プリケツの女上司と民家の裏で青姦

この体験談は約 7 分で読めます。

飯屋で定食を食っていると、女課長と偶然居合わせて、その後飲みに行って路地でやっちゃったのを思い出す。
俺は別会社からの出向だし、あまり話もしたことなかったので飯屋では、「どうも」「はー、どうも」みたいな感じでお互い焼き魚をボソボソ食っていた。
先に食い終わった自分が外でタバコに火をつけると、課長がすぐに出てきてまたペコリ。
課長の横顔を見たら結構可愛いじゃんと思ってしまった。

課長がスマホを突き出して、「ここのカラオケ付き合わない?」って言われたとき、なぜだかちんこの下がぞわぞわと来た。

暗くなった街を歩きながら、「俺君の会社は◯◯町だよね」とか儀礼的な感じだったのが、カラオケに入った途端に課長はアゲアゲで連続熱唱。
この人が仕事できるのがなんとなく分かった気がした。
歌いながらも俺への気遣いはできているし、なんていうか空気をパーンと変えてしまうハイスペックエンジンを持っているって感じ。
学生時代もこのパワーで他を圧倒したに違い。
いつでもどこでも平均点のボーダーをうろうろしている自分とは住んでる世界が違う。

俺:26歳。
課長:36歳。

太めのポンキュッパ。
特にケツがデカイ。
大柄な体格のせいか、とにかくデカく感じる。
顔は浜崎あゆみにクリソツ。
黒髪のあゆにブルーフレームのメガネをかけた感じ。

その後、カラオケ屋の上のバーに移動。
ワインをガンガン飲んで課長の目尻が下がってきてなんだか可愛い。
自虐ギャグでケラケラ笑っている。

「俺くん、お酒強いね」って言ってまた笑う。

童貞ではないけどチキンの俺にはもちろんどうにも出来ない。
課長が膝に手を乗せてきてもビリビリきているのに、「はあ・・・」とかって何もできない。
出向の身では相手先の課長なんて神のような存在。
もしも下関係で下手うったら間違いなく首が飛ぶ。
暴行、強姦、業務上なんたら・・・。
やっぱり俺にはムリだ。

その後、客が混んできて騒がしくなったので、耳元で「え?なんです?」とかって聞き返すようになってきた。
課長が顔を近づけてきてくるたびに甘い匂いがしてきて俺の股間はずっと半立ち。
聞こえているのに聞こえないふり。

(パンツに手を突っ込んでワシワシしてえ!)

課長の髪が頬にかかってむず痒い。

(エエ匂いやー)

課長のよく動く真っ赤な唇。
肩をドンと当ててきたり、寄っかかってきたり、周りの目からはほぼ恋人状態。
腕を組んできたとき、課長の想定Gカップが腕全体を包み込む。
ほんとデカかった。
去年別れたBカップ女が一瞬で場外に消し飛ぶくらいデカかった。

バーを出て階段を下りる頃にはできあがった課長を俺が支えていた。
課長の手は俺のスーツをがっつり掴んでめちゃ力が強かった。

「次、行こうー!」

2人でヨレながら路地を右へ左へ徘徊する。
自販機の前でゲラゲラ笑いだした課長は小銭を投入するもちゃんと入れられない。
俺が手伝ってやってミネラルを買うと自販機に背中をつけて揺れながら飲んでいた。
課長の乱れた髪ややんちゃな仕草に俺はもう喉がカラカラで臨界点を行ったり来たり。
手を伸ばせば届く距離なのにそれができない。
なんなんだよクソへタレ、けっ。

そのとき課長が「ふふふ」と笑って俺の胸に身をうずめてきた。

課長「俺くん飲んでますー?」

課長が差し上げた手からミネラルのシャワー。

俺「のわわ・・・」

なんだよこの人。
俺の顔を覗き込み、体を揺すりながらケタケタ笑っている。
そのとき俺の中で何かが弾けた。

課長を自販機に押し付けてキスをしたら課長の舌がするりと入ってきた。
俺は小躍りするくらいの達成感に夢中で舌を絡める。
猛烈なベロチュー。
通行人のおじさんが、「おおー」とニヤニヤ。
ありえない状況に脳みそが正常判断ができません。
もう、やることだけが現状正義だった。
誰かに見られたら?なんて概念はすっ飛んでいた。

課長の唇は軟体動物のようにむにゅむにゅ動く。
柔らかい唇と舌で貪り合うようなディープキス。
2人の唇周りは互いの涎でテカテカ。
後ろを通り過ぎるゲンチャリww
カキコキになったチンコを課長の筋肉質な腰に押し付ける。
課長も負けずに押し返してくる。
そして課長の細い手が俺の股間辺りでもぞもぞしている。
チンコを触ってきそうでこない。
俺の腰は課長の手を求めて彷徨う。
もどかしくて気が狂いそうだ。

うちの会社は業種の関係で女性の活躍がかなり目立つ。
オジサン社員なんかはまったく出番がない部署がざらにある。
社内のヘビーピラミッドは新入社員でさえ3日もいればわかる。
さらに俺みたいな出向系はヒラエルキーの底辺。
同じ空気を吸っているというだけで君主と下々の者の差がある。
社内でたまに見かける課長は典型的なエリートツンデレ。
その課長と俺。
ありえん。

そのとき、車が路地に入ってきた。
急に目の前が明るくなり、車が徐行しながら通り過ぎた。
なぜかおかしくなった。
2人で目を合わせて笑った。
課長の笑ったタレ目が子供のようだった。
そしてもう一度唇を合わせると鼻と鼻がくっついた。

課長「びっくりだよね」

俺「だよねー」

なぜかタメ口。

課長「俺くん大胆」

俺「ぱねーす」

課長「ぱねー、あははは」

笑いながら俺の腕を振り回す課長。
俺の主導権ゼロ。
植え込みが覆いかぶさるような狭い路地に入る。
課長の目は笑っているけどマジだ。
キスをせがむように顎を突き出してくる課長。
目を見つめあったままのベロチュー。

男と女ってこうなるまでにどれくらいのハードルがあるのだろう。
けど、スイッチが入れば大事なポイントなどは軽く端折っていいことに気づく。

課長のタレ目が隣家の灯りで激妖しい。
ほんとにこの人ってこんななの?
まじ女がわからん。

俺は右手を課長の尻の内側に回すと課長がぴくっとなった。
お尻フェチ大発射スーパー満足。
ほんとは両手でガバッと行きたかったけど、まだちょっと怖い。
内ももを揉みながら、今たぶんこれ肛門の縁辺り、今たぶんまんまんの外側辺りと確認しつつ、遠慮気味に揉んでいた。
その度にプリケツダンスしているみたいにクイクイ動く動く。
しかし、プリケツデカすぎww
腰が落ちそうになる課長の反応が面白い。
俺は課長の顎から首をベロベロと舐め回す。
もう病みつき。
甘い味がした。
課長の喘ぎ声がデカくなるたび口で蓋をした。
課長は、「ハムッ!」と言って黙るww
何度も何度も、ハムッ、ハムッ、ハムッww
可愛い。

ついに俺の股間に伸びる課長の手。
課長は爪で引っ掻くように俺のチンコをなぞった。
ガオー!!
俺のチンコマックスカキコキ。
プリケツをワシワシ揉みまくる俺。
次の瞬間、課長が俺のチンコをギューっと鷲掴み。
あまりの唐突な刺激に腹筋が縮んだ。

課長が俺のズボンのファスナーに手をかけた。
ついに来たかと思った。
ファスナーが下ろされ、トランクスの薄い生地越しに課長の細い指が露骨に扱いてくる。

シュコシュコシュコ。

ヤバい。
あまりの刺激に脳幹がじーーーーーんと痺れてきた。
隊長、発射準備完了です。
隣家の子供がお父さんに怒られている。
俺はあなたの家の軒先で課長とズコバコ寸前。
シュールだ。

俺もお返しで課長のまんまんをぎゅっと掴んだ。

課長「いっ」

テンパっていたので強すぎ。
ニット生地がさらさら柔らかくて薄すぎ。

俺「すんません」

課長「いい。そのままで・・・」

俺「う、うっす」

後ろから回した右手と股間でドッキング。
むっちりとしたお尻の感触とぽってりとしたまんまんの感触。
中心部が熱を帯びたみたいに熱い。
課長の反応はビクビクキュンキュン、まじエロゲなみ。
いつしか課長の生手が俺のチンコを触っていた。

(課長、お願いですから一刻も早くイカせてください!)

課長「俺くんカチカチ」

俺「・・・」

常に先手を打たれている感あり。

課長「俺くんエロすぎ」

俺「・・・」

ミッドな人種はエッチの感性もミッドだ。

課長「バカ、変態」

俺「・・・」

課長はもっといっぱいしゃべっていたけど、気の利いたことなど言えない俺は、今にも飛び出しそうなチンコの快感とひたすら闘っていた。

お父さん「◯◯ちゃんだって頑張ったらできるんだよっ」

半泣きの子供「うん、頑張る」

壁ひとつ隔てた外ではバカな大人が発情しているというのにお父さんはエライ。

俺は課長のスラックスに手を掛けするすると下ろした。
デカイプリケツがやはり引っかかる。
すばらしいプリケツ。
やはり女はプリケツだよな。

このとき俺は焦り始めていた。
なぜだか時間が迫っている気がしてならなかった。
薄い生地越しの課長のまんまんに指を這わした。
クロッチの中心部でさえ笑えるほどの大洪水。
課長は俺の耳元でハアハアと息を上げている。
パンツの端から指を滑り込ませた。
あまりに濡れすぎていて股間全体がまんまんだった。
まんまん全体がまんまんだった。
どこを触っても指が埋没する。
30代のまんまんすごすぎ。

俺は最上限カキコキになったチンコを課長のまんまんに擦りつける。
ネチャネチャといやらしい音。
初めて遭遇する俺と課長の体液。
課長が大きく反応する。
男冥利に尽きると思った。
感じやすい女は女神だ。
課長の表情がエロい、エロすぎ。

大柄な課長のまんまんは俺のチンコの位置よりむろん高所にある。
俺が腰の位置を調整することなくシコシコがスムーズ。
かなり具合がいい。
立ちマンは高身長女に軍パイが上がると知った。
しかし、もう出そうだ。
先っぽが課長のまんまんにするりと入った。

「あうっ」

課長は両手を小さい万歳にしてガクガク揺れる。
可愛い、俺ものにしたい!
ゆっくりと中途半端な俺のチンコを埋めていく。
抵抗感まるでなし。
まんまんの締まりもまるでなしww
でもすぐイクよ、課長許してね。
お!
課長のプリケツを両手でがっつり掴んで奥までぎゅーっと入れる。

「いいー!」

課長の大きな声でちょっと漏れた。
つか、ちょっと漏れたどころではなく、もう本隊が発射寸前。
入れてからはひたすらゴールに突き進むという本能優先。
プリケツを鷲掴みんで高速ピストン。

俺「あわわわわーーーー!」

課長「ひいいいいいいーーーーん!!」

植込みがガサガサ揺れる。
それから呆気なく課長の足に着弾。
たぶん1分くらい。

早漏男子ならわかってもらえると思うけど、早漏の勝負は入れるまで。
普段イチャイチャしながら触られるだけでも出そうになるんだ。
俺が責めているとき手コキすんじゃねーよ!
だからこういう入れるだけの野外戦は一層不利になる。
焦りの正体は自分の早漏に対してなんだろうね。
セックス好きだけどトラウマがいっぱいある。

ゴールした俺はスーパー賢者タイム。
一方の課長は抱きついたまま離れない。
路地裏でスーツパンツ下ろしたままのカップル。
しかも下半身剥き出し。
隣家の生活音リアル。
エアコン室外機ブオーン。

その後、そそくさと別れて帰途に就く。
アドレスもなんにも聞いていなかった。

あ、これ2ヶ月前の話です。
課長に遭遇するのは週2~3。
運がよければ朝晩見かける。
見かけてもチキンな俺は下半身からぴゅーっと離脱してしまう。
相変わらず気まずい。
何度かそれとない雰囲気もあったけど、特に進展もしていません。
大人な課長はふんわりとした対応です。

何気に振り返って見るプリケツはたまらん。
あのプリケツを抱えて射精した夏の終わりの思い出は大事に仕舞っておこうと思います。
思えば、定食屋でぼそぼそしゃべったカラオケ大会の話が始まりでした。
もっとも始まってもなかったんですけどね。
俺は惚れっぽいので2~3年は引っ張れる自信アリアリです。
年齢バリア、ヒラエルキーバリアありすぎて太刀打ちできないんですよね。
ははは・・・。

今日も本社に寄って出社します。
どうか今日もプリケツが拝めますように。