酔った未亡人を夜の公園でイカせてセフレにしました

この体験談は約 4 分で読めます。

ピアノメーカーの営業マンとして出発した頃、当時、私は電車通勤をしておりました。
大体、朝同じ時刻の電車に乗るのですが、通勤途中の密かな楽しみのひとつが、同じマンションの10階に住む加藤さんの奥さんと一緒の通勤時間でした。
加藤さんの奥さんは、名前を美砂さんと言って、30歳の美人です。
このご夫婦とは前年、町内会のソフトボール大会で一緒になり、それ以降、朝晩挨拶を交わすようになっていました。
とても清楚な奥さんで口調も朗らか、朝は「おはようございます」、夜は「おかえりなさい」と優しく声を掛けてくださるので、次第に好感を飛び越して、(ヤリたい!)と心の中で思うようになりました。

朝、駅へ向かう時、前を歩いている奥さんの左右にプリプリと揺れる豊満なお尻を見てドキドキしたり、満員電車の同じ車両で体が触れたりするとオチンチンがはち切れそうになったりもしました。
仕事からの帰り道、一緒に軽く会話をすることがあるのですが、某出版会社の管理職をしているという話でした。

そんなある日、マンションの住民から加藤さんの旦那さんが脳梗塞で亡くなったという話を耳にしました。

(まだ若いのに、この先、奥さんはどうするのだろう?)

気になってなりませんでした。

それから半年以上経ったでしょうか、ある週末の夜、私は会社の接待で遅くなり、最終電車に揺られていつもの駅で下車しました。
混み合うタクシー乗り場を後にして、1人トボトボと歩いて帰宅途中、マンションにほど近い公園付近で加藤さんの奥さんを見つけました。
奥さんはベロベロに酔っ払っているようで、まったく真っ直ぐに歩けない状態です。
金ボタンに白いミニスカートのスーツ、旦那さんが亡くなる前と変わらない美貌です。

ドキドキしながら近づいて、「奥さん、大丈夫ですか?」と肩を抱き寄せると、「あらっ、金田さん!ヒックッ」ってな感じで目がトローンとしています。
相手が私だとわかった途端、奥さんは気を許したのか、「あぁ~んっ、酔っ払っちゃったのぉ」と甘い声を出しながらフラつく足で寄りかかってきました。

「奥さん、こんなに酔っ払っちゃって変なのに遭遇したら危険ですよ、ボク送りますから」

そう声を掛けながら奥さんに寄り添うと・・・。

「ごめんなさい、こんなになるまで飲んだのは初めてなの」

お酒と甘い香水の入り混じった大人の香り・・・ますます色っぽく感じます。
歩いている途中でハイヒールが脱げてしまって、片足をヒョイと上げた瞬間、豊満な太腿を覗かせるミニスカートの切れ目から白いパンティがチラッと見えました。

「奥さん、ちょっと公園のベンチで休んで行きましょう。こんなところを誰かに見られちゃったらマンションで噂になりますから」

そう言って奥さんを深夜の公園に連れて行きました。
公園のベンチに座らせて、すぐ近くの自販機で缶コーヒーを買い、奥さんと一緒に飲みながら語り合いました。
聞けば奥さん、ご主人が亡くなってから職場でセクハラまがいの扱いを受けたり、姑からは、「どうして子供を作らなかったのか?」と責められたそうです。
自宅で1人寂しい日々を過ごし、やるせない気分になり、今日は会社の後輩を連れて居酒屋へ行き、ついつい飲み過ぎてしまったとのことでした。

しかし私は、そんな身の上話も上の空。
白いスーツからはち切れんばかりのロケットのような豊満なオッパイ、きれいにくびれたウエスト、ムッチリとした美尻に生唾ゴクリ状態です。
男心をくすぐるエロ可愛い顔に、これ以上ない豊満な肉体、しかも未亡人とくれば、当時若かった私が我慢できるはずもありませんでした。

「奥さん、辛かったでしょう。奥さんの気持ち、よく分かります。何かあったらいつでも僕に相談してください、何とかしますから」

そう耳元で呟き、そっと唇を奪いました。
最初は軽く合わせた唇に驚くかと思っていましたが、すぐに奥さんの方からねっとりと舌を入れてきました。
それどころか唾まで私の口の中に入れて、微かに興奮した吐息が確認できます。
奥さんとセックスして思いっきり中に出したいという気持ちに火が点きました。
ベンチに腰掛けて、濃厚なキス&愛撫を繰り返し、ミニスカートの中に手を入れてアソコを撫で回すと・・・。

「ハァッ、クッ!」

甘い声を出して私の首筋に吸い付いてきます。
パンティの中に手をねじ込み、おまんこに指を入れるともうグッショリでした。
久々に味わう男の愛撫に未亡人も声を殺して、「クッ、ンハァッ、ンンンッ、ハッ」とリズミカルに感じています。

そっと立ち上がり、土管で作った遊具のトンネルの中へ奥さんを導きました。
そこで一気にスカートとパンティを脱がし、下半身を剥き出しにすると、怒り狂って鉄のようになったオチンチンを蜜が溢れ出る奥さんのおまんこにニュルッと奥深くまで挿入しました。
奥さんはかなり愛撫で感じていたせいか、私の男根を奥深く入れた瞬間、絶頂に達したようで、「クハァァァァッ~ッ」と全身を痙攣させています。

「はぁっ、金田さんもうダメ!感じちゃって声が・・・ウグッ、あぁイイィ~っ!」

そのデカい尻を振って悶えます。

「声が出ちゃうッ、あっ、クハァッ」

奥さんは自らハンカチを咥えて歯を喰いしばります。
もうこうなったら高速ピストン攻撃です。
奥さんはイキまくり、ここが深夜の公園ということなど忘れたように声を出すので困りました。

その後、マンションへ一緒に帰って、奥さんのベッドでやりまくったのは言うまでもありません。
こうしてキャリアウーマン未亡人は、私専属の中出しセフレになりました。