私のエッチなアルバイト

この体験談は約 5 分で読めます。

私はミズキ(仮名)。
17歳の高校生です。

正直、私の家は貧乏です。
父が出世しないことや、兄弟が多いことが原因だと思います。
ちなみに私は4人兄弟の次女です。

体で小遣いを稼ぎしようと考えた私が選んだターゲットは、クラスメイトの和人。
和人とは中学から一緒で、彼の父親は大きな会社の社長をしてます。
そう、彼はお金持ちなんです。
でも彼はモテません。
オタクっぽい見た目で無口なのが原因だと思います。
友達もいなくて、クラスの女子も近付こうとしません。
うってつけの相手だと思いました。

私は放課後、和人の後をつけました。
しばらく歩き、同級生達に見つかる心配がなさそうな所で私は和人に駆け寄りました。

「和人~、あのさぁ~、今日あんたん家に遊びに行っていい?」

「な、なんで?」

「だって暇だし、いいじゃん」

私は無理やり家に入れてもらいました。
和人は挙動不審でした。
私は家の広さに驚きながら和人の部屋に通されました。
和人は一人っ子で、母親も父親の会社の役員なので、家には和人と私しかいません。
しばらく中学時代の話とか、最近の話とかをしました。
その会話で、なんとなく和人はまだ童貞だとわかりました。

和人がトイレに立ったのを見計らって、机の引き出しを物色しました。
一番下の大きな引き出しを開けると、いやらしい本やDVDがありました。
私はイケる!と確信しました。
そのとき和人が帰ってきて、慌てて引き出しを戻し、顔を真っ赤にして言いました。

「やめろよ!勝手に人の部屋を荒らすなよ」

「恥ずかしがることないじゃん。男なら普通のことでしょ」

私は和人を落ち着かせ、しばらくしてから本題に入りました。

「私さぁ、金欠なんだよね」

「だから何?」

「お金ちょうだい」

「なんでお金あげなきゃいけないんだよ!」

「ただでとは言わないよ」

「?」

「とりあえず千円ちょうだい」

和人は財布から渋々千円を出して私に渡しました。
私は制服のブレザーを脱ぎました。

「千円くれるたびに服を一枚脱いだり、和人に何かするから」

そう言って脱いだブレザーを和人に投げて、Yシャツのボタンを一つだけ外して、和人の耳元で囁きました。

「私、あと4枚しか服着てないから・・・」

和人は財布から4千円出して私に渡しました。
私はYシャツのボタンをゆっくり外して脱ぎ、スカートも脱ぎました。
和人は下着姿になった私をずっと見てます。
すぐに裸になるとあまりお金が稼げないので一旦ストリップをやめて、和人の横に座って耳を舐めてから、軽いキスをしました。

和人は財布から1万円出しました。
そのお金を財布に仕舞い、和人の股間を軽く撫でると、もう硬くなってました。
私は和人をパンツ一枚にして、背中を向けてブラを外しました。
オッパイ(Cカップ)を手で隠して和人に近付くと、和人も焦れったいと思ったのか、財布から1万5千円を出して言いました。

「め、面倒臭いから、こ、これで最後まで・・・」

私は頷き、胸の手を外してオッパイを曝け出し、和人の膝の上に向かい合うように跨がって首に手を回しました。
和人はずっとオッパイから目を離しません。

「もう何してもいいんだよ」

そう私が囁くと、和人は1回私の顔を見てからオッパイに目線を戻し、オッパイを揉んできました。
和人は谷間に顔を埋めて揉んでいます。
私は気持ち良くて、和人に言いました。

「舐めて」

和人はすぐに乳首に吸い付いてきました。
しばらく和人の好きなようにオッパイを舐めさせてましたが、私もアソコが濡れてムズムズしてきたので、和人の股間に私のアソコを擦り付けて、素股みたいにして腰を振りました。
和人はその刺激に耐えられなくなったのか、オッパイから口を離しました。

一旦和人から離れてベッドに寝ると、和人が近づいて来て私のアソコをショーツ越しに触ってきます。
私も足でパンツの上からチンチンを触ってあげます。
私はお尻と足を上げて、仰向けで体育座りのポーズになり、ゆっくりショーツを下げながら足を天井に向けて伸ばしました。
チンチンを触りながら私のマンコを見ている和人。
私は体を起こして和人の手を掴むと、「私に何してもいいって言ってるじゃん」と、手をマンコに当てて、もう片方の手でビンビンのチンチンを握りました。
和人は鼻息を荒くして気持ち良さそうでしたが、ちっともマンコを触っている手を動かしません。

「ちゃんと手を動かしてよ!」

そう言ってチンチンを強く握りました。
やっと和人はぎこちなく手を動かしてきました。
熱い眼差しでマンコを見つめながら必死に触っている和人を見ていると、私も凄く感じてきました。
和人のチンチンからは、もうカウパー液が出てました。
私はチンチンを舐めたくなり、「寝て」と和人を仰向けにしてマンコを舐めさせ、私はフェラをしました。

ポーチの中からコンドームを取り出し、チンチンにゴムを装着しました。
そして和人に跨がって、チンチンに向かって腰を下ろしました。
和人のチンチンは私のマンコの中に入ってきました。
和人にとっては初めての合体で、私にとっては約1年ぶりでした。
ゆっくり上下に腰を動かしてると和人が、「そろそろ出そう」と言うので私は動くのをやめました。
でも和人が急に激しく腰を動かして、間もなく射精しました。

私はまだイッてませんでしたが、体の汗を拭き、服を着ようとブラを付けてたら、後ろから和人がブラの中に手を入れてきて、「・・・もう1回、お願い」と言いました。
ブラに何か挟まってるので見てみると1万円札が2枚ありました。

私は2万円を財布にしまって、もう一度ブラを外しました。
すでに回復していた和人のチンチンに新しいゴムを付けて、「好きな体位でしていいよ」と言うと、和人は私を四つん這いにして、バックから入れてきました。
さっき射精したばかりだったので、今回はかなり長持ちしてました。
最後は正常位で激しく突かれました。
私はすぐにイキました。
その後、和人もイキました。

私が大の字でボケーッとしていると、和人は私にさらに1万円を渡し、「ありがとう」と言うと部屋を出てシャワーを浴びに行きました。
私は1万円を財布に仕舞いながら、(ちょっと貰い過ぎたかなぁ)と思い、和人の後を追ってバスルームに行きました。
和人がシャワーを浴びています。
私は中に入り、「あの金額だと、もう1回やれるよ」と言い、ボディーソープを手やオッパイに付けて和人の体に抱きついて体を擦りました。
右手をチンチンをしごきながら、左手で玉袋を揉んであげました。
みるみるチンチンが勃起したので、和人にキスしながらチンチンを扱いていると、和人も手マンしてくれました。

和人の手マンが凄く気持ち良くて、壁にもたれて和人に身を委ねると、和人はしゃがんでクリを舐めながら指の動きを速くしてきました。
私はその刺激に立っていなれなくなり、湯舟の縁に腰を掛け、足を和人の肩に乗せて、和人の顔にオマンコを押し付けるようにして腰を動かしました。
しばらくして私は絶頂を迎えました。

「ハァァァ~ァン」

太ももで和人の顔を締め付けながらイキました。
軽く潮も吹いたと思います。
ぐったりした私を和人は抱えて脱衣所に運んでくれて、バスタオルで髪や体を拭いてくれました。
私は和人に申し訳なくなって、和人が射精するまでチンチンをしゃぶりました。
口の中の精子を排水溝に出して、「今日はこれで終わる?」と聞くと、「これからもたまにお願い出来るかな?」と言うので、私は笑顔で、「喜んで!」と言いました。

それからは私は金欠になると和人の家に行き、エッチなアルバイトをしてます。
下手な文章ですみませんでした。

タイトルとURLをコピーしました