ビキニパンツ穿いて風俗行ったら生本番できた

この体験談は約 3 分で読めます。

4時過ぎに予定の仕事が終わる。
時間潰しにいつものヘルスへ・・・。
平日の午後だからか待ち時間なしで個室へ。
入るなり抱きつかれてディープなキス。

彼女のお尻を撫で回す。
彼女もこちらの股間を・・・。
そして、1枚ずつ脱がしてもらう。
ベルトを緩めスラックスを下ろすと・・・。

「ふふ!・・・とってもセクシーなビキニね・・・形がくっきりわかるわ」

そう言いながら玉から竿を撫で回す。
即反応して勃起!勃起!

「ほら!亀さんの頭?・・・大きくなると入らないのね」

そのままにして自分も脱ぎだす。
薄いベビードールの下は黒のブラとTバック。
それをさっさと脱ぎ捨て、こちらのビキニを下ろしてくれる。
竿が半分出ている。
下ろしてもそのままの角度を保っている。

「とっても元気よ!」

亀頭を手前に引き離すとペタンと腹に当たる。

バスタオルを巻いてシャワールームへ。
軽く温水シャワーを浴びた後、石けんを泡立てた彼女手が亀頭~竿~玉~アヌスを・・・。
こちらもその石けんをもらい、おっぱいからお尻を・・・。
そして毛が密集している部分へ。
きれいにトリミングしてはいるが毛質が硬く濃い。
屈んでお尻を撫で回し、少しずつ上へ。
肉棒は石けんまみれで上を向いている。
わざと彼女の股間へ突き上げる。

「あっ!駄目!頭が入った!」

なおもお尻を抱え、下から突き上げる。
7割方挿入。
石けんのせいでするりって感じだった。

「本番禁止よ!・・・???」

ここは個室じゃないからOKだよーん。
あの張り紙には、『この個室では』と書いてあったもん。

「あら!本当だ!ん・・・すごく硬い!」

少しずつ動く・・・。
そしてキス・・・。
両足を抱えて駅弁に。

「むふ!・・・んーん!・・・」

腰を前後に振る。

「うーん・・・」

口を離す。

「駄目よ!・・・これ以上・・・でも・・・すごくイイーッ!」

首に手を絡めてまたキス。

「はい・・・お遊びはこれでおしまい」

とゆっくり抜く。

「ふふ!・・・」

再び温水シャワーを。
個室でフェラ~シックスナイン~クリングス。
そしてM字開。
脚を大きく開かせ、肉棒で秘裂を縦縦、横横・・・。

「駄目・・・」

濡れてきだした。
ヌルヌル・・・。
秘唇が開いてくる。
なおも縦縦横横、そして◯書いてチョン。
頭がするりと入る。

「・・・やっぱり!」

彼女が起き上がる。
自然と座位の形になる。
彼女がぐいっと腰を入れると・・・合体完了。

「内緒よ!今日は特別サービス・・・あーっ!当たる!当たる!Gスポットに・・・硬い!」

そのまま倒れ彼女を上に。
上下運動から前後運動。
さすが腰使いが上手い。

「カリが引っかかる!うーん!気持ちいいーっ!・・・まだよね?」

「大丈夫!・・・中には出さないから」

「あなたなかなかやるわね!・・・最後は口でね!・・・ング、ング・・・あまり出なかったわね、昨日出した?」

昨日も彼女と濃厚なセックスしたからな。
今日もたっぷり汗をかいたよ。