若いカウンセラーの先生と恋人みたいになって・後編

この体験談は約 10 分で読めます。

2人ともイッてしまった後、俺らはしばらくぐったりしていた。
すると彼女はやっと我に返り、この状況はやばいと思ったのかすぐに服を着始めた。
俺もそれに従い服を着た。
他の先生と違い残業は何もないらしく、俺に、「学校の側にある本屋で待ってるから」と言った。
俺は「うん」と言い、すぐにその本屋に向かった。

まだ彼女はいなかった。
俺がしばらく立ち読みをしていると衣里が車でやって来てクラクションを鳴らした。
俺は周囲に生徒がいないことを確認して車に乗り込んだ。
乗り込むと彼女はすぐに車を走らせた。

「ごめんね、今日は・・・気持ちが抑えられなかった」

「いいよ、俺・・・好きだから・・・」

そう言うと彼女は少しニコリとして車を走らせた。
しばらくすると一軒のアパートの前で車が止まった。

「ここ・・・あたしのうち・・・」

彼女がそう言った。
俺が「ごめん衣里、今日はこのまま帰るよ。親も心配するし」と言うと、彼女は「そうだね・・・」と車を走らせた。
俺は彼女に自分の家への道筋を教えながらも少し後悔していた。
教師と生徒という一線を越えたことに少し恐怖を覚えていた。

家の近くに来て車が止まった。
俺が「じゃあ、また明日」と言って出ようとしたとき、彼女が「待って」と呼び止めた。
彼女のほうを見ると目が潤んでいた。
俺は何を言えばいいか分からずじっとしていると、「もう少しだけ一緒にいて」と彼女が言い、俺に抱きついてきた。
彼女と抱き合いながらこれからのことや、今までの気持ちをお互いに話し合い、最後に彼女にキスをされて車を降りた。

次の日、学校に行くと校門の前に衣里が立っていた。
俺はいつものように、「おはようございます」と挨拶した。
彼女もいつものように笑顔で、「おはよう」と言った。
ただ、いつもとは違い、俺と彼女の首にはキスマークがくっきりと付いていた。
しかしそこはさすがに中学生で、ツレにはまったくキスマークとは気づいていないようだった。
それから1週間くらい、いつものようにツレと2人で放課後に彼女の教室に行く日が続いた。

待ちに待った週末、彼女が家の近くに車で迎えに来た。
俺は親に、「遊びに行ってくる。遅くなるかもしれない」と言い、少し離れたところに停まっている彼女の車に向かった。
彼女は学校とは違い、ピンクのキャミソールにチェックのミニという格好で出迎えてくれた。
そのまま彼女の家に直行した。
彼女の部屋に入ると彼女はすぐに抱きついてきた。

「すごく寂しかった・・・」

彼女は目に涙を浮かべながらそう言った。

俺は「俺もすごく寂しかった」と言うと、彼女は「たっくん・・・1人で来てくれないんだもん・・・」と言った。

「仕方ないよ、俺だって1人で行きたかったよ」と言うと彼女も納得したようだった。

彼女はそのまますごい勢いでキスをしてきた。
部屋の玄関で俺らは5分くらいずっとキスをしていた。

彼女は、「今日も色々教えてあげるね」と言うと俺を部屋に上げた。

俺は初めて入る女の人の部屋のいい匂いにぼーっとしていた。
彼女が「適当に座って」と言ったので俺は中央にあるコタツに座った。
彼女は「お酒、大丈夫?」と聞いてきた。
俺はお酒を飲んだことはなかったが見栄を張って、「大丈夫だよ」と言った。
しばらくすると彼女がビールと酎ハイを持ってきた。

彼女は俺に、「どっちがいい?」と言った。

俺は、「酎ハイでいいよ」と言った。

彼女は「そう言うと思った」と少しはにかみながら言った。
初めて飲んだお酒は別にキツクもなく、普通のジュースのようだった。
すると彼女が俺にビールを差し出し、「ちょっと飲んでみなさい」と言ってきた。
俺は「いいや」と言ったが、彼女は「飲みなさい」と言ってきたので仕方なく飲んだ。
苦さに顔を歪めると彼女がくすっと笑った。
俺たちは、「付き合おう」などという言葉を介さずに、もう自然と付き合っていた。

しばらく話をしていると急に彼女が四つん這いになって俺に迫ってきた。
どうやらかなり酔っ払っているらしく目が虚ろになっていた。

彼女は、「もう絶対に離さない!うふふふ・・・」と俺に抱きついてきた。

そんな彼女がすごく愛しく思えて、俺も彼女を強く抱き締めた。
彼女は、「ずっと一緒にいようね」と甘えた声で言ってきた。
いつもは上から物を言う彼女だったが、酔った彼女はまったくその逆だった。

「キスしてくだしゃい」

「どうしような~・・・」

ちょっと焦らしてみた。
すると彼女は涙を出しながら無理やりキスをして押し倒してきた。

彼女のその涙に「ごめんね、好きだよ」と言うと、彼女は「ほんとに?」と言ってきた。

彼女は俺が彼女を愛していることが分かっているはずなので、おそらくはもっと好きと言って欲しいのだということがすぐにわかった。
俺は押し倒してきた彼女をどかし、彼女の上に乗り、彼女の首筋にキスをした。
彼女は「うん・・・」と一言言い、俺の腰に手を回してきた。
彼女のキャミソールを脱がすとノーブラで、乳房がそのまま露わになった。
彼女の乳首はもうすでに立っていた。
俺が彼女の乳首に触れると、「あん」とすぐに反応した。

俺は自分の服を脱ぎ、彼女のスカートを脱がした。
パンツはちゃんと穿いていたが、もうすでにお漏らししたかのようにヌレヌレだった。
俺は彼女を起こして彼女にそれを見せた。
彼女は恥ずかしそうに俯いてしまった。
俺はその姿にいつも自分がやられているように苛めてみたくなり、「これ、どうしたの?」とニヤニヤしながら聞いた。
彼女は「・・・だって・・・」ともごもご言っている。

「なんでこうなってるか言わなきゃ気持ちよくしてあげないよ」

「いやだ・・・言うから気持ちよくしてよ~」

そう言って俺の膝にまんこを擦り付けてきた。
俺は「わかってるよ」と言い彼女のパンツを脱がし、彼女の胸に吸い付いた。

「んん・・・はぁ・・・ん」

教室でやった時と違い、声を惜しげもなく出している。

「んんは・・・早く・・・した・・・あぁ!」

俺は彼女のまんこに手を伸ばした。
手が触れた瞬間、彼女の体がビクッとした。
俺は彼女に教えてもらった通り、彼女のクリトリスに手を伸ばしてみた。
すると彼女は、「きゃん!」と体を反らした。
俺はかまうことなく彼女のクリトリスをしごいてみる。

「はああああん・・・んぐぅ」

彼女は絶叫し始めた。
俺は余っている片手で穴の回りも愛撫してみた。

「ああああぁぁ!く・・・ふん・・・気持ちいい、あぁ!」

歯を食いしばりながら彼女は喘ぐ。
俺が中に指を入れると彼女の体が硬直した。

「うううううぅぅぅ」といつものように唸りはじめ、彼女の中は締め付けてくる。

俺は彼女の胸から下に舌を這わせて彼女のまんこに吸い付いた。

「ひゃあ・・・あん・・・く~ん」

そう唸り、彼女は俺の口に押し付けるようにして腰を動かしてくる。
俺は舌を穴の中に入れたりしながらもクリを摘んだり擦ったりした。

「ひゃん・・・ああ・・・早く~・・・い・・・入れて・・・」

俺はまた焦らすために、「そんな言い方じゃな~」と言った。
彼女は少し怒った口調で、「も・・・もう!・・・ふあああぁ」と喘いでいる。

「い・・・入れてくだひゃい・・・おねが~い」

震えた声で頼んできたので俺は彼女を抱っこして彼女をベッドの上に下ろした。
すると彼女は俺をベッドに倒し、俺の上に乗っかってきた。
そして俺の勃起したちんこを手にしたかと思うと、それを自分でまんこにあてがった。
俺は初めてのやり方に戸惑っていたが、彼女は俺のちんこにまんこを必死に擦り付けて入れようとしている。
やがて亀頭の部分が入ると、「ふわああああああぁぁぁ」と言いながら自分の体を少しずつ沈めて中に入れていった。
俺は彼女の胸を必死に手を伸ばして揉んだ。
彼女は、「はぁ・・・はぁ・・・う・・・ひい」と言いながら俺の上で必死に体を上下している。
そしてついに彼女の中に俺のがすべて入った。

「うん・・・うん・・・あ・ああ・ああああぁぁ!」

その瞬間、彼女は体を反らせて1人でイッてしまった。
ものすごく締め付けられて、まんこの中はヒクヒクいっていた。
彼女はそのままぐったりしてしまい俺の方にもたれかかってきた。
「はあ・・・はあ・・・はあ」とかなり息が荒かったので、そのままにしておいてあげた。
しばらくすると彼女は起き上がって、「ごめんね、1人でイッちゃった・・・」と言った。
そんな彼女はもうどうやら酔いは醒めているらしく目は虚ろではなくなっていた。

彼女は打って変わり、「お姉さんがちゃんと最後までイカかせてあげるね」と言った。

それはいつもの上から物を言う彼女だった。
そう言って彼女は俺のちんこを自分のまんこから抜いて口に咥えた。
彼女は俺の玉を片手で揉みながら俺のちんこを舌で刺激してきた。
彼女のフェラはとても上手くて、俺は学校でしてもらうときも2分と持たない。
案の定、すぐに彼女の口の中に出してしまった。
・・・が、彼女はそれを飲み終えた後も俺のを離そうとしない。

「どうしたの?」

「さっきのお返し」

そう言うと、また俺のを刺激し始めた。

「イキそうになったら・・・んぐ・・・言って」

俺はすぐにまたイキそうになった。
彼女に「やばい」と言うと、彼女は俺の膝の上に乗っかってきて、そのまま俺のを再び挿入したかと思うと腰を上下し始めた。
俺は「あかん・・・」と言いながらも彼女の中でそのままイッてしまった。

俺らはその後も何度もやったが、ついに日が暮れてしまった。
俺は彼女に、「そろそろ帰らなきゃ」と言ったが、彼女は「帰っちゃやだ」の一点張り。
俺は仕方なく親にダメ元で、今日は友達の家に泊まると電話すると、奇跡的にOKが出た。
彼女はすごく喜んだ。
そして、「じゃあ買い物に行こう」と言った。
俺は「2人でいるところ誰かに見られたらやばいやん!」と言ったが、半ば無理やり車に乗せられた。

(知ってる人に見られるかもしれない、もしかしたら親に見つかるかも・・・)

俺の顔は青ざめていた。
すると彼女がそんな俺を見るなりクスッと笑い、「可愛い」と言ってきた。
その態度に俺は腹が立ち、「笑い事じゃないよ!」と本気で怒鳴った。
すると彼女は突然進路を変えて、「ちょっと離れたところに行くから」と言った。
俺はホッとして彼女にお礼を言った。
彼女は逆に謝ってきた。

俺たちは隣町のホームセンターに着くと買い物を始めた。
俺は特に買うものはなかった。
彼女は今晩のおかずとお酒(ビールとワイン)を大量に買い込み、最後に俺を置いて何かを買いに行った。
約1時間くらい買い物したあと、彼女の家への帰路に就いた。
幸い、知っている人には出会わなかった。

彼女の家に着くと、彼女は軽く俺にキスをして、「やばいよ・・・すっごい嬉しい」と言ってきた。

「俺も」と言った。

彼女はそのまま夕食の支度に取りかかった。
彼女のエプロン姿。
この顔でエプロンを着けると、エッチビデオみたいで妙に違和感があった。
彼女が何を作っているのか気になり覗こうとしたが、彼女は「だ~め、ちゃんと座って待ってなさい」と言い、何を作っているのか教えてくれなかった。
俺はテレビを観ながらも落ち着かなかった。
正直、先生とこんな関係になってしまったこと、親にばれるかもしれないという恐怖でいっぱいだった。

彼女が料理を運んできた。
パスタだった。
意外に普通だったが中身はまったく違った!
むちゃくちゃ美味しくてマジにビビった!

ご飯を食い終わった後、彼女は「お風呂に入ろ!」と言ってきた。
俺は正直かなり恥ずかしくて、「一緒には・・・」と言ったが、彼女は「今さら何照れてるの!」と言い、俺は手を引っ張られて風呂まで連れて行かれた。

彼女は何の躊躇もなく裸になった。
俺は恥ずかくて躊躇していた。
しかも彼女の裸を見たせいで、ちんこが立ってしまった。
しかしそんなことも知らず彼女は、「早く!」と俺をせかしてきた。
彼女は俺が躊躇っているのを見ると俺の服を脱がしにかかった。
俺は彼女に素っ裸にされた。
彼女は俺のちんこを見ても何も言わず、ただクスッと笑い、俺の手を引っ張り風呂に入った。
バスタブにはもう湯が溜まっていた。
どうやら飯を作る前に、あらかじめ湯を張っていたらしい。

彼女は先にお湯に浸かり「早く入って!風邪引くよ」と俺を促した。
俺は自分の手で前を隠し言われるままお湯に浸かった。
かなり狭かったので必然的に彼女に背中を向けて彼女の足の間に腰掛けた。
彼女は後ろから抱きついてきた。
俺はますます自分のモノを押さえることが出来なくなっていた。
しばらくその体勢で湯に浸かっていた。
彼女は湯船から出て頭を洗い始めた。

「ほら!たっくんも早く!」

俺も湯船から出た。
彼女は俺の頭を洗ってくれた。
そのまま体を洗っていると彼女が「背中流して」と言ったので、俺は彼女の背中を洗った。
しかし俺は自分が抑えられなくなり、彼女の背中を素手で洗い始めた。
彼女の背筋に反って下から上に指でつーっとなぞると、彼女は「・・・あん」と感じた。
その声で俺は理性を失った。
そのまま彼女の胸に手を回し、彼女の乳首を洗い出した。
石鹸で滑ってうまく出来なかったが、「ぅん・・・ハア」と彼女は感じている。
俺は彼女の首筋に着いた石鹸を舐めた。
彼女はビクッとなったが、「だめだよ、たっくん、ちゃんと洗って・・・」と言った。
俺はかまわず乳首を愛撫し続けた。
俺は言われた通り彼女を洗うために彼女のまんこに手を伸ばした。

「アッ・・・ダメ・・・。そこは」

俺は構わずに彼女のまんこを洗い始めた。
もうかなり感じていたらしく、まんこは石鹸と愛液でクチュックチュッと音を立てた。
俺はそのまま片方の手で彼女のお尻の穴を洗ってあげた。
さすがにこれには恥ずかしかったらしく、「だめだよ・・・汚いよ・・・」と言った。
俺は「汚くないよ」と言い、綺麗に洗ってあげた。
彼女のまんこを洗い続けると、「・・・あぁ・・・ひゃぁ・・・くっ・・・」と次第に彼女の声が大きくなっていったので俺は彼女のクリトリスに手を伸ばし、それを突っついたり、軽く摘んだり指の裏でしごいたりした。

「ああ!だめだよ・・・そんなにしたら・・・あん・・・」

彼女は喘いで俺にもたれかかってきた。

「気持ちいいの?ねえ?」

俺は言葉責めをした。

「や~ん・・・たっくん気持ちいいよ~・・・あふっ」

彼女は今にも失神しそうなくらいに叫んでいた。
そのまま彼女の穴に指を突っ込もうとしたが、ふとクリトリスだけでイカせてみたいと思い、そのまま彼女のクリトリスを愛撫し続けた。

「あ・・・もう・・・だめぇ・・・ああ!」

彼女はイッてしまった。
そのまましばらく彼女はぐったりしたまま動かなかった。
ただ彼女のまんこだけはヒクヒクと動いていた。
俺は彼女に、「ごめん、我慢できなかった」と謝った。

彼女はしばらくぐったりとしていたが、目の前に俺のちんこがあるのを見ると、「フェラしてあげる」と言った。
俺はそのままバスタブの縁に座るように言われて座った。
彼女は俺の前で四つん這いになると、「覚悟しなさいよ!」と言い、俺のちんこを握った。
彼女は俺のちんこの根元から上に舌を這わせた。
俺はそれだけで、「ああ!」と声を出してしまった。
彼女はその声を聞くと、「声を出しちゃだめ!」と意地悪を言ってきた。
そして彼女はそのまま俺のを咥えると舌を使って俺の亀頭を刺激してきた。
風呂場には水の滴る音と彼女の唾液のジュルジュルという音だけがしていた。
彼女は俺を上目遣いで見ながらフェラをしてきた。
俺は必死に目を逸らしたが、目を逸らすと舐めるのをやめて焦らしてきた。

「ちゃんと見てくれなきゃ続けてあげないよ~」

口から唾液を垂らしながら言ってきた。
俺は彼女を見て、「ごめんなさい」と言った。
彼女は「分かればよろしい」と言い、また俺のを舐めてきた。
しかし彼女と目を合わせているとすごく感じてしまい、そのまますぐにイッてしまった。
彼女の口に出してしまったが、彼女はそれを飲み込んだ。

それで終わりかと思ったが、彼女はそのまま口を離さない。
彼女はまた舐め始めた。
俺はさすがにやばくなって、「やめてよ」と言った。
彼女は、「だから覚悟しなさいって言ったでしょ」と言った。

「う・・・ダメだって」

「じゃあ、また後でしてくれる?じゃなきゃや~だ」

俺が「わかったから」と言うと、彼女はようやく俺のから手を離してくれた。
そして俺は彼女のまんこを洗い流してあげ、彼女が俺のちんこを洗い風呂を出た。

家に帰ると姉がいた。
親は買い物に行っていていなかった。
すると姉が、「朝帰りならぬ昼帰りとはなかなかやるじゃない」とにやけて言ってきた。
俺は、「バカ!んなんじゃねーよ!」と言ったが、内心かなりドキドキしていた。

幸い親は何も言ってこなくて事なきを得た。
彼女とは夏休みまで何もなかった。
と言うより、何も出来なかった。
放課後や休み時間に友達と一緒に会いに行くか、電話をしたりするぐらいだった。
さすがにまた彼女の家に泊まりに行くことは親の目を気にして出来なかった。

タイトルとURLをコピーしました