濡れずに悩んでた人妻を意識が飛ぶほどイカせてやった

この体験談は約 4 分で読めます。

最近、某メッセンジャーで34歳の既婚女性と知り合いました。
初めはエッチな話し抜きで共通の話題で盛り上がりました。
それで一度会おうということになり、そのとき初めて会いました。
とても真面目そうな印象の女性で、それまで話しててもエッチな話は避けてそうな雰囲気があったので、そのときも無理にはそういう話はせず、楽しくお茶を飲んで帰りました。
ただ、そのときの私の印象がよかったらしく、それ以降はさらに話が盛り上がるようになり、安心したのか、話もそれまで避けてたのが嘘のようにエッチな方向へと進みだしたのです。

こうなれば、自然と会ってから・・・となりました。
そして、再会したのですが、なぜか彼女は今一つ気が引けてる感じ。
ここまで盛り上げといてそれはないよな・・・と思いながら色々話を聞いてみると・・・。

「ここ何年も旦那とエッチするときにまったく濡れなくて、今日はそのつもりで来たんだけど、もし今日も濡れなかったら申し訳なくって・・・だから、今日はやっぱりできない」

そんなことを言うのです。
そんなことありかよ・・・とも思いましたが、ここは焦らなくてもいいか・・・と妙な自信を見せ、「大丈夫だよ」と手を握って・・・。
でも、その日は結局、何もせずに別れました。

家に帰り、メッセンジャーを立ち上げると、彼女が来ていました。
伝えたいことがあると言うので、何かと尋ねると・・・。

『手を握ってくれたとき、久しぶりに濡れちゃった・・・』

「だったら、そのときに言ってくれれば帰らずに済んだのに・・・」と言いたいのをこらえて、早速また会うことにしたのです。

結局、再会は一ヶ月後になってしまいましたが、心と体はいつでもOKの状態でした。
その日は少しドライブをしてからホテルへ。
彼女はホテルに入って早々にトイレへ行き、私はベッドの上で待っていました。
彼女が戻ってくるのを待って、一緒にバスルームへ。
週に1~2回フィットネスに通っているらしく、胸はそれほど大きくはありませんが、乳首はツンと上を向いていて形もよく、とても30代とは思えぬ見事なプロポーションで、見ているだけで勃ってしまいました。
それからは一緒にお湯に浸かり、キスをしながら手は首筋や耳、胸へ・・・。
ただ、バスルームではそこまでにしておいて、「続きはベッドの上で・・・」と彼女を導きました。

ベッドへ連れて行き、早速バスローブを脱がせると、キスをして、首筋や胸を撫でたり舐め回したりしました。
ただし、すぐには乳首は舐めず、近づいては離れ、舌が少し触れたかと思えばまた違うところへと、しばらく焦らしました。
すると彼女が胸を突き出して舐めて欲しそうな素振りを見せ始めたので、そろそろいいかなと乳首を軽く舐めてあげました。
それからしばらくは軽く舐めた後に徐々に激しくしていき、時には吸ったり噛んだりして、たっぷり時間をかけて乳首を舐め回しました。
彼女が声を上げて感じていたのもありましたが、何年も濡れなかったと言うのを聞いていたので、特に入念に乳首に時間をかけました。

そのうちに私もそろそろオマンコを触りたくなり、もうそろそろ大丈夫だろう・・・と思い、オマンコの周りに軽く触れてみました。
すると、これが本当に何年も濡れていなかった女か!と思うほどの大洪水状態で、まだ乳首しか舐めてなかったのに、すでにケツ穴どころか、シーツまでマン汁でグッチョリになっていたのです。

彼女の濡れ具合に驚きと喜びを感じながら、指をオマンコの中へ突っ込みました。
後から聞いたところ、旦那さんがあまり指マンをしてくれないらしく、指を入れた時にかなり驚いていました。
ただ、指を入れた瞬間からそれまでの声とはまったく変わり、指を出し入れしたりこねくり回したりすると、まるで喉の奥から絞り出すように大きな声で、「う~ん、あっ、いい~」と叫びだしました。

そして指で子宮の下の奥を突いた瞬間、「いや、そこはだめ、やめて~!」と叫びながら腰を引き出しました。
私は(見つけた!)と思いました。
そこと子宮の上の奥、そしていわゆるGスポットの3点を代わる代わる、時には2点同時に刺激し続けました。
部屋中にグチョグチョという音を響かせながら指マンを続けていると、最初は「いや、ダメ・・・あ~!!」と叫んでいた彼女も、「ダメ、イク、イク、イク~」とがっくり果ててしまいました。

それでも私は指を休めず、その後もグリグリし続けました。
すると、その彼女の声も次第になくなっていき、ついにはピクリとも動かなくなってしまいました。
これはまずいかなぁ・・・と思いつつ見ていると、数分後にようやく気がつきました。

「大丈夫?」と聞くと、「最初にイッてから、その後のことは全然覚えてない・・・」と言ったので、叫びまくったことやしばらく意識がなかったことなどを話すと、かなり恥ずかしそうにしていました。

ただ、そのことで私とのエッチにかなりハマったらしく、今でも仕事の都合をつけて、時々会っては意識を飛ばしてあげてます。