週末になると疼き出す不倫妻との情事

この体験談は約 2 分で読めます。

10年間、飽きずに抱き続けている不倫の人妻がいる。
週末になると下半身がウズウズしてくる。

生理で出来ない時は手で出してもらう。
胸を舐めているうちにすぐに感じ始める。
出す時は頭を持ち、激しく舌を絡ませながら出す。
あるいは顔を下半身に持っていき、しごかせて硬くなったあそこを見せながら出す。
人妻の顔や髪に精液が飛び散る。
セックスで出す時はだいたい正常位。
顔を見ながら唇を重ね、舌を絡ませてイクからだ。

ベッドの上で四つん這いにしてお尻に手を置き、あそこがぱっくり開くまで広げる。
片手で硬くなったモノを握り、先端だけを出したり入れたりする。
肛門もヒクヒクしてきて、あそこ全体が汗をかいたように濡れ始める。
抜くと二つに割れたヒダが見える。
そして挿入。
パコパコと音がするまで入れたり出したりする。
声が大きくなり始めたら奥まで挿入。
速度を速めて出し入れする。
出し入れするたびに人妻の肉襞がヒクヒクしている。
親指で肛門を優しく撫でてやる。
汗をかいたように湿っぽい。
そこを舐めたい衝動と、そのまま出したい衝動に駆られる。
今にもイキそうなモノを抜いて、ぽっかりと穴の開いたあそこを口全体で舐め上げる。
しょっぱい味とオシッコとも言えない女の臭いがする。

人妻の身体を返して上に乗る。
両手を上にあげて唇を吸う。
そこから顎の下、首、脇を舐め上げ、胸を舌と唇で転がすように舐める。
だんだんと下まで舐めていき、おへそ、股まで舐める。
足の付け根に舌を這わせて濡れたあそこに口を付け、舌を挿入して汁を吸う。
顔を上げ、太ももの内側も丹念に舐める。
開いたあそこを眺めると、汁が鼓動に合わせて流れてくる。
シーツまで濡れている。

そこにコンドームを付けて挿入する。
熱い。
人妻は苦痛ともとれる顔をする。
後は出すだけだ。
いつでもイケる。
あそこのぬめりを感じながら激しく動き、奥の奥まで挿入するように腰を入れる。
激しく喘ぐ人妻。
相手の声が止まりそうになる時を狙って、絞るようにして出す。
そして唇を重ねて抜く。
仰向けになって力尽きたようになった人妻の肢体を見る。
この時の姿が一番好きだ。

タイトルとURLをコピーしました