信じてた中学の同級生に自宅で犯された

この体験談は約 5 分で読めます。

結婚して2年目の主婦(29歳)です。
実は、結婚する前に2人の男性から交際を申し込まれて、今の主人を選び結婚しました。
もう1人は中学の同級生でした。
昔から仲が良かったし、兄弟みたいで、恋愛が考えられなかったから断ったのです。
それでも彼は諦めないと言い、私が結婚したときは落胆していたけど、その後もいい友達関係でした。
・・・と思っていたのは私だけかも・・・。

同窓会の帰りに送ってもらったり、「今でも綺麗だね」と言われたり、私に好意があることを知りながら私も彼をいいように使っていました。
主人はメカに弱く、パソコンや車が故障すると彼に聞いたり、修理に来たりしてもらっていました。
主人も彼の気持ちは知っていましたが、私のことを信用していました。

ある時、パソコンを直してもらって、時間が遅くなったのでお茶もせずに帰ってもらったことがあり、主人も「お茶くらい出したらよかったのに」と言っていたので、改めて彼を家に呼びました。
主人は土日休みの人で、彼は平日休みの人。
だから彼と会うのは平日です。
主人は同窓会の帰りに送ってくれることや、たまに映画に行ったりすることは知りません。

彼と客間で他愛のない会話をしていました。
時間が経つと彼は、「やっぱ綺麗だね」とか「もし俺と結婚してたら・・・」なんて少々雰囲気が怪しくなり、私もはぐらかしながらおしゃべりしていました。
すると急に夕立ちが降ってきて、私は部屋の窓を閉めました。

「すごい雨だね!他の部屋も閉めてくるね!」

そう言って客間を出ました。
晴れてた空はたちまち暗くなり、部屋の中は夜みたい。
慌てて寝室の窓を閉めて振り返ると、彼が立っていました。
真っ暗な中に佇んでいるので私は一瞬ギョッとし、次の瞬間すごい雷の音がして、「キャッ!」と叫ぶと、彼に抱き締められました。
雷で怯んだ私を、彼はそのままベッドに押し倒しました。

「ちょっ・・・」

抵抗しようとしたけど、両手を押さえられ、馬乗りになられて動けません。

「どうしたの?」

怯えながらも笑ってみましたが、彼は真剣な顔です。
すぐに口、首スジにキスをされました。
私は首スジがとても感じやすく、その状況もあってか動揺する気持ちとは別に全身の鳥肌が立ち、乳首が立つのを感じてしまいました。

「ちょっと・・・ダメ・・・やめて・・・」

私の言葉を彼が聞くはずもありません。
もともと身長もあり大柄な彼は、たやすく片手で私の両手首を頭の上で押さえてしまいました。
自由になった彼の片手から逃げるように体をくねらせましたが、すぐに上着の下から彼の手が入ってきました。
その手はブラを引き上げ、Fカップの胸を鷲掴みにしました。

「綺麗だ・・・ずっとこうしたかった・・・」

執拗に耳や首筋を舐められました。
主人とは違う男の匂い、感じてしまう体、恥ずかしさ、困惑、動揺・・・。
もう訳が分からなくなってしまいそうでした。
彼の力にされるがままになりつつも、時々主人の顔や、いつもの彼の顔や、中学の時なんかを思い出して、「よくないよ。ダメだよ」と彼を嗜めるように抵抗しました。
でも、彼の硬いモノが足に当たると恐怖も感じました。

「無理だよ」

そう言っても彼はやめるはずもなく、上着を引き上げ、胸が彼の前に曝け出されました。
薄暗い部屋の中とはいえ、主人とも部屋を暗くしてするのに恥ずかしくて、「やだ・・・」と激しく抵抗しましたが、彼は私の手首を押さえ、胸にキスをしてきます。
きっと強引に乱暴にされると思っていたのに、乳首を避けて焦らすように攻めてくる彼の舌使いに乳首は痛いくらい勃起していました。
彼が乳首に吸い付いた時は思わず、「あっ・・・」と声が漏れてしまいました。
自分の家で大声を出すわけにもいかず、彼から顔を背けるしかありません。
彼は赤子のように音を立てながら吸い付いてきます。

「ダメよ・・・ダメだって・・・」

私の声にも力が入りません。

(もう、なるようにしかならないかも・・・)

そのとき、彼の片手が私のジーパンのジッパーを下ろしました。
半ば諦め気味だった私も思わず我に返り、できる限りの抵抗をしました。
本当は濡れてることを知られたくなかったのかもしれません。
彼は膝上くらいまでジーパンを下ろすと強引にパンティーの隙間から指をねじ入れてきました。
グチョっと彼の指を受け入れてしまう私のあそこ・・・。

「濡れてるよ」

彼の言葉に恥ずかしさでカァっと全身が熱くなりました。
彼は指や手のひらを使ってわざと音を立てます。
激しい雨の音の中でもそれがハッキリ聞こえるくらい。

「あっあっあぁっ!」

私は簡単にイカされてしまいました・・・。
一瞬、彼に解放されましたが、私は逃げることを忘れるくらい放心状態で、その間にジーパンとパンティーを一気に脱がされました。
上着とブラだけを脇下に引っ掛けた私はきっとふしだらな格好だったと思います・・・。

彼はそんな私をうっとりと眺め、「優しくするから抵抗しないで」と言いました。

足を全開にされ、抵抗しても膝を左右に割られ、主人にもまともに見せたことのない私のあそこがパックリと開かれてしまいました。
これまでの抵抗で私の頭は壁とベッドの角にあり、逃げることができません。
それでも彼の頭を押さえて抵抗していると、「乱暴にするぞ!」と急にドスをきかされ、もうすすり鳴くしかありませんでした。

「泣かないで・・・乱暴にしたくはないから・・・」

再び彼は優しい口調に戻って私の脚の間に顔を埋めました。

ピチャ・・・クチャ・・・。

優しく舐められ、私のそこはヒクヒクしていました。
そこに指を出し入れされると私の体はピクピクッと反応していました。

「感じやすいんだね、僕の想像してた通りだ」

彼はそう言いながら指を入れたままクリトリスに吸い付きます。

「あ、ああぁ~んっっ!」

私は2度目の絶頂を迎え、脱力してしまいました・・・。
ここまで来ると、裸を見られてることもどうでもよくなってしまい、ただ相手が中学の頃からよく遊んだ幼なじみだと思うと、その彼の前で脚を全開にしている私は私でないような、彼は彼でないような気がしていました。

脱力した私をうつ伏せにして腰を持ち上げると、今度はお尻の方を舐めてきました。
主人にもされたことがありません。

(入れられてしまうの!?)

恐怖で、「そこはダメっ」とお尻をくねらせても執拗に舐めてきます。
彼の唾液と愛液が腿の内側を伝います。
彼がモノを取り出して擦り付けてきます。

「ダメッ・・・」

そう言いながら、私は高くお尻を持ち上げていました。
大きい彼のモノが私を突き上げ、あとはもう声にならない3度目の絶頂を迎えました。

「アッアッアッアッアッアッ・・・!」

声の漏れる私の口を押さえながら覆いかぶさるようにバックから私を突き、「クぁあっ!すごい締まる!」と言いながら動きを速める彼。

「ダメッ!それだけはっ!」

我に返る私を無視して彼は私の中で果てました。
2人ともぐったり・・・。
彼は「ごめん」と言って私に布団を掛けると玄関から出ていきました。

私は泣きました。
でも体が反応してしまったことは否定できません。