巨ビラな彼女

この体験談は約 2 分で読めます。

初めては20歳の時。
相手は会社の後輩、新入社員でした。
丸顔でぽっちゃり、153センチの黒髪ストレートな子です。

彼女も処女でした。
お互いエッチに興味があり、結構普段から軽いエロトークはしていました。
でも、年上のプライドというか、童貞だということが恥ずかしくて言えず、「経験はあるから教えてあげる」みたいな流れになってしまいました。

初のホテルは上野でした。
服の上からは触ったことのある胸がついに露わになりました。
巨乳とは思っていましたが、Gカップのようです。
大きいせいかだいぶ垂れていて、乳輪は大きく、乳首は小豆程度でした。

僕も毛が生えてから初めて人前でフルチンになりました。
恥ずかしながら仮性なので、出す時に剥いてから、「これが大人のおちんちんだよ」と、彼女が知らないのをいいことに見せました。

ついに念願の彼女のショーツに手をかけます・・・。
童顔の彼女からマン毛が生えてることも想像出来なかったので、毛を見た瞬間、心臓が飛び出すほど興奮しました。
そして一気に脱がせ、初めて見た彼女のおまんこは・・・。
ビラビラがすごく大きくて、(玉袋がついてる!)と思わせるほどでした。
まさか、そんな巨大なビラビラが、童顔の彼女の股間から顔を出すとは思わなかったので、「うわ、すごっ!」と言ってしまいました。
そのビラビラを弄りながら・・・。

僕「すごいビラビラしてるね~」

彼女「そうなの?」

僕「うん、びっくりした!でもそれがいい!」

彼女「じゃ私、他の人より大きいんだ・・・あまり引っ張らないで・・・伸びちゃうから・・・それと誰にも言わないでね」

僕「何を?」

彼女「私が巨ビラだってこと・・・」

その一言で興奮して一気に果ててしまいました・・・。
でも、早漏も知らない彼女なので、知らぬ振りして続けて数発しました。

以来、彼女は自分のビラビラがデカいと思っています。
改めて測ったら、片方4センチくらいでした。
ある意味2人だけの秘密を共有できたので・・・いつか誰かに話したいですね(笑)
それを気にしてかどうか分かりませんが、昔から同性と温泉に行ったことがないようです。

で、その彼女が今の妻です。
この告白を見たら一発でバレそうですが(笑)