美少女なのにビッチな女子大生

この体験談は約 3 分で読めます。

女子大生のミキと出会ったのはネットでだ。
どんなやり取りで始まったのかは覚えていない。
当時、何十人とメル友がいた。
その中で都合がつく女の子と会っていた。

ミキとは7月頃に初めて会った。
なぜかミキは俺のことが好きだと言っていた。
どこがいいのか、メールしただけの関係で何を言っているのかと思わなくはなかったが、簡単に喰えるならそれでいいと好かれたことをラッキーと思っていた。

新宿の駅前で待ち合わせしてご飯を食べに行った。
待ち合わせに現れたミキは、とても女子大生とは思えないくらい幼かった。
ファッションは普通の女子大生なんだけど顔がとてもロリ顔だった。
でも明らかに美少女と呼ばれる部類の女の子だった。

この日は普通にご飯を食べた。
実は何を話したのか覚えていない。
ずっとミキに見惚れていたから。

でも、この時の俺って凄かった。
もちろんメールのやり取りは続いたんだけど、下ネタを平気で送っていた。
『次に会う時はホテルね』とか。
会ってる時に緊張してたくせに、よくそんなことをメールできるなって感じ。
そんなメールの流れで、今度会う時は『ラブホテルに行く』ことを約束させた。

初めて会ってから1週間後、ミキとホテルに行くためだけに会った。
新宿駅で待ち合わせして、そのままラブホへ。
そのまま初エッチ。

ミキは水色の下着を着けていた。
細くてちっちゃい身体に可愛い水色の下着は似合っていた。
おっぱいは小ぶりでBカップくらいだったけど、乳首もピンクでとっても可愛かった。

パンツを脱がしたら特にその部分は全く触ってないのに糸が思いっきり引いていた。
脱がしたパンツも染みだらけだったし。
ミキは清楚な美少女って外見だけど、実は違うのかなって思った瞬間だった。

ミキのアソコを舐めて、そろそろ入れようかなと思った時にミキが俺のを咥えてきた。
なんか美少女すぎるミキを汚したくないから、「口でして欲しい」なんて一言も言ってなかったし考えてもいなかったけど、ミキは積極的だった。
ホントに俺のことが好きみたいで、気持ち良くなって欲しいって感じが伝わってきた。
でも、経験豊富そうだった・・・。

その後挿入したんだけど、ミキは中も良かった。
舐めながら指を入れた時に狭いなとは思っていたんだけど、ただ狭いだけじゃなく凄い柔らかかった。
柔らかくて狭い。
ホントにすぐイッてしまった。

ホテルから出たあとはそのまま帰った。
ホントにこの日は会ってやっただけだった。

その後もメールはもちろん続いた。
ホテルに行った次の日なんかはミキから、『次はバックでもお願い』なんてメールが来た。
積極的な美少女。
見た目はとってもお嬢様で清楚なんだけどさ。

実はこの時に彼女いたんだけどミキとはかなり会ってた。
会ってホテル行くだけだけど。
ビッチっぽかったから正式な彼女にしようとは思わなかったけど、都合のいい美少女をわざわざ捨てる必要もなかったからさ。

今でもメールすれば週末には予定を空けてやらせてくれる。