急な階段を上がる叔母のムチムチなお尻

この体験談は約 5 分で読めます。

今年は最悪の夏だと思っていた。
でも自分にとっては最高の夏休みになった。
その経緯を、下手な文章で書いてみようと思う。

自分は◯川県に住む、現在高校2年生の17歳です。
チビでちょいデブ、引っ込み思案で大人しく、顔もたいしたことのない情けない若者です。
男子高に通っており、彼女いない歴17年。
もちろんキスさえしたことのない、ちょい悲惨な人間。

だけど、性欲だけは人一倍ある。
唯一の趣味は、部屋でエロビデオを観ながら、ひたすら右手を使うこと。
オナニーを覚えたのが結構遅かったせいか、毎日3~4回はしてしまうサルのような人間です。

そんな自分でも夏は楽しみだった。
特に夏休み。
1日中ゴロゴロしながら大好きなオナニーを好きな時間にできるから。
それに、告白するのは恥ずかしいのだが、人混みが多いイベントやプールがあるので痴漢もできる。
もちろん、エロビデオに出てくるような犯罪的な痴漢ではありません。
そんな度胸はないです。
あくまでも軽く女性のお尻に手の甲を触れさる程度の痴漢。
全く女性と触れ合う縁のなかった自分には、それでも十分に興奮できる楽しみだった。

しかし、そんなささやかな楽しみさえ、今年は奪われてしまうことになったのです。
父親が早くに他界したことがあり、現在自分は母親と2人きりの生活。
母親が看護婦の仕事をして家の生計を立てていた。
その母親が8月1日から1ヶ月間、資格を取得するために東京へ研修に行くことになったのである。

自分は当初、心の中で物凄く喜んだ。
いつも小言ばかり言う母親がいなくなるから。
もう17歳だから、お金さえあれば何の問題もない。

(やったー自由だ!)と思った。

しかし、それは非常に甘かったのである。
なんと母親が、研修の間だけ自分を叔父の家に預けると言いだしたのです。
自分はもちろん断固反対した。
貴重な夏休みの自由を奪われるなんて信じられないことです。
人権の侵害だとも思った。

しかし、しょせんそこは養われの身。
あまり強くは抵抗し続けられなかった。
それに日頃の行いも悪かった。
ほっとけば本当に1日中ゴロゴロしているだらしない性格。
しかもつい最近、たくさんのエロビデオを隠し持っていることがバレ、呆れ果てられていた。
だから自分は泣く泣く承諾した。

その日は叔父に車で迎えに来てもらい、とうとう行きたくもない叔父の家に向かった。
叔父は母より年下で35歳。
ラフな格好に髭を生やしており、見た目の通りすごいアウトドアな人。
自然がものすごく好きで、わざわざ田舎の家を買いとって住んでいると前から聞いていた。

「なんもないけどなぁ、自然がきれいで空気がすっごい美味しいぞー、ハハハッー」

「・・・はぁ」

アホちゃうかと思った。

叔父は5年前に結婚して、現在4歳の男の子と奥さん(叔母さん)と、3人で暮らしているらしい。
叔父とは年に1回ぐらい会う機会があったが、叔母さんやその息子には今まで会った記憶がなかった。
叔父の家は隣県とはいえ遠かった。
最初はまだ道沿いにショッピングセンターがあったが、そのうち辺りが田んぼばかりの景色になり、非常に不安になった。
道はそのうち完全に山道になった。

(大丈夫!あの山を越えたらたぶん町があるんだ)

ひたすら車の中で自分を励ましていたと思う。

「ほら、ここが◯◯村だよ」

叔父の呼びかけに車の外を見て、愕然としてしまった。
見わたす限り広がる田んぼと山、その間に家的なものがポツリポツリ。
本当にビックリした。
コンビニさえなかった。
レンタルビデオ屋のない生活など考えられない自分には本当に呆然とした。
ここで1ヶ月も暮らすなど信じたくはなかった。
さらに叔父の家は、思いっきり村の外れの山沿いにあった。
完全なる木造の古い家。
叔父の家に着くと、玄関から小さな男の子が出てきた。
どうやら息子さんらしい。
僕は叔父に言われるまま、重たい荷物を持ちその玄関に向った。

「・・・誰ぇ?」

「こんにちは」

ゴリラ的な叔父とは違い、えらい可愛い男の子だった。
しかし、予想外だったのは初めて会う叔母さんだった。

「あら、いらっしゃい、のんちゃん(俺)」

ゴリラ的な叔父だから、叔母さんもゴリラ的な容姿だと自分の頭の中でキャラクターができていた。
しかし目の前に現れたのは、自分の想像とは全くと言っていいほど別人な存在だった。

「久しぶりね。大きくなってぇ、あーんなに小さかったのに」

どうやら昔、会ったことがあるらしい。
全く記憶がない。
とりあえず叔母は、想像とは違ってなかなかきれいな人だった。
後で知ったのだが年は33歳。
細身でスラリとして、顔が深津絵里って女優にそっくり。

「こ、こんにちは・・・」

女性に免疫のない俺は、予想外の叔母にすごい照れながら挨拶をし、それどころか叔母の姿を間近で見て、すぐに目線を逸らした。
叔母は膝丈ぐらいまでのラフなワンピースの格好をしていた。
別に普通の格好だと思うのだが、よく見ると明らかにその服の下はノーブラと思われ、ワンピースの胸の辺りには黒い2つの突起がモロに浮き出ていた。
ビックリした。
話しかけられてもそこばかり気になり、その後も叔母を直視できなかった。

「じゃー、のんちゃん、部屋を用意したからね」

そのうち叔母は居候の間、自分が使う部屋を案内してくれた。
部屋は2階、しかし階段を上がる叔母に、自分は鼓動が速くなった。
大人の女の人独特のムチムチなお尻。
しかも結構急な昔の階段なので、案内してくれる叔母のそのお尻が、自分の目の前の至近距離にあって、まともに見上げる格好になったのである。

真っ白な太ももチラチラ。
ワンピースがお尻に張り付き、お尻の形がはっきり。
黒っぽいパンティーを穿いているらしく、思いっきり透けまくってもいた。
自分はそれだけでもう股間がパンパンになってしまった。

「しばらくしたらご飯にするね。それまでゆっくりしててねー」

自分は結構マニアックです。
同級生のギャル系よりも、どちらかというと年上の女性が好みです。
ガキのくせに、30代の女性のエロビデでも十分に抜けます。
ていうか逆にそっち系のほうが抜けます。
たぶんこれは中学生のときに先生の着替えを偶然覗いて、すんごい興奮した経験が引き金なのかもしれない。
それに痴漢。
痴漢も自分がする相手は、ほとんどママさんかちょいおばさん系が多い。
なぜなら、ギャル系は少しぶつかるだけですぐ睨むから。
しかしママさん系は軽くお尻に手が当たっても、あまり振り返ったりしなかったからだ。

とりあえず叔母は自分にとって十分過ぎるほどストライクゾーンだった。
思いっきり性的な対象だった。
自分のテンションはいっぺんに上がった。

夕食中、叔父も叔母も子供も、自分がいるせいかすごい楽しそうだった。
しかし自分は、そのときもノーブラでずっといる叔母の黒いポッチが気になって気になって仕方がなかった。

その夜は叔母のポッチを思い出して何度もシコった。
これから1ヶ月間、オカズに困らないと思うと、母の英断に俺は心から感謝した。