めっちゃ可愛い処女の後輩とネカフェで挿入未満・後編

この体験談は約 6 分で読めます。

そこまで聞いたら怖いことないっていうか、彼女もいつもの相談+内緒話みたいなノリが嫌いじゃないのか色々聞き出すことに成功。

・キスはしてる。
・電話は毎日。
・デートは月に2回程度、映画とか。
・キスは時々してるけど、胸は2回くらい触られて押し留めた。

なんてことを照れながら話すわけ。
もう本当の彼女の内緒話を聞いているって感じがたまらないわけ。

「へー」なんて平静そうに聞きながら俺心臓バクバク。

彼女の顔も紅潮してるし。
もうその雰囲気と話だけでご飯何倍でもって感じだったんだけど。
次に俺の話ってことで俺の話をしたんだけど、これが良かった。
当然、そんな純情な彼女よりも話としてはややエロに寄るよね。
もちろん刺激の弱い話を面白おかしく話したりして、そこで彼女がまた笑ったりして。

で、ラブホの話(と言っても、行ったことがあるよくらいの話)をしたところで彼女が、「先輩エローい」つって俺の指を突っついた。
コミュニケーションって取るか取らないかが凄く緊張するけど、取れたら歯止め利かなくなるよね。

「エロくはねーよ」

なんて言って彼女の指を掴んで、彼女はまだ冗談の範疇で笑ってるけど、こっちはもう冗談じゃないから。
適当な話しながら指を突っつきあうのを10分くらい。
で、お互い手は毛布の下だったんだけど、嫌がられたら即やめようと思いながらさりげなく(今思うにさりげなくじゃねーよなんだけど)、手を離してして脚触って。
彼女は俺の右に座ってたんで俺も右手で彼女の太腿を触ってるんだけど。
普通に話をしながらを装ったんだけど触った瞬間、「しかもね、この前さspりjg;おlk@p@あp」みたいに、まず触った俺がしどろもどろって。

めっちゃ柔らかいのよ。
手から繋がる快感がハンパない上に彼女も黙るし。
ただ、もう後には引けず。

「で、この前」と気を取り直して、しかも太腿ゆっくり触りながらしれっと会話を続けようとした瞬間・・・。

「先輩、手がエッチ・・・」

めっちゃ顔紅潮させて俯いてて。
しかも肌が柔らかい白さだから紅潮すると顔がエロくて。
しかも凄い緊張してるのわかるし。
ってことで、歯止めが利かなかった。
腰寄せてゆっくり触りながら・・・。

「やだ?」

「や・・・っていうか・・・」

そこら辺の断りきれない優しさはもう知ってるからね。

「脚だけ、やだ?◯◯(名前)が嫌になったらすぐやめる」

「嫌だったら」と言ったら即断られる可能性があるから、「嫌になったら」と言うともう断れないことは承知済み。

「・・・」

案の定、黙ちゃうところが可愛くて。
でも凄い緊張してるのはわかるから、そこから10分くらいは触りながら、耳元で普通の会話しながら。
でも、「で、さっきの話でさ」「え、はい」なんて5回くらい話を続けると黙ってゆっくり俺の袖を摘んで外そうとしてみたり。
で、徐々に俺もゆっくりゆっくり手の動きを大きくして。
彼女は普通の顔をしようとして、俯いたり唇噛んだりみたいな。
で、太腿の際まで指が行ったりすると、ワンテンポ遅れて俺の手を押さえようとして、で、俺が手を膝の方まで下ろすから手が空振りしたりして。
同級生だったらまあ手が出ないって感じの子だから興奮もハンパなくて。
で、太腿の内側を遊んだり、しかもそれをだんだん上に上げてったりと、それはまあ楽しい時間を過ごさせてもらって。
この一線を越える越えないに勝る緊張感とドキドキ感はないなっていう。
太腿触ってるだけで幸せの絶頂。

で、しばらく、きわどい所→彼女がワンテンポ遅れて押さえようとする→膝まで撤退→彼女溜息っていう楽しくてしょうがない一連のやりとりを繰り返した後、隙を見つけて太腿の間に手を入れたままゆっくり手を返してあそこに手を当てる形で、つまり縦筋撫で。
ただ「間違えた」って言い訳も出来るレベルでかなりゆっくり。
ワンテンポ遅れて・・・。

「ぁ・・・だめ先輩っ・・・」

で、毛布の上から手を押さえられる。
顔真っ赤にして今までにない本気で押さえられたんだけど、お腹の所とかめっちゃ熱いし、完全に濡れてる感触が指に。

「指とか入れないから。痛くしない。大丈夫」

何が大丈夫かわからないけど、ゆっくり押さえてる手を離させて・・・。

「だめ、先輩・・・」

「痛くしない。大丈夫。手どけて」

漫画喫茶で「だめ」って言う彼女の声も抑えた声ってのがまた興奮して、もう訳わからないんだけど、そう言いながらゆっくり指動かして。
で、押さえられて「大丈夫」って言って、手を離させてって続けるうちに、無意識のうちに彼女が片手で俺の服を掴んで反対のもう片手は腰の横でバランスとって、毛布の下は脚開かされてっていう凄まじくエロい恰好に。

その体勢から弄り回しつつ先に進むのはそれまでより早かった。
下着ずらして中指を当てたらぬるっぬる。
でも今までにない速さで本気で手を掴まれて本気で涙目のところに・・・。

「痛くしない。絶対大丈夫。ここまでだから。ここまで。絶対これ以上行かない。信用して。俺のこと信用していいから」

と、意味のわからない供述を繰り返しながらゆっくり触ってると、ある一瞬、彼女の手が緩んで、諦める瞬間がわかって、それも興奮なんだけど・・・。

「ここ触られるの初めて?」

「・・・うん」

コクコクと頷くところに萌え転がりつつ。
嬉しすぎるとしつこくなるよね。

「触られるの初めて?」
「・・・」

「◯◯、ここ触られるの初めて?」
「・・・初めて」

処女厨じゃないけど、これにはめっちゃくちゃ興奮した。

「先輩だめ、あっ・・・だめ・・・」

みたいに繰り返されたり手を引かれたりするのも可愛いんだけど、それ以上に興奮したのが、ぬるっぬるの所をゆっくり中指の腹で掻き回すと、口が開いて必死で声を押し殺す感じで俺の手を引っ張る。
目を瞑って口は開いてるんだけど、音にしないように頑張ってる感じ。
その頃には穴の周りをゆっくり掻き回してクリの方、それからまた穴にって感じで好き放題弄りまくれるようになってた。
どんだけ弄ってても飽きないから、痛くならないようにソフトタッチで触りまくった。
しばらくそんな感じ。
2人とも同じ方向を向いて俺が右手で弄ってる図で、やりにくいんだけど手を引いたら絶対もう拒まれそうだから引けない感じ。
それでも20分くらいそうしてて、手も攣りそうだから気づかれないようにゆっくり移動して、あるタイミングで向き直って左手にバトンタッチ。
右手を外して左手に変えた瞬間、「先輩やっ・・・」と俺を離そうとするんだけど、左手で触った瞬間、「あっ!」となってぐったりする可愛い反応。

体勢を変えたせいで向き合う恰好に(俺が壁に押し付ける恰好)。
顔がくっついたので、「なんか凄くやらしい、先輩・・・」とか小声で言われ、その瞬間に指動かすと、「なんか凄くやらしい先輩・・・あっあっ、だめ先輩」と小声で抵抗。
俺も俺で調子に乗って・・・。

「だめって、濡れてるよ?」「濡らしたらだめだろ?」などと。

その度に、「ああ・・・いやぁ・・・本当にだめ、先輩・・・」とか抵抗。
まあ実際のところ指テクというよりは雰囲気がエロかったから乗れたんだと思う。

その時点で入店から1時間くらい?
自分で言うのも何だけど、漫画読んでた時間なんて5分くらい。
で、完全に止まらなくなって、そこから2時間ほぼずっとペッティング。
どんだけ興奮してたんだって話。
かなりの抵抗の後、キスも成功。

「彼氏に言わない?」

「言えないよ。絶対」

「言わないなら大丈夫。俺も絶対言わない」

で、最初は完全拒否だったのが、ゆっくりキスも受け入れ態勢に。
興味はあるけど、エロいんだけどどうしていいかわからないって感じがたまらない。

「舌、こっち入れて。舌」とか散々教え込んだ。

彼女の口から甘い匂いがして、キスし始めたらもうべっとべとのキス。
とにかく、そこでどうこう出来るわけじゃないから逆に色んなことが出来たんだと思う。
途中休憩しながら、しかもブラもパンツも脱がした状態でトイレに行かせたり、戻った瞬間手を引いてキスから胸揉んだり。
逆に処女だからわかってない大胆さで、途中からはもう床に押し倒して、毛布で声押し殺してるのを下から弄り回したりした。
もちろん全部音を立てないようにが前提だから、ゆっくりとか、声を押し殺してとか、横を人が通る時は動きを止めてとかそんな感じだけど、かなり色んなこと聞き出して、濃密に教え込んだ。

3時間もすると、嫌っていうよりもう共犯みたいな意識になってて、キスしながら俺が手で弄って、彼女にゆっくりズボンの上から手コキっぽくさせたり。
でも射精まで行かなかったのは褒めたい。
お陰でずっとエロい気分で責め続けることが出来たから。

そろそろ3時間ってとこかなーって時にはかなりお互い汗かいてたんだけど、最後に、「女の子がイッてくんないと男は満足できない」と何回も言って、途中でオナニーしてることも白状させてたから、後ろから抱っこする恰好で俺の指の上に彼女の手を乗っけさせてクリオナニー強制。
もちろん彼女は渋ったけど、「やらないと、ここでワンピース脱がせちゃうよ」って悪戯っぽく言ったのが成功して、俺の指を動かす形でクリオナ。

「ここ?こっち?」から始まって、彼女が真っ赤な顔で俺の指を押してゆっくり腰動かしながらクチュクチュ。
途中で俺の指を握って本気になって動かしてたんだけど、最後の一瞬、腰が凄くやらしく前後して、「ダメ、声出るよ」って言われたのでキス。

「んーーっ」って口の中で声出された瞬間、さらさらーって愛液が出るのがわかって、その後ヒクヒク。

で、めっちゃくちゃ恥ずかしがってる彼女を連れて店を出たんだけど、会計の時、明らかに汗かいて顔赤くしてぱたぱた手で扇いでる彼女を店員がじっと見てたのは恥ずかしかった。

その時は俺はイケなかったんだけど、心の底から満足して帰って、無論扱きまくった。
で、そのとき手を出さなかったのは正解で、信頼を経て最初は苦労したけど今まで3回、同じように責めてる。
とりあえず生手コキまではいってる状態。
正直、セックスそのものを誤解するくらい色んな責め方をしてるから、彼氏ともしそうになっても現在かなり疑われると思う状況。

いつかは処女を貰えるとは思ってるんだけど、とりあえず現在はフェラチオを狙い中。
ちなみに、手に唾つけて手コキまでは仕込んだ。
処女が頂けたら、彼氏とはきっちりと別れさせる予定。
とりあえずそんなところです。