姉ちゃんに入れた瞬間から出っぱなし

この体験談は約 3 分で読めます。

3つ上の姉が大学2年になった頃のこと。
姉ちゃんは結構色んなとこに顔を出してたから、飲み会とかにもよく出てた。
んで飲み会の日は、深夜にべろんべろんになって帰ってくる。

部活かサークルか分からんが、深夜に帰ってきて、ちょうどその時、俺はPCでズリネタを探してたんだよね。
んで、どうせすぐ寝るだろうから、(姉ちゃんにズリネタを提供してもらうかー)みたいなことを考えてた。

1時間くらいしてから姉ちゃんの部屋に忍び込んだ。
豆電球のみだったが、ベッドで寝ているのがはっきり見えた。
姉ちゃんは羽織ってたのだけ脱いで大の字に寝ていた。
小さく声を掛けたり、肩を叩いたりしたが、全く反応がない。
こういう時、ほとんど起きないのは知っていた。
キャミを捲ってブラをずり上げて乳輪を舐めたり、乳首を吸ったり、胸にむしゃぶりついた。
前々からこういう事は繰り返してたから慣れたものだった。

おっぱいを十分堪能した後、ショートパンツを脱がしてパンツも脱がした。
そうだと思い立ち、写メタイム。
土手全体を撮ったり、M字にして撮ったり、ワレメを撮ったり・・・。
その後、指を入れたり、また胸を弄ったりしてたんだが、だんだん我慢出来なくなってきた。
てか、ニーソがエロすぎる!
以前に比べてムラムラさせる体型になってるし。
もう挿れることしか頭になかった。

M字に開かせて、正常位で挿れようとした。
ゴムのことを思い出したが、童貞の俺が持ってるはずもなく、何より今ここで挿れたいとしか考えてなかった。
亀頭を割れ目に押し付けた瞬間、ビュッと少し射精して焦った。
今挿れたらすぐ出るだろうから、1分ほど落ち着くのを待って、姉ちゃんの中に挿れた。

もうなんていうかね。
わかんねぇや。
こんなに気持ちいいなんて思わなかった。
何でもっと前にしなかったんだって思った。

もう訳がわからなくなってるのか、だらだら~っと精液が出続けてる感じだった。
要するに自分の姉に中出ししてるわけだけど、もうそんなことどうでもいいくらい興奮してた。
逆に全部、中で出し切った。
挿入した瞬間から挿入していってる最中も出続けて、全部挿入してからも1分くらいしてやっと射精が止まって、小さくなり始めたから引き抜いた。

(中出しやべー)ってより、(中出し、気持ちいいー)って余韻に浸ってたわけだが、姉ちゃんのまんこから少しずつ精液が垂れてきてた。

拭いても拭いても止まらなかった。
俺、どんだけ出したんだよと。
途中から諦めて、垂れてくる精液をローション代わりにして、また姉ちゃんのまんこにチンコを擦り付けた。
これが意外に気持ち良くて、再び勃起。
んで挿入。
今度は落ち着いて挿入できて、ゆっくりとピストン運動を始めた。
たまに姉ちゃんが、「う・・・」とか「うーん・・・」って呻いていたが、寝てても反応するもんなのか?
今度は奥で思いっきり射精した。
さすがに2回目なんで、あんまり出なかったと思うけど。
引き抜いた後、ブラとキャミを戻してたんだけど、キャミにニーソというエロい恰好に興奮して、最後にもう1回中出しした。

翌日、姉ちゃんはいつも通りだった。
バレなかったみたいだ。
以来、姉ちゃんが飲み会に行く日が楽しみになった。
まぁ飲み会なんてそんなにしょっちゅうあるわけでもなく、月1回あるかどうかだけど。
とにかく姉ちゃんが大学を卒業して1人暮らしを始めるまで、飲み会のたびに俺は姉ちゃんに中出しし続けた。

タイトルとURLをコピーしました