美人な家庭科の先生と学校の倉庫で生セックス

この体験談は約 3 分で読めます。

僕が高校生のときの話。
家庭科の真希先生がずっと好きで、先生の授業はいつも起きていた。

先生はすごく可愛い。
芸能人に例えるとガッキーに似ている。
27歳で未婚。
卒業したら先生に告白しようと決めていた。

そんな時、家庭科のテストで赤点を取ってしまった。
補習は真希先生じゃないので素直にだるかった。
でも、その日は真希先生だった!
補習は僕1人だったので真希先生と2人きり!
すごく嬉しかった。
こんなに嬉しい補習は初めてだ!

1時間くらいで補習が終わった。
楽しい時間はあっと言う間・・・。
帰ろうとすると真希先生に呼び止められた。

「ここ片付けるから手伝って。お願い」

僕は喜んで手伝った。
真希先生の頼みなら何でも聞く!
荷物を隣の倉庫に運んだ。
すると真希先生は倉庫のドアに鍵を掛けた。
そしてこう言った。

「直樹君って私の授業だけいつも起きてるよね?なんでかな~?」

僕はテンパった。

「ちょっと顔が赤いよ」

図星を突かれ・・・恥ずかしかった。
真希先生は着ていたパーカーを脱いだ。
そして僕の方に寄り、キスをしてきた。

「真面目に授業に参加しているからご褒美」

僕の手を持って真希先生の胸に持っていった。

「揉んでいいよ」

僕はゆっくり揉んだ。
すごく柔らかくて、揉んでいるだけでイッてしまいそうだった。

「じゃあしよ!」

そう言って先生はブラを外した。
僕は釘付けだった。
先生の生おっぱい!
僕は完璧に勃起した。

「直樹君も脱いで。私だけ脱いでて恥ずかしいよ」

先生は僕のズボンを脱がしてきた。
僕も全裸になった。
先生はしゃがみ込み、僕のチンコをフェラしてきた。
口に含まれた瞬間に精子が出た。
でも先生は、「出た!飲んで欲しい?」と笑顔で言ってきた。
僕が「はい」と言うと先生は飲み込んで、「美味しい!」と言ってくれた。

フェラをした後、先生は床に寝て股を開いて、「ここに入れて」と言った。
僕が「ゴムがないです」と言うと、「今は大丈夫だからいいよ」と言ってくれた。
僕がどこに入れたらいいのか分からくて戸惑っていると、「ここだよ」と言って指でアソコを広げた。
僕が入れると先生は、「あー気持ちいい」を連発していた。

(今僕は大好きな真希先生とセックスをしてる!)

そう思うと興奮して、徐々に腰を速くなった。

「もっと速く!もっとー」

先生が僕の首に手を回してきた。

「イク!」

僕は先生の中に出した。

「どうだった?良かった?私で?」

「すごく嬉しかったです」

僕がそう言うと先生は喜んでいた。

その日の夜、先生からLINEが来た。

『今日はあんな場所でしたけど、次は先生の家でしない?先生の高校のときの制服もあるよ!』

僕は嬉しくてすぐにOKの返信した。

次の日は土曜日だった。
親には友達と遊びに行くと言って家を出た。
待ち合わせ場所に着くと先生がいて、一緒に先生の家に行った。
家に入るとすぐに先生は目の前で制服に着替えた。
先生が制服を着るとすごい可愛い!

「学校では先生だけど、2人のときは真希って呼んで」

僕は先生に抱きつき、先生のベッドでセックスをしまくった。
もちろん中出し。
フェラもしてくれて、僕が口に出すと美味しそうに飲んでくれた。

僕が卒業するまで先生との関係は続いた。

タイトルとURLをコピーしました