性転換した幼馴染に睡眠薬を飲ませて

この体験談は約 3 分で読めます。

俺は高校生だ。
今、2人暮らしをしているんだが、その事について話そうと思う。

俺には幼馴染がいた。
名前は『A』とする。
そいつとは家も近く、幼・小・中と同じ学校だった。
バレー部に入っており、エースだった。
高校も同じ学校に進学し、実家からは遠いので2人で学校の近くにあるマンションに住もうということになっていた。

しかし、中学3年生の2月のことである。
Aの股間に激痛があり、病院へ行ったところ、切断するしかないと言われたらしい。
病気のことについてはあまり詳しい話は聞いていない。
精巣を切断すると男性ホルモンが止まる。
ホルモンが出ないという事は免疫力が低下し、病気にかかりやすいという。
しかし男性ホルモンを投与するのは非常に難しいため、Aの性別は女にされた。
手術してからひと月はショックで外を出歩かなかったらしいが、高校にも行けるようになり、俺とマンションで暮らすことになった。

生活し始めてまず驚いたのは体が丸っこくなっていたことである。
女性ホルモンのせいなのか、尻はデカくなり、足には全くスネ毛がなかった。
声も男の時に比べ高くなっていた。

そしてある夜。
俺がリビングでテレビを観ているとAが風呂から上がってきた。
見るとパンツ一丁だった。
胸も小さいとはいえ、Bカップくらいはありそうだった。

「お前、下着くらい着けろよ・・・」
「ちゃんと履いてんじゃん」

「パンツじゃなくてブラだよ!お前だって女なんだからブラくらい着けろよな」
「俺は女じゃない!男だ!」

(ちんこがない時点で男じゃないだろ・・・)

そう思いつつも、どうせ言ってもうるさいだけなので心に閉まっておいた。

しかしその言葉の通りで、次の日、Aが部活に行っているときにタンスを調べると、女の子っぽい服が1つもなかった。
可愛い靴下やスカート、シャツも可愛い柄のものは1つもなかった。
パンツも全て柄無しの白。
申し訳程度にリボンが1つついていたが、仮にも女子高生がこんな服はどうなんだろうか。
でもちゃんとトイレは女子トイレを使っているし、部活にも女子バレー部に所属している。
どこか不思議な人である。

夏休み。
部活のない俺にとっては暇すぎる時である。
しかしAは毎日練習浸けで、普通に学校がある時よりも学校でいる時間が長いんじゃないのかと思うほどだった。

俺は夏休みに入りすぐに帰省した。
帰省といっても2日ほどだけだったが。
俺がこんなに早く帰省したのは家から睡眠薬を持ってくるためである。
親が医者なので親の病院に行けばどうとでもなる。
医療用だが俺も一応その睡眠薬については事前に勉強したので、危険性はほぼ無い。

そして作戦当日。
Aが練習試合から疲れ果てて帰ってきた。
バレー部の練習は毎日あったので、もう体は限界だろう。

「ただいまぁ・・・」

「おかえり~、冷たい茶あるぞ」

「さすが!あんがと!」

当たり前だが何も警戒せずに一気に飲む。

「う・・・ねむ・・・」

その場で倒れ込んでしまった。
Aをベッドに乗せる。
これから長い夜が始まるかと思うと最高に興奮した。
さらにバレー部は次の日から三連休である。

そして1日目がスタートした。
Aは帰って来たままの姿なのでユニフォームだった。
上を脱がすと可愛いおっぱいが現れた。
小ぶりだが確かにその存在を感じさせる双丘。
透き通るような白にところどころ血管が見えてエロい。
そしてその頂にあるピンク色の乳首。
触ってみると、むにゅ、という感触があった。
俺が見てきたおっぱいの中で一番綺麗だったかもしれない。

次は下だ。
短パンを脱がすとスパッツを穿いていた。
これがまたキツキツで上から割れ目を見られるくらいだった。
それと靴下も脱がし全裸にする。
そしてAの足を開き固定する。
割れ目を指で開くと、つーんと鼻を突く匂いがした。
それもそのはず、一日中密閉されていて、汗をかき、ションベンもしているのである。
臭くないはずがない。
しかし形は綺麗だった。
あまり本物と変わらないと思った。

匂いはキツかったがまんこを舐める。
汗とほのかなおしっこの味。
癖になりそうだ。
クリトリスを舐めるたびにピクっと体が動くのが面白かった。

そしていよいよ本番だ。
ローションを膣に塗りたくりチンコを入れる。
ずぷっずぷっという音が響く。
そして中に出した。
それからもフェラやパイズリも楽しんだ。

未だにAにはバレー部の連休前は眠ってもらっている。