デザイナーのセフレを中出しマーキングで調教中

この体験談は約 5 分で読めます。

出会い系で知り合ったデザイナーのU。
月に2回程度楽しむだけのセフレだ。
飲精が大好きだしお掃除フェラも上手いので、ついついいつも飲ませていたが、たまには中出しを、と思いメールした。

『他のオスにマーキングされてないだろうな?身体の奥まで俺の精液でマーキングしてやるから来い』

しばらく返事が来なかったので、ありゃりゃ?と思ってたがしばらくして返事が。

『お仕事が忙しくて、お返事できずにごめんなさい。まだ予約はできますか?』

相変わらす気取った返事だ。
どうせベッドの上では淫語を口走り、よだれとマン汁を垂れ流しながら腰を振るくせに。

待ち合わせてホテルへ行き、まずは一息つくためにビールでも。
酌をさせるが・・・、下手だなぁ、泡だらけだ。
まあいいやと飲んでいると、「その間にシャワー浴びてきますね」と言うので、「乱入するぞ?」と言ってやると、「ふふふ、どうぞ」ときたもんだ。

ビールを片付け、服を脱いで俺もシャワーへ。
うーん、相変わらずスレンダーで俺好みの身体だ。
手をとって引き寄せ、足を開かせてマンコを洗ってやる。

「後でたっぷり虐めてやるよ」

そう言うと息を荒くし、チンポを握りながら身体を摺り寄せてくる。

「後はベッドで、ね?」

うーん、まだ気取ってるなぁ。
ベッドへ移動し、キスしながらゆっくり身体を擦ってやる。
首筋から腕、乳首、腹、太もも、内もも、尻、足の付け根。
触れるたびに息の荒さを増しながら身体を押し付けてくる。
でもマンコは触ってやらない。
舌も織り交ぜゆっくり愛撫を続けると、自分から脚を開いて腰を突き上げている。
でもマンコは触ってやらない。

「あー、もうお願いよう」

「マンコを虐めて欲しいか?」

「・・・」

うーん、まだか。
さらにじっくり内ももを擦ってやっていると、小声で哀願してきた。

「マンコを虐めて下さい。お願いします」

ゆっくりと割れ目を撫で上げてやると大きく身体を仰け反らせ・・・。

「あうぅぅっぅ!」

それからはひと通りマンコをじっくり虐めてやる。
指で広げてやると尻の穴までビチャビチャ。
柔らかくなった陰唇をじっくり撫でてやり、膣の入り口をほじるように弄ってやり、クリを撫でるようにこねてやる。
待ちに待ったマンコ責めに、「おお~~っ!おお~~っ!」と獣の声を上げてよがる。
そのままクリ責めで1回、手マンで1回イカせ後、脚の間に座ると入れてもらえると思ったのか、「お願いします」と言って自分でさらに開いてくる。
しかしそこでは入れずに、マングリ返してクンニ。
相変わらず毛も薄くビラビラもあまりはみ出してない形のいいマンコをゆっくり舐め回しながら何度も聞く。

「欲しいか?マンコに入れて欲しいか?」

コクコクとその度に頷くのだが、さらにイクまでやめない。
そのうち不自然な体勢のまま身体をビクビク強張らせて叫ぶ。

「うわぁぁ~~!!」

さらにイッたようだ。
目を閉じて余韻に浸っているのか、ぐったりしているUの髪を掴んで引き起こし、腰を突きつける。
まずは玉舐めから。
指でチンポをあやしながらじっくり舐めてくる。
俺のアナルに指を這わし、玉を口に含みながらしごいてくる。
とても気持ちいい。

「マンコに入れて欲しいか?」

コクコクと頷きながらもジュポジュポと音を立てて深くチンポをしゃぶってくる。

「口が良すぎて出てしまうぞ?」と言うと、「えっ?」という顔をして「だめぇ、お願いします~」と哀願してくる。

しかし、「マンコに入れて欲しいか?」と聞いても、「・・・」。

ならばと69になり、「これでマンコもアナルも丸見えだ」と言いながらマンコとアナルを指で弄ってやる。
俺がイキたくなったら入れてもらえると思っているのか、フェラや玉責めを激しくしてくるが、マンコを舐めてやるとさらにイッたようだ。

俺の体の上でぐったりしながら困ったようなような目で見つめてくるので、「なんてお願いすればいいか知ってるでしょ?」と言ってやると、さすがにたまらなくなったのか大声で叫んだ。

「マンコに下さい。マンコにズブズブぶち込んで下さい!」

「よしよし、今から入れてやるぞ」

そう声を掛けてやると、自分の指でマンコの入り口を広げながら、待ちきれない顔で入れられるのを待っている。
当然、ゴムなどせずに生のまま宛てがう。
ゆっくり全部埋め込み、中を味わうようにゆっくり動かすと、「大きいっ!いつもより何か大きいっ!」と叫んでしがみつく。
そのまま少し膨らみのあるスポットの辺りを重点的に攻めてやると、「おぉ~っ!おぉ~っ!」と叫んで身体を仰け反らす。

待ちに待った挿入なのか腰をグリグリ押し付けてくる。
中もネットリまとわりついてくる。

「極上のマンコだな」と言いながら突きを強くしてやると、脚をピンッと突っ張り、腰をガクガクさせてよがる。
またイッているようだ。
マンコの口がキュウキュウ締まる。
ぐったりしたUの耳元で、今度は子宮口の辺りを突き入れながら囁く。

「今日はマンコをマーキングしてやる。このマンコは誰のものかわかるように精子で奥までマーキングしてやるぞ?」

もしも中出しを嫌がるなら「ダメダメ」とすぐに言ってくるが、今日は息を荒くしたまま何も言わない。
それじゃあと四つん這いにさせてバックから入れる。
本当によく絡みつくいいマンコだ。
マンコの肉壁をゆっくり掻き回していると、「あぅぅぅ、あぅぅう」と上体を突っ伏してシーツを掻き毟る。
尻だけが高々と上がる。
その尻を鷲掴みして、さらに強く突く。

「あぐっ!あぐっ!」

喘ぎながら突きを受け入れている。
ゴリゴリと音が鳴るようなほど締め付けてくるマンコに、さすがに耐えられず射精感がこみ上げてきた。

「マンコにマーキングしてやる。マンコ壁にたっぷり俺の精液を染み込ませてやるからな」

「あぁ~マーキング~~」

いつもは「全部飲ませて」と言ってくるのに・・・。
今日はやはり中出しされるのが分かっていたようだ。

「よし!中に出すぞ!」

そう宣言すると、腰をホールドしていた俺の手を掴んでさらに尻を押し付けてくる。
そして、「出してっ!」と大きく叫ぶと、意味不明の奇声を上げて尻がギューと痙攣。
イッたようだ。
俺も遠慮なく一番奥まで突き入れ、びゅるびゅると射精。
ひと通り出した後で、未だひくつくマンコでチンポをしごいて残りを絞り出しながら、マンコ壁に精液を擦り込んでやる。

チンポを引き抜いた後も、目を閉じ、ケツだけを高々と上げた体勢で体をヒクッヒクッとさせているUの目の前にチンポを持っていき、「まだ残っているぞ?」と差し出す。
躊躇なく咥えて、チンポに残った精液を吸い出し始めるだけでなく、丁寧にチンポを綺麗にしてくれる。
その幸せそうな顔を見ていたらなんとなく可愛く感じ、優しく髪を撫でてやった。
するとUが上目遣いで聞いてくる。

「わたくしのマンコ、いかがでしたでしょうか?」

「最高だったよ、お前もいいメスになったな」

そう言ってやるとニッコリと微笑んだ。
うむ、もっと頻繁に調教したいところだ。