吹奏楽部の先輩と防音の部屋で

この体験談は約 4 分で読めます。

俺は中学、高校と吹奏楽部に入った。
楽器を演奏することが好きなのと、一つ上にいる亜希先輩とコンクールに出ることが夢で始めた。

亜希先輩(以降亜希)は、俺が中学の時同じ楽器で、いつも丁寧に時に厳しく時に優しく指導してくれた。
亜希とは残念ながら一緒にはコンクールに出ることが出来なくなり、俺はいつも途方に暮れていた。

中学を卒業し、俺は亜希のいる高校へと進学。
高校でも同じパートになり、顧問の先生に言われて俺は亜希と組むことになった。
高校1年の夏休みの練習の時の話をこれからしようと思う。

亜希「◯◯くん、もうちょっとだけ練習に付き合って」

俺「あ、はい、わかりました」

亜希「私ね、今年こそコンクールに出たいんだ」

俺「俺も頑張ります!」

亜希「じゃあ2時まで練習しよっか!」

しれから1時間、亜希と一緒に音楽室で練習をした。

亜希「よーし、今日はここまで」

俺「先輩、お疲れ様です」

亜希「そうだ、◯◯くん、今日暇?」

俺「え、はい、何もないですけど」

亜希「じゃ?ちょっと待ってて」

俺「あ、はい」

そう言うと亜希は音楽室を出てどこかに向かった。

亜希「ごめん、ごめん」

俺「大丈夫です、どこ行ってたんですか?」

亜希「真由美先生に鍵を渡そうとしたらいなくてさ」

俺「そうだったんですか」

亜希「ねー◯◯くん、前に私と帰ってた時のこと覚えてる?」

俺「えと、なんでしたっけ?」

亜希「私と・・・したいんでしょ?」

俺「い、いや、あれは・・・」

亜希「いいんだよ、そんなに恥ずかしからなくても」

俺「あ、あの時は・・・先輩のことが好きで思わず・・・」

亜希「素直に言えばいいの」

俺「だって・・・先輩には彼氏がいるんじゃないかなって・・・」

亜希「◯◯くん、今も私のこと好き?」

俺「はい・・・先輩のことが大好きです」

亜希「私も大好きだよ」

俺「先輩・・・あ、あの・・・」

亜希「ん?何?」

ガチャ。

真由美先生「先生、4時には帰るからね」

2人「はい、わかりました」

真由美先生「職員室に寄っててね」

亜希「わかりました!」

真由美先生「じゃあね」

真由美先生が突然来たが、俺たちが抱き合ってたのはバレなかったようだ。

俺「先輩・・・俺、先輩と・・・」

亜希「もー、こんなに大きくしちゃって」

俺「あっ・・・そ、それは・・・」

亜希「私が気持ちよくしてあげるから、あそこの部屋行こうか」

俺「そうですね・・・」

防音の部屋で、しかも『立ち入り禁止』の札をつけておけば誰も入れない個人レッスン部屋に移動した。

亜希「◯◯くんの大きいんだね」

俺「そうですか・・・自分ではあまりわからなくて」

亜希「私、大きいおちんちん大好きだよ、舐めてあげる」

俺「ああ、気持ちいいです」

亜希「◯◯くん、舐められながらこういうのされたら、もっといいでしょ?」

俺「はい、手でシコられるととっても・・・気持ちいいです」

亜希「◯◯くん、私のおっぱい見たいでしょ?」

俺「はい・・・先輩のおっぱい見たいです」

亜希「いつも私のおっぱいを想像してたの?」

俺「・・・してました」

亜希「じゃあ私のおっぱいでいっぱい挟んであげる」

俺「あっ・・・気持ちいい・・・すごい・・・先輩、最高です」

亜希「私のおっぱいでイカせてあげるね」

俺「あっ・・・出る・・・」

俺は亜希のパイズリで射精した。

亜希「きれいにしてあげるね」

俺「あっ・・・」

お掃除フェラはとても気持ちよかった。

亜希「◯◯くん、今出したのに、また大きくしてる。オマンコに欲しいな」

俺「先輩のオマンコに・・・」

亜希「早く入れて・・・」

亜希はくぱぁってしながら、俺を誘惑するようにオマンコを見せてくれた。

俺「先輩、入れます」

亜希「あっ・・・ん・・・すごい・・・」

俺「先輩・・・先輩・・・」

亜希「◯◯くんのおちんちん硬い・・・私の初めてが◯◯くんで嬉しい」

俺「俺もです」

亜希「ちょっと痛いけど、我慢するから思いっきりして!」

俺は亜希のオマンコを突きまくった。

亜希「◯◯くん、好きなとこに出していいよ」

俺「このまま・・・」

亜希「それは・・・ダメ・・・」

俺「あっ・・・イク・・・」

なんとか抜いて、亜希のお腹に射精した。

亜希「あっ・・・ん・・・あっ・・・」

俺「先輩・・・気持ちよかったです」

亜希「◯◯くん、大好き・・・ちゅっ」

その日以降、亜希とは練習終わりにエッチをしたり、亜希が生理の時は口で気持ちよくしてもらった。
亜希が高3、俺が高2の夏、念願だったコンクールに出場、亜希は個人の部で金賞に輝いた。
あの時の亜希はとっても嬉しそうだった。

俺と亜希は結婚し、今では小学生になる娘と息子がいる。
子供たちも吹奏楽の道に進んで欲しいと思っている。

タイトルとURLをコピーしました