取引先のドSなOLに思いっきり調教された・前編

この体験談は約 7 分で読めます。

20歳そこそこで就職した3流企業。
でも仕事は楽しく、だんだんと面白く感じるようになり22歳。
小さいクレームで出向いた中企業の応接室。

「すみませんでした」

頭を下げるが、相手の会社は怒り心頭でガミガミと小うるさい。
けれど誠心誠意の謝罪とそれに伴う対応で、相手先の社長も、「ちょっと熱くなってしまったよ、わはははは」と笑い終えた頃・・・。
応接室にお茶を運んできた女性に思わずハッとなった。
すらりと伸びた脚、胸はそれほど大きくないが、洗練された都会風味な化粧は彼女の顔を一層際立たせる。
名前も知らなかったが、胸の名札を見る。
仮に『杉本さん』としておく。

杉本彩のように華奢で綺麗なんだけど、どこか可愛さを残す女性で、吸い込まれるような肌の白さ、折れそうな腕の細さだけれどガリガリというわけじゃなく、しなやかな筋肉。
インナーマッスルとでも言うのだろうか、女性らしいラインを描いていた。

「こんにちは」と言うその唇に思わず貪りつきたくなる。

じーっと凝視していたんだと思う。
杉本さんは、「あ、お茶どうぞ?」とお茶と俺の顔の間で視線を上下させている。
屈んだ時に見えた胸元はすべすべな肌を連想させ、ストッキングに包まれた脚は、そこにぶっかけたい衝動に駆られる。

社長「ん?ああ初めてか?うちの杉本さん、先月入社したばかりだ。よろしくね」

俺「あ、よ、よろしくお願いします」

杉本「こちらこそ」

最初の出会いはこんなもんだった。
年上の綺麗なお姉さん、そんなイメージ。
綺麗で可愛げがあって、(ああいう人とお付き合い出来たらなぁ)なんて感じの高嶺の花。
まあ諦めの境地。
簡単な挨拶と名刺交換、彼女が入れてくれたお茶を飲む。

だけど翌週から急展開を見せるわけとなった。
翌週初め、再びお相手の会社へ。
今度はクレーム対応ではなく新製品の意見調査。
会社の玄関で挨拶していると杉本さんがやって来た。
俺は緊張していた。
綺麗な人の前だと緊張する。

「こんにちは!」

「あら、こんにちは」

少し雑談をする。
お酒が好きなこともわかり、「機会があれば行きましょうね~」とさりげなく言われた。
期待に胸が張り裂けそうな感じでドキドキが止まらない。
綺麗な人とお酒が飲める。
トントン拍子に話は進み、「週末行きます?」と言われた。
特段予定もないのであっさりOKしたが、会社にバレてもまずいので、ちょっと離れた駅の居酒屋へ腰を下ろした。

杉本さんはドSだった。
飲み始めてから1時間半。

「俺君はさぁ~」とか絡み口調に。

なんだよこいつとは思ったが、終盤にかけてかなりキワドイ話に。

「彼女いるの?」から始まって、「オナニーするの?」「いいセックスしてるの?」「どういう体位が好きなの?」と笑いながら質問攻め。

1個1個バカ正直に答える俺。

すると、「家で飲もっか!」と立ち上がりお会計。

タクシーで杉本さんの家に。
軽く飲み直して遅くなったので、「そろそろ帰らないと・・・」と立ち上がった。

「ゲームしない?」

いきなり言い出す杉本さん。
なんのゲームだろうと思った矢先、なんかロープとかを出された。
そして床に敷かれたツイスターゲーム。

「これ知ってる?楽しみながらダイエットが出来るんだって!」

「え、知りませんでした」

そう言うと、「こうでしょ、こうでしょ?」とか言いながら俺の手を縛ってる。

「んで、俺君は男だからハンデで腕を縛りま~す」

「え?なんでです?」

最初は笑ってたんだけど、だんだん杉本さんの顔が変わってきた。
ちょっと色っぽいというか、もともと色っぽい感じだったんだけどさらに頬を赤くしてるみたいな、ボーっとした感じがエロく見える。

この時、杉本さんは着替えて室内着のジャージみたいなのを着ていたんだけど、(あれ?酒でもこぼしたのかな?)と思ってた股間の小さいシミは明らかに濡れてた証拠。
俺の腕を縛ってる時点で微妙にはぁはぁと興奮してるし。
んで手首を完全に固定される。

「動ける?」

「いいえ、全然動かないですよ」

体をくねくねしてみせる俺。

「じゃあ脚もねー」

とか言いながら俺を突き飛ばし、ソファにごろんとなってしまった俺の身体を跨ぐようにしてお尻をこちらに向けて太ももに座る杉本さん。
ジャージのシミが明らかになってくる。
シミというか滲んでる感じ。
下着のラインが薄っすらと浮き出ててちょっとドキドキした。

「両手両足を縛られたらゲームできないですよ~」

「大丈夫だよ」

そんな言葉を信用しちゃいけなかった。

「こういうの好き?」

俺の脚の上でくるりと向きを変えて正面になる。
いきなり両頬をうにゅっと抱えられ・・・。

「いじめていい?」

俺は即座に、「ダメ」と答えた。

「やだ」

不貞腐れたような言い方。

「杉本さん、冗談きついよ~。痛いから外して下さいよ~」

「やだ」

なんか怒っているようだ。
カチャカチャとベルトに手がかかる。

「ちょっと!杉本さん!ちょっと!」

言ってもシカトしてる。
ソファで向きを変えようとするが、杉本さんが上に乗ってる関係でなかなか寝返りが打てない。
トランクス1枚にされてしまった。

「す、杉本さん?」

なおもシカト。
すると指が優しくトランクスの上からなぞる。
思わずピクンと体が反応してしまう。

「気持ちいい?」

「え?ちょ、杉本さん、まずいですよ」

ずるりん。

いきなりトランクスを下ろされる。
勃起したチンポが露わになる。

「じゃ、こんなのはどう?」

綺麗な手がチンポを握り、優しくしごいてくる。
この感覚はヤバい。

「うっ、でも・・・杉本さんダメですって」

「俺君って意外といい形してるね、私好きかも」

俺の話など聞かずしごいてくる。

「ほらほら、どんどん大きくなってくよ~」

先端が充血して敏感さが上がる。
無言でしごいてる杉本さん。
でも俺だってそんなに我慢できるものじゃない。

「俺君、イキそうなの?息遣いが荒いよ」

「あぁ!杉本さん、イキそうです!」

「ん?イキたい?イキたいの?」

「だめ、もうイキそう!杉本さん!」

「じゃ、イカせてあげな~い」

意地悪そうな目。
手が離されたチンポは脈打ちながらヒクヒク動く。
杉本さんのジャージの股間は音がしてきそうなくらい濡れていた。

「イカせて欲しい?」

「はい」

自然と答えていた。
なんだか従順な自分がいた。

「咥えて欲しい?」

「はい」

「こんなにいっぱいエッチな液を出しといて?」

「そ、そんな」

もう完全に攻め口調で主導権は俺にはなかった。

「私のも見たい?」

「はい」

「じゃあ、しっかり見て。その後で綺麗にしなさい」

「はい」

するりとジャージを脱ぎ俺の顔を跨ぐ。
トイレでビデでもしてきたのだろうか、濡れているのに嫌な臭いは全くない。
綺麗なピンク色の穴周辺に小粒なクリが奥から顔を出し、アナルは黒ずみもなく、綺麗な形だった。

「見て!」

「はい」

「どう?」

「綺麗です」

完全に相手のペース。
逃げ出そうとも思わない。

(早く抜いてくれ!)

その思いだけが駆け巡る。

「杉本さん!」

「彩様って言いなさい」

「え?」

「彩!私の下の名前は彩」

「彩さん・・・」

「彩様でしょ?」

「はい・・・彩様」

「よくできました。綺麗にするのよ」

そのまま股間が顔に迫ってくる。
強く押し付けられ息が吸えない、吐けない。
窒息する。

「どう?私の?」

何も言えない。

「俺君のほら!ビクビクしてるじゃない!やらしいちんちんね」

ビラビラも気にならないくらい収まっている綺麗なあそこに俺はむしゃぶりついていた。
両手が使えればアナルから何から広げてでも舐めただろう。

(なぜ自分が縛られて、チンポを弄られて、さらには跨がられて、彩さんのあそこを舐めながらチンポをビクンビクンさせているんだろう?)

こんな綺麗な人に苛められて喜んでる自分がいる。
完全にMに目覚めた瞬間を自覚した。

「エッチな液体がいっぱい溢れてきてるわよ!ほら!」

亀頭をぐるんと指で円を描くように擦る。
舐めながらでも、「うーうー」と唸ってしまう。

「そうそこ!いいわ、いい!もっと吸って!クリ吸って!」

リクエスト通りにちゅーちゅー吸い、真空状態のようにし中で転がす。

「はぁぁぁ、いい、すごい俺君!俺君上手!気持ちいい!」

「上手」と言われて気を良くした俺。
しばらくちゅーちゅーぺろぺろを繰り返す。

「じゃ、ちょっとだけご褒美あげちゃう」

身体を小さいく折り畳み、69の体勢に。
唇に亀頭が飲み込まれる。
あっという間にヌルヌルした彩さんの口の中へ。

「あ~ん、さっきより大きいよ~」

でも咥えてる姿は俺からは見えない。
根本まで咥えて徐々に上り、滑り落ちる様に一気にまた根本まで。
(負けちゃダメだ!)みたいな対抗心が浮かぶ。
さらに一段と激しく吸い上げ舐める。
彩さんの汁だらけで顔中べちょべちょだ。

「ん~だめぇ、真剣に出来なくなっちゃうよぉ」

それでも負けじと尻の割れ目に顔をうずめる。

「あ、だめ、だめ!イク!イッちゃうから!!」

クリがじゅんっと音を立ててるみたいに充血する。

「入れて!舌入れて!」

下顎でクリを擦りながら舌を入れる。
でもなかなか入るものではなく、滑り入れる感じ。
尖らせた舌に彩さんが自分で腰動かして入れてくる。
顎にも痛いほどクリを押し付けながら前後する。

「イク!イッゃう!俺君!」

何もしゃべれない。
びっちりと口を塞がれ、尻の肉が鼻をも塞ぐ。
イク瞬間にさらに強引に押し付けてくる。
鼻が潰れて恥骨が引っ掛かり、鼻血が滲んだ。
鼻をぶつけた時のあのツーンとした痛みが襲ってきて涙がこぼれる。
もうほとんどの体重を俺の顔へかけているみたいに尻が俺の顔全体を覆っている。
そこでイッたあとのビクンビクンと体を小刻みに震わすので、どんどん尻肉が顔に食い込んでくる。
顔から尻をどかした時、にゅちゃと音がした。
彩さんは立ち上がるとすぐに戻ってきてティッシュで顔を拭いてくれた。
でも縛っている手足は解放しようとしない。

「これって拉致監禁ですよ(笑)」

「ごめん、鼻痛かったでしょ。じゃあ俺君の最後のお願い、聞いてあげちゃおっかなぁ~」

おもむろに手が伸びて、またしごきだす。

「あぁ・・・」

「どう?気持ちいい?私の手」

「気持ちいいです。彩さん」

ぎゅっとチンポを握られた。

「彩様でしょ?ん?」

「はい、彩様」

「よしよし、いい子ね」

シコシコシコ。

「ツバ垂らしてあげる」

シコシコシコ。

「こんなに大きくして、ほんとエッチなちんちんだよね~」

シコシコシコ。

「イキそう?出そうなの?」

「あぁ!彩様イキそうです!」

もう限界のパンパン具合。

「このまま出す?どこに出したい?」

どこで出すか考えてた。
そしたら手を止められる。

「うくっ」

「答えない悪い子はイカせてあげないから」

まじで発狂寸前の脳波。

「じゃあもう少し意地悪するから」

机の上にあった、リボン状の物をチンポの根本へ巻きつけられる。
苦しいし、ビクンビクンと脈打ちが激しさを増す。

「彩様、それはさすがに・・・」

「我慢しなさい!」

縛り終わる。
ひらりと跨がられて入口に擦りつける。

「いいって言うまで出さないでね」

「無理ですよ!」

「いいの!我慢するの!ほら、ちんちん飲み込まれちゃうよ~」

自分で言いつつ腰を落としていく。

「あぁ、入ってる!俺君のやっぱり気持ちいいよ!」

「うううっ」

俺の胸に手をつき、ゆっくり上下する。
じゅるじゅると飲み込まれ、温かいものに包み込まれ、ぎゅっと締めたり緩めたりを中で繰り返される。

「奥まで来てるよ、俺君わかる?」

「わかります」

「じゃあもっと奥まで来て!」

そう言うと自分で俺の腰を掴むと、持ち上げる様に引き寄せる。

「あぁん、いいよ俺君、そこ気持ちいい、だめ、またイッちゃう。そんな突かないで!気持ち良すぎちゃうから!」

自分で動かしといてエロいセリフ。
それに・・・そんな奥までグリグリされたら俺だって限界が近い。

「あぁ!彩様どいて!出ちゃう!」

「我慢しなさいよ、出したら承知しないから!」

「もう限界です、どいて!出ちゃう!早く!」

「だ~め、我慢するの」

<続く>

タイトルとURLをコピーしました