患者さんのペニスをオカズにローターで

この体験談は約 3 分で読めます。

看護婦の職に就いてます。
綺麗事だと言われるかも知れませんが、人を救いたいという気持ちでこの職を選びました。
女医になれるほど頭が良くなかったので、看護婦になりました。

看護婦の仕事は想像以上に大変です。
大変そうだとは言われていますが、本当に大変なんです。
夜勤はホルモンも崩れますし、一般の人と生活のリズムが合わないので出会いもありません。
医師か、男性看護師くらいですが・・・。

私がこの職に就いて一番つらいと思うのは・・・正直言って性欲です。
女友達は生理前に性欲が強くなって、「相手は誰でもいい・・・」みたいな感じになると言いますが、私の場合は夜勤のたびに、そういう感じになってしまいます。

誰にも言ったことはありません。
なんとなくはしたない気がしてしまい、性欲について語れないんです。
(女友達のことをはしたないと言っているわけではありません!)

夜勤は結構暇です。
たまに立て続けにナースコールされる場合がありますけど、基本的に暇なんです。
消灯の後なんか時間を持て余したりします。
夜勤は体力消耗しますが、やることはあまりないんです。

そんなとき、私は積極的に男性患者さんの見回りをします。
カーテンを開くと何か変な動きをしている患者さん、下半身を丸出しにしている患者さん・・・。
ギャグじゃなく、本当にいるんです。

嫌悪感を覚えるときもあります。
でも、欲情するときもあります。

(おチンチンが欲しい・・・)

なんか恥ずかしいですが、アソコが熱くなることがあります。

(触りたい、舐めたい、アソコに入れたい・・・)

そう思うことがあります。
私生活で男性がいないので、患者さんに対象が向いてしまうんです。
その患者さんに恋心を抱いているわけじゃなくて、ただおチンチンが欲しいんです。

だからと言って、患者さんに飛びつくわけにはいきません。
逆セクハラですし、そんなことで職を追われたら今まで積み重ねてきたものを失うことになりますから。
動物になることはできません。

仕方がないので、私は病院にローターを持ち込んでいます。
深夜の病院のトイレで自分でやります。
おかずは、患者さんのおチンチンです。
硬くて血管が浮いていて・・・。
そのおチンチンを口に入れて、たっぷりしゃぶる想像をします。
亀頭の部分を丁寧に舐める・・・。

私は洋式のトイレに座りながら白衣のズボンを半分くらい下ろします。
パンツも一緒に下ろします。
そして白衣の上から胸を揉みます。
白衣の布は固いので、中に手を入れて直接揉みます。
乳首が立って、胸は熱いです。
片手で揉みしだきながら、もう片手であそこにローターを当てます。
クリトリスに当たると声が出そうになります。
唇を噛んで我慢します。
腰がビクンと動いてしまい、手が濡れます。

患者さんのおチンチンをあそこに抜き挿ししているイメージで、腰を動かしてしまいます。
胸を揉んでいたほうの手をアソコに当てて、中指を入れます。
濡れているので、するっと入ってしまいます。
ざらざらしている膣の中を指で掻き混ぜます。
くちゅくちゅと、おツユが鳴り、誰かに聞こえてしまうんじゃないか・・・と思い、ローターを持った手で音姫のボタンを押します。

もう1回、ローターを当てて、イキそうになります。
奥歯を噛んで、ローターをクリクリと押し当てます。

「ん・・・」と声を出して、眉間にしわを寄せて・・・。

そのまま、ふわっとして、イキました。

しばらくぼんやりしたあと、ローターをポッケに仕舞い、個室を出ました。
手を洗いながら鏡に映った自分の顔を見ると、ほっぺが赤くなっています。
目も潤んでいるし・・・恥ずかしいです。

そして、また患者さんの見回りをします。
ポッケにローターが入ったまま患者さんに接するのはハラハラします。

看護婦だって人間ですし、女ですから性欲はあるのが自然だと思いますが、やっぱり周りの人には秘密にしておきます。