若いカウンセラーの先生と恋人みたいになって・前編

この体験談は約 7 分で読めます。

僕が中2のとき、その人は俺の学校にやって来た。
彼女の名前は『◯◯衣里子』って言います。
生徒からは「衣里ちゃん」って呼ばれていて結構人気になりました。

年齢は24歳で、顔はどっちかっていうとロリ顔で、正直生徒とあまり変わりません。
彼女は教師ではなくいわゆる進路指導員というかカウンセラーっていうか、とにかく生徒の悩みを解決する仕事の先生でした。
彼女のカウンセラー室は保健室の隣にあり、その教室にはテレビはもちろん冷蔵庫やソファーなどもあり、いつの間にか俺たちはその教室の居心地の良さに毎日授業をサボったり放課後に彼女の教室に入り浸るようになっていた。
だが、さすがに悩みを相談してる子がいるときは遠慮して入らなかった。

夏休みの前になり家庭訪問などが増えて学校がはやく終わるようになったある日、俺はいつものように彼女の教室へと放課後に向かった。
その日はツレの家庭訪問があり、初めて1人で行った。
教室に入ると彼女が「今日は1人なの?」と言って出迎えてくれた。
俺は「そうだよ」と言い、ソファーに腰掛けると彼女は冷蔵庫からジュースを出してくれた。

しばらくしゃべっていたら彼女は、「たっくんは彼女いるの?」と話題を変えてきた。
ふいに話題を変えられたのと、その質問内容に俺は驚き、きょどって黙ってしまった。

すると彼女は、「いるはずないよねー、毎日のようにここ来てるし」と笑って言った。

俺はわかってるなら聞くなよと思い、ちょっとむすっとなった。
少し腹が立ったので俺は、「衣里はどうなんだよ?」と聞き返した。

すると彼女は、「いないよ。ずっと前に別れてからずっといない」と言った。

俺は自分の抑えがきかなくなり彼女に、「初キスは?」「初エッチは?」などとエッチな質問をした。
すると彼女は、「気になるの?そりゃそういう年頃だもんねー」と少しニヤニヤしながら言った。
俺はその言葉にさらにむっとした。

そこで俺は、「エッチってどんな感じ?」と意地悪な質問をしてみた。
すると彼女はクスクスと笑い、「内緒」と言った。
そこで俺は、「引っかかったね。初エッチはしたことあるんだー」ってニヤッとしながら言った。
彼女は一瞬、あっという顔をした。
そして俺は独り言のように、「あー、早くエッチなことしたいなー」と言った。
彼女は黙ったままだった。
すると彼女がいきなりほっぺにキスをしてきた。
そして俺にこう言った。

「ファーストキス、も~らい」

図星だったが俺は強がり、「ファーストキスじゃねーよ」と言った。
でも彼女には俺が強がってることがわかっていたようで、「赤くなってんよ~」と俺をバカにしてきた。
俺がファーストキスの衝撃で黙り込んでいると彼女はデスクを離れ、俺の座ってるソファーに移ってきた。
彼女とこんな風に隣りあったことはなく、俺はドキドキしていた。
すると彼女は俯いてる俺の顔を覗き込んできた!
俺は目を逸らすのがやっとだった。
しかし彼女は俺の頭を両手で持ち、彼女の方向に無理やり向けた。

俺はびっくりして、「なっ、何す・・・」と言おうとしたら、すでに彼女にキスされていた。

しかも今度は顔を固定されており長かった。
俺はしゃべっていた途中でキスされたものだから口が半開きだった。
彼女はここぞとばかり舌を入れてきた。
俺は初めてのディープキスの気持ちよさに何も抵抗できなかった。

クチュ、クチュ・・・。

静まりかえった教室にやらしい音だけが響いていた。
俺はようやく我に返り、自分からも彼女に舌を入れてみた。
すると彼女の鼻息は今まで聞いたこともないくらい荒くなっていった。
彼女もようやく満足したようでキスをやめた。

俺は、「急にビックリした。どうしたの?」と彼女に聞いた。

彼女は、「好き・・・」と言って俺に抱きついてきた。

胸に当たる今まで味わったことのない感触に俺のはすぐに立ってしまってた。
俺は彼女の胸を無意識のうちに触ってしまった。
すると彼女は「ん・・・」と、今まで聞いたこともないような女らしい声を出した。
俺はもう我慢できず、彼女にキスを自分からしていった。
彼女の胸を揉むと時々からだがビクンとなるのがわかった。
俺は彼女の上着を脱がして彼女の乳首にキスをして舐めてみた。
すると彼女は、「んはぁ・・・あ・・・う・・・」と吐息のような声を出してびくついた。
俺は彼女を優しくソファーに倒して彼女にキスをして首筋を舐めた。

「ん・・・気持ちいいよ~」

彼女は泣きそうな声で俺に言った。
そして彼女のスカートを脱がした。
そしてついにあそこに手を伸ばしてみた。
初めて触った女のはパンツの上だというのにぐちょぐちょに濡れていた。
俺はかまわずパンツの中に手を入れた。
まだクリトリスの場所などもまったくわからない俺は割れ目に沿って手のひらで愛撫してみた。
彼女はやはり場所を気にしているようで、声を殺しながら、「ん・・・ん・・・あっ」と言っている。
俺はそのまま口を彼女の胸からまんこへと持っていった。
しかしそのままクンニしようとしたとき、彼女が急に起きて、「あたしも・・・」と言って俺の下半身を触りだした!

「立ってる・・・」

そう言ったかと思うと、キスしながら無理やり俺を押し倒してきた。
彼女はまるで俺のツボをすべて知り尽くしているかのように俺の首筋や背中、耳たぶを舐めてきた。
俺は気持ちよすぎて目を瞑っていた。

すると彼女は無造作に俺のズボンを下ろすと、「いい子だからじっとしててね」と言った。

俺は言われるままにした。
すると彼女の手が俺のちんこに触ったかと思うと何か柔らかいものに触れた。
見ようとしたら、「お姉さんの言うこと聞かなきゃだ~め」と言われた。
俺は言われるまま何も言い返せない。

どうやらその柔らかいものは先生のおっぱいだったようだ。
しばらくパイずりされていると、「お姉さんがいい事してあげる」と言って俺のをフェラし始めた。
彼女は俺のをチュパ、クチュといういやらしい音を立てながら舐めている。
俺は「う・・・」という声を出してしまった。
すると彼女の舐める速さが速くなり、俺はそのまま彼女の口の中に出してしまった。
しかし彼女はまだ舐め続けている。
そして俺のちんこを綺麗にしてくれた。

彼女が起き上がってくれて、ようやく俺は起き上がることが出来た。
すると彼女は股を開き、俺に見せ始めた。
彼女は、「性教育の時間だよ。さぼれないからね」と言ってニヤリと意地悪っぽく笑った。
彼女は自分で自分の性器を弄りながら豆のようなものを見せて、「ここはなんて言うのでしょう?」と言った。
俺は判らなかったんで黙っていると、「はい不正解、立ってなさい」と言った。
俺が、「もう立ってるよ」と言うと彼女はきゃはははと笑い、「正解はクリトリスよ」と俺にキスしながら優しく言った。

俺が「先生」と言い返すと、彼女は「舐めて」と言った。
俺はようやく彼女にクンニすることができると思いむしゃぶりついた。
彼女は、「ん・・・もうちょっああん・・・ぅ・上・・・ふぅん」と喘ぎながら指示してきた。
俺は初めて知ったクリトリスという物をどう扱えばいいか判らなかった。
でも一生懸命舐めたり指でさわさわしたりした。

「あ・・・も・・・もっと強くし・・・んはぁ・・・」

俺は、もっと一生懸命やった。
彼女は「上手だよ・・・」って言って、「今度は中のほうも弄って・・・」って言ったから俺は彼女の反応を気にしながら中に指を入れてみた。
半分くらい入れてみるとすごい熱くてびっくりした。
彼女の愛液が垂れてきたので指を入れながらもそれを舐めてみた。
クリを舐めていたときとはまた違った味だったが、美味しいとは微塵も思わなかった。

彼女が、「もっと奥まで触って」と言ったので指を入れた。
指が入っていくにつれて彼女が、「ん・・・ん・・・んん」と言ってるのが非常に可愛く思え、俺は「気持ちいい?」って聞いてみた。
彼女が「うん・・・」と言ったので俄然やる気になって、かき混ぜてみた。

「いや・・・あ・・・あぁ・・・」

そう言いながら俺の手にまんこを押し付けてきた。
俺は片方の手でかき混ぜながら胸を擦っていたもう片方の手をクリトリスを愛撫するのにまわし、両手で彼女のを弄った。
入れているほうの指が強く締め付けられてちょっと動かしづらく、かなり苦労した。

俺が中に入れている指を抜くと彼女が、「ダメ・・・もっ・・・もっとして」と言ってきたので俺はちょっと意地悪に、「どうしようなー」と少し焦らしてみると、彼女に抱き寄せられディープキスされた。
そして耳元で、「いい子だからお願い」って震えた声で言ってきた。
俺は抱き寄せられた手を解き、顔を再び彼女のまんこに移して、今度は穴の方に舌を使ってみた。
彼女を手と口で愛撫していると彼女が、「好き・・・好き・・・」と連呼してきた。
こんな可愛い衣里を見たのは初めてなのと、いけないことをしている焦りで俺の鼻息はかなり荒くなっていた。

彼女がいきなり大きく、「ああ!」と言った。

「どうしたの」と聞くと・・・。

「い・・・今の・・・」

どうやら俺の鼻息が当たって感じたらしい。
俺はわざとふっと息を吹きかけてみた。
彼女の体がびくっとなったのを見てもう一度今度は下から上へふーっと息を吹きかけると、「ひゃん!」と言って体をくねらした。

俺は遊ぶのはこれくらいにして彼女の穴に指を入れてピストン運動してみた。
彼女は「う・・・う・・・う」と出し入れするのに合わせて声を押し殺している。
すると彼女が、「もう我慢できないよ」と言った。
正直。俺も同じだった。
彼女を再び起こしてまたキスをした。
俺も彼女も息が荒くはあはあという声が教室の中に響いていた。
彼女が俺のをフェラしようとしたとき、キーンコーンカーンコーンとチャイムが響いた。
思わず俺は、「うお!!」と声を出してしまった。
そんな俺を彼女は上目遣いで見てクスと一瞬笑い、また俺のをフェラし始めた。
俺は自分だってビクッとなったくせにと、ちょっと納得いかない。
フェラを途中でやめ、彼女は俺に「入れて」と言った。

「先生、どこに入れるかわかりません」

ふざけて言った。
すると彼女が、「先生が教えてあ・げ・る」と言った。
俺は彼女の熱心な指導に耳を傾けた。

「ゴムなんて持ってないよ」

「イク時に外に出して」

そのまま彼女を優しく横にした。
昨日の保健体育で、「精子と卵子が・・・」ってのをやったばかりで、かなりビビってたのを今でも鮮明に覚えている。
彼女の穴を擦ると、すでに我慢できなくなっているらしく、「早く」と言ってきたので、俺は今まで弄っていたその穴に自分のちんこを持っていき、少しずつ力を入れていった。
入っていくに従い彼女は、「う~~~」と唸り、下半身が少しずつ持ち上がってきた。
俺はさらに力を込めた。
半分ちょっとまで入った時、彼女が抱き寄せてきた。
俺は気にせずに残りを入れていった。
彼女が「突いて」と言い、足を俺の腰に絡めてきた。
俺が少しずつ動かすと彼女は・・・。

「ぅん!ぅは!ぅあ!」

もう声を押し殺すことが出来ていない。
俺はさらに激しく突くと・・・。

「たっくん・・・。んは・・・いや・・・好き・・・ひゃあ・・・」

声を荒げながらも俺に激しくキスしてくる。
彼女のまんこから出る愛液とキスで部屋の中はやらしい音でいっぱいで、それがまた興奮させた。
やがて彼女のキスがやんだかと思うと、「も・・・もう・・・ひぃ・・・イク・・・」と彼女が言った。

「俺もイキそう」

「やっぱり・・・抜いちゃ・・・いや!!」

そして彼女が「ふあぁ!!」と言った瞬間、かなり強くまんこが締め付けられて彼女は痙攣した。
その締め付けによって俺も我慢できずにイッてしまった。
彼女はイクとき、まるでチワワのように震えていた。

俺たちはそのままの状態でしばらく意識朦朧としていた。
しばらくして彼女が、「好き」と俺に言った。
俺も「好き」と言うと、彼女はまた激しくキスをしてくれた。

その後、ソファーにはしみが出来た以外、外部にこの事はまったく知られなかった。
俺たちはそのまま5年付き合った。

自分の童貞喪失話は書いてて恥ずかしかった。
思い出すのが大変だった。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました