笑顔がチャーミングな部下、マリとの不倫

この体験談は約 2 分で読めます。

私は57歳の男性、相手は今32歳独身。
以前、私の部下だった女の子でした。
関係はすでに7年も前になります。

その娘の名前は「マリ」と言います。
大人しい子で、笑顔の時は真っ白な歯がチャーミングで、身長153センチのスラリとした可愛い娘です。
昼休みの時なども一人で大人しく昼食をとっているような娘でした。
そんなマリが孤立しないように、時々一緒に昼食もとり、皆と一緒に冗談を言うように気を遣っていました。

どうして不倫の関係になったかと言うと、私が退社をするときに、同じ課の者で送別会をしてくれたのです。
その晩、酒の酔いもあり、今になっています。

送別会当夜は、男性は私と他に1名、女性は全員で7名、正直その晩もう一人の女性とも関係を持ってしまったのです。
そのもう一人は送っていくときに、「好きでした」と告白され、そのまま車を(飲酒運転)人気のまったく無い所に行き、そこで関係を持ちました。
その娘は他に彼がいた為、以後半年ほど10回ほど関係を持ち、自然解消しました。
マリとはその帰りにお休みの携帯を入れたら、1時ごろですが「まだ起きている」とのことだったので「お腹が空いたからラーメンでもどうか」と誘ったら、「いいよ」という返事。
早速ラーメンを食べ、帰りにペッティングまでしてしまいました。

あくる日、また誘ったのです。
断わられると思っていたのが、その晩最後まで行ってしまったのです。
当時25歳の女性の体、妊娠もしていない、男性経験は一人しか知らず、まだ数回しか経験が無かったとのこと。
それから今まで、アナルも覚えさせました。
勿論揉ませてもいます。

不倫を始めて半年ほどから今まで、パイパンのままで維持させています。
最初は私が剃っていましたが、今は私に会う前は綺麗に手入れをしてやってきます。
剃るとなんだか太くなってきているようなので、2年ほど前からは少しずつ抜かせて、今ではオマンコの上の方に少しだけ残っているので、もう少しで完全に無くなるのも時間の問題だろうが。

このマリの締まりが凄くいい。
自分の意思でも締めることも出来るようになってきているし、アナルをいじめた後では狂いまくる。
なかなかいい体をしている。
恥ずかしがり屋だが、裸にすると一変するのがいい。
最初は月4回から5回のセックス。
今でも最低月2回は堪能している。
マリもそのときを楽しみに呼び出したら、残業などがあっても理由をつけ、必ず合わせて来る。

明日は久しぶりに泊りがけです。
私は中出ししかしません。
中に出たのが判るそうで、その時が一番気持ちがよいようだ。
私はパイプカットしているから妊娠の心配がないので・・・悪しからず。

この関係、まだまだお互いの体を求め楽しみ続けたいと言ってくれているので、楽しみます。