ミサイルかスイカを思わせる爆乳OLに6発中出し

この体験談は約 6 分で読めます。

僕は28歳の派遣社員です。
半年前から勤務している派遣先には、とてつもない爆乳の女性がいます。

彼女は同じ部署にいる正社員さん。
名前は美羽で、年齢32歳。
結構細い体型なのに、胸は予想を遥かに上回る圧倒的なボリュームです。
身につけている服やブラの形状によって大きく変化し、ミサイルのようにズドーンと前に突き出て見える日もあれば、スイカみたくパンパンに張っている日もあります。
そんな彼女の爆乳にすっかり魅了されてしまい、僕はどうにか親しくなりたいと思うようになりました。

しかし、いかんせん彼女はいつも仏頂面を浮かべており、なんだか近づきがたい雰囲気でした。
それでも僕はめげずに、仕事上で分からないことがあった際は積極的に彼女のところへ尋ねて行きました。
すると彼女は毎回律儀に受け答えしてくれたんです。

「私の説明じゃあよく分からないところがあったと思うから、また分からなくなったら何回でも訊きに来ていいからね」

さらにこんなことまで言ってくれて、根は優しい人だと知りました。

数ヶ月が過ぎ、仕事にも慣れてきた頃。
その日は金曜日だったため、他の社員が定時で切り上げていた中、僕と彼女だけは8時を過ぎても残業をしていました。
これは絶好のチャンスだと思い、僕はいつもの質問ついでに飲みの誘いをしてみました。

「今日は金曜ですし、これから飲みに行きませんか?美羽さんにはいつもお世話になってますし、僕がおごりますよ」

「どうしようかなぁ・・・私、会社の飲み会とかもあんまり出ないんだよね。うぅ~ん・・・でも、まぁ・・・たまには行きますか!」

こうして会社を出て、駅の近くにある飲み屋に立ち寄りました。
その際、テーブルを挟んだ正面に彼女は座っていましたが、テーブルの上に乗っけた爆乳が思いっきりひしゃげていました。
さらにブラウスの胸元からは深すぎる谷間が拝められ、僕の視線は終始胸ばかりに向いていました。
それから数時間が経ち、気がつくと11時を過ぎていました。

「しまった!終電の時間が過ぎちゃいましたよ~!参ったなぁ・・・」

「ほんと?それじゃあ、うちに泊まってく?ソファーでよければ貸すわよ」

なんと彼女からお泊まりの誘いをしてきたんです。
飛び上がるほど嬉しかったのですが、気持ちを表に出さず冷静に対処しました。

「いいんですか?それじゃあ、お言葉に甘えさせていただきます!!」

「そんなに気にしないでよ。言っとくけど、うちちょっと狭いからね」

それから飲み屋を出て、電車で3駅ほど乗った先から歩くこと数分、そこに彼女のマンションが建っていました。

「シャワー浴びたければ、お先にどうぞ」

「ねぇ、美羽さん。一緒に入りましょうよぉ~?」

「えぇ~!別にいいけど、私に体を洗わせる気じゃないでしょうね?」

「い、いえ・・・逆に僕が洗ってあげます!」

僕は酒に酔ったふりをして入浴の誘いをすると、なんと彼女はすんなりOKしてくれました。
そして僕が脱衣所の中に入ろうとすると、なぜか急に呼び止められました。

「ちょっと待って!」

「は、はい・・・?」

「私が先に入るから、後から入ってきてくれない?女は色々処理とかあるのよ」

こうして彼女は1人で脱衣所の中に。
数分間は部屋で大人しくしていたものの、やはり待ちきれなくなって、僕も脱衣所の中に足を踏み入れていきました。
すると洗濯機の脇にかごが置かれてあり、その中には彼女の衣服が脱ぎ捨てられてしました。
中を探ってみると、そこから見たこともない巨大なブラジャーが出てきました。
地味なベージュ柄でしたが、タグには『K80』と書かれてありました。
続いて脱ぎたてホカホカのパンティーを手に取ると、クロッチの部分に黄色いシミができており、そこから強烈なアンモニア臭が漂ってきました。

「もう入ってきていいよ」

彼女の温もりや臭いを堪能していると、バスルームからOKサインが出ました。
待ってましたとばかりの勢いで浴室に入ると、待望の生爆乳がそこにありました。
大きすぎるせいか、はたまた年のせいか、乳房は少々垂れ気味で、へそから上がすべて覆いつくされている感じでした。
それは普段、服の上から受ける印象とはまったく異なり、比較にならないほどのインパクトでした。

「美羽さんて、ホントに大きいですよね!触ったりしたら・・・怒りますか?」

「まったく、しょうがないわねぇ~!あっ、そういえば!君、しょっちゅう私のおっぱい見てたわよね?」

「は、はい・・・つい・・・」

「いいわよ!ほら、どうぞ?」

彼女に促され、僕は喜び勇んで彼女の爆乳を揉み始めました。
まるで巨大な水風船のようで想像以上に柔らかく、その触り心地は最高でした。

「美羽さんのおっぱい、最高ですよぉ~・・・吸っちゃ駄目ですか?」

「まったくもう・・・君は・・・じゃあ好きにしたら」

やがて揉むだけでは満足できなくなり、今度は乳首に思いっきりしゃぶりつきました。
彼女の乳首は思いのほか小さく陥没していましたが、しゃぶっていくうちにコリコリと勃ってきました。

「美羽さん、もう我慢できません!挿れさせてください!!」

「ちょっと、お風呂でしなくても・・・」

いよいよ我慢ができなくなり、彼女の後ろに回り込み、立ちバックの体勢に持っていきました。
すると彼女も両脚をガバッと開いて、お尻を突き出して挿入しやすい姿勢を取ってくれました。
すでにギンギンとなった肉棒をバックから挿入すると、彼女のオマンコは予想外に締まり具合がきつかったものの、シャワーでビショビショに濡れていたためスムーズに挿入することができました。
その後、爆乳をグニュグニュ揉みしだきながらピストンを加速させました。

「うぅー・・・うぅー・・・」

浴室にパンパンという乾いた音と共に彼女の呻き声が響き渡っていました。

「ああ、もうダメだ・・・美羽さん、イキそうです!」

「ふふっ、そう・・・今日、安全日だと思うから・・・中に出してもいいわよ!」

(!!)

その言葉を受けた直後、彼女の膣内で思いっきり精子をぶちまけました。

「はぁ・・・はぁ・・・美羽さん・・・!」

「何?もう1回したいの?」

「は、はい・・・!!」

お風呂場立ちバックで性欲に火がついた僕たちは、濡れた体のまま風呂から出て、すぐさまベッドで2回戦が始まりました。
今度は正常位で挿入し、爆乳をグニャグニャと揉みしだきながら乳首を左右交互に吸いまくりました。
そして腰の動きを徐々に速めていき、最後は豪快なピストンのまま中出しをしました。
ここでようやく肉棒が萎えたものの、爆乳を弄り回すと瞬く間に復活。

「ねぇ、美羽さん・・・もう1回いいですか?」

「やっぱり若いわね。今日は何回でもいいわよ」

そう言って彼女は僕の上に跨がって騎乗位で挿入させてくれました。
僕が下からズンズンと腰を突き上げるたびに目の前で爆乳があられもなくブルンブルンと揺れまくり、それは今まで見たことのない大迫力の光景でした。

「あぁ~・・・あぁ・・・」

「美羽さん!!」

僕は思わず両手を伸ばし、下から揺れる爆乳を揉みまくってしまいました。
3回戦はそれまでの中で最も長く、十数分にも及ぶ激しいプレイの末、またしても中出ししました。
その後、僕も彼女もさすがに疲れ、深い眠りにつきました。

翌朝、目を覚まして時計を見ると針は9時を過ぎていました。
ふと横を見ると、全裸のまま寝ている彼女がおり、朝立ちでビンビンになっていました。
そこで眠っている彼女の両脚をゆっくりと開き、肉棒の先っぽをオマンコに挿れて、両手を爆乳に添えました。
そしてオマンコに根元まで一気にズボッと挿入し、高速ピストンを開始しました。

「あっ!!あぁんっ!!ちょ、ちょっと!?ぁあんっ!」

案の定、彼女はすぐに目を覚ましましたが、このとき初めて女っぽい声を上げてくれました。
そのままピストンを続け、4度目となる中出しをしました。

「すみません・・・やっぱりビックリしちゃいました?」

「そりゃあ驚くわよ。眠ってたんだから・・・うあぁっ!あんっ!」

そうは言うものの特に怒っている様子はなく、すんなりと許してくれました。

「ねぇ、美羽さん。今からまた一緒にシャワー浴びません?」

「もぉ~・・・しょうがないわぇ・・・」

彼女は僕の頼みを聞き入れてくれ、浴室でまたしても後背位でヤッちゃいました。
その後、彼女が作ってくれた朝食を食べ、昼前くらいにそろそろ帰ろうと思ったのですが、彼女の爆乳が名残惜しくなりました。

「美羽さん!最後にもう1回だけ!!」

「きゃあ!?ちょっと!!」

彼女をベッドの上に押し倒し、身につけていたブラウスやブラジャーを捲り上げ、露わとなった爆乳にしゃぶりついてしまいました。

「もぉ~!どんだけ私のおっぱい好きなの?」

さすがに少々呆れ気味でしたが、心優しい彼女は受け入れてくれて、6回目となるゴムなしセックスをしちゃいました。
それからは週1~2回ペースでお互いの家に入り浸り、朝から晩までヤリまくっています。

実は数日前の仕事中にもなんだかムラムラしてしまい、彼女に社内メールを送ってしまいました。

『今晩、空いてますか?』

すると1分もしないうちに返信メールが送られてきました。

『大丈夫、空いてるわよ。私の部屋でいいよね?あと、今日は安全日だからゴムいらないわよー』

仕事を終えると同時に彼女のマンションへ直行したのは言うまでもありません。