り塗りしながら優しく触ってあげました。
気持ちいいのかスマホを弄ってた手が止まり、目を瞑ってます。
私は彼の足の方に行き、両脚を持ち上げて男性器を上下にしごきました。
ヌルヌルが溢れてきて、上下に動かすたびにクチュクチュ鳴ってます。
舌先でアナルを舐めると、彼はピクンと悶えています。

もっと彼の感じる顔を見ていたかったけど、私のほうが我慢の限界でした。
クリトリスは膨らみ、アソコはありえないほどビショビショに濡れてます。
彼を跨ぎ、アソコに彼の男性器をあてがってクリをコスコスしました。
彼と私の愛液が混ざり合って、いやらしい音を立てています。

「はぁ~気持ちいい、クリちゃんが硬くなって敏感になってるの。ガチガチだね~、気持ちいい?チンポ気持ちいいの?私は気持ち良くて気が狂いそう」

私はもう我慢できなくなり、彼の男性器を入口に宛てがい腰を下ろします。
中をえぐるように彼のが入って来るのがわかります。
全部が入りきる前に子宮口に当たります。
ゆっくりゆっくり腰を上下に動かし、彼の男性器を中で感じます。
私の中で彼のが苦しそうにしています。
私は彼の乳首を舐めてあげながら、腰を動かすスピードを上げました。
彼が気持ちいいと言ってくれたのが嬉しくて、私は腰を最後まで下ろし、子宮口で彼の男性器を咥えあげます。
舐めてヌルヌルにした彼の乳首を指で弄りながら腰を上下にパンパン動かします。

「気持ちいいよ~、◯◯君のチンポ最高だよ~、もうダメ~」

「美雪~マジでヤバイよ、気持ち良すぎだ。最高だよ、美雪は。ダメイキそう、中にいい?」

私は意地悪してやろうと、ピタっと動きを止めました。
彼は涙目です。
いつも強気な年下の彼が苦しんでいます。
私は腰を少し上げて、子宮口に微妙に先っぽが届くぐらいにすると、マックスに近い彼が苦しそうに藻掻いています。
もっと余裕ぶっていたいけど、正直私もイキそうなので、「一緒にイこ」と、彼とディープキスしながら腰を振りました。
彼の腕が私の細い身体をガッチリ抱き締めるから敏感な乳首が擦れ、アソコは限界です。
お互いに舌を絡めているので声にはなりませんが、2人ともイキそうって時に彼の男性器が大きく膨れて、そのまま彼が中でイキました。
唇を離すと彼が、「ヤバイヤバイ」と言いますが、気持ち良すぎて理性を失った私は・・・。

「まだイッてないから」

と、激しく上下に動きました。
イッたばかりの彼は悶えながら暴れてます。

「頼むよ、やめてくれ、もう無理無理、死んじゃうよ~」

そんな彼を無視して腰を振り続けます。

「2回イッてもいいから、チンポ最高、奥まで刺さっててアソコが壊れそう。赤ちゃんできちゃってもいいから~、ハァ~ぎもちいいよ~、ダメ、イグゥ~イグゥ~イッちゃうよ~」

私は叫びながらイキました。
超気持ち良かったのと、下でピクピクしている彼が可愛かったです。
彼にチュッとしてアソコから抜くと、グチョっとなりながら大量の精子が出てきました。

実は今、電車の中で書いてるんですけど、後ろから彼にお尻を触られてて・・・。
今の私なら、パンティ越しに触られただけでもイッちゃいそうです(笑)