種無し兄貴に代わって・・・

この体験談は約 3 分で読めます。

昨年の10月のこと。

兄嫁、志保から「たまにはご飯でも食べに来ない」とメールが来たので、「週末だったら時間あるからご馳走になりに行く」と返信した。

志保は32歳、兄には勿体無いくらいのモデル級超美人・・・。
なのに自宅に居る時はいつもノーブラ!
時々チラ見してもまったく気にしない素振りの女性。
度々遊びに行っては薄っすらと突き出たシャラポワンな突起を見て興奮してました。
最近は仕事が忙しく、3ヶ月ぐらい兄宅へ行ってなかったので期待でワクワクしながら週末を待ちました。

夕方、兄宅を訊ねると、兄は付き合いゴルフから帰宅しておらず、なんと志保と2人で食事をすることになった。

支度を終えた志保が白いTシャツ姿で目の前に座ると、いつものようにシャラポワ~ンな突起。
その日は白のTシャツのせいか、いつにも増して乳首がクッキリ見えた。

気付かれないようにチラチラ見てしまう自分が情けなくも思えたが、兄貴も居ることだしと、泊まる思いで居たので酒もガンガン進んで・・・。

志保に「子供は作らないの?」なんて聞いたことが切っ掛けで、志保は兄貴との夜の生活話も色々話しだした。

志保は兄貴にはどうやら子種が無いみたいだと打ち明けてくれた。

酔った勢いもあって「もしそうなら、俺が代理父になって子種を姉さんに注いであげよう(゜∋゜)」って言ったら、「ほんとに?隆くん血液型は?A型?冗談じゃなければお願いしたいかも・・・。このまま歳取ると高齢出産で子供作れなくなっちゃうから・・・お願い」と、俺にとっては憧れの志保を抱ける夢のような話が突然舞い込んで来ました。

勿論、俺は兄貴と同じ血液型な訳で断わる理由も無く、喜んで子種提供を引き受けた。
多少迷いもあるのか、少し下を向いて考えてたようだったが、「今度連絡するからその時はお願い」という事で、連絡もらったらいつでもOKと約束した。

そんな話をしていると兄貴から電話が掛かって来て、ゴルフ場近くの温泉に泊まって次の日もプレーして帰るとのこと。
俺が来てる事を知らされて無いのか、志保も俺のことを伝えないまま電話を切った。

それまで正面に座っていた志保がソファーに座って、「旦那も今日は帰れないって言うし・・・ゆっくりこっちで飲もーよ」と、俺を誘ってるかのように声を掛けてきたので、ソファーに場所を移した。

まぁ、お互い“大人”なわけで・・・そこから先は言葉なんか要らなかった。
サイドテーブルにグラスを置いて志保にそっとキスをすると、志保も両手で俺を抱き締めて、激しく唇を押し付けて来た。
Tシャツの上からノーブラの乳房を掴んで乳首に触れると、「アッ、アッ」と小さな声を出し興奮している。
Tシャツを脱がして乳首を舐めると「優しく噛んでぇ~」と悶え、志保は甘く噛まれると異常に興奮し、とてもやらしい声で悶えだした。
ローライズのジーンズを脱がし、ショーツの上から股間に指を添えるとショーツの上から解るぐらいそこはビショビショ。

志保は自ら俺のズボンを脱がせて一気にトランクスを剥ぎ取ると、息子を見つめ、そっと口に含んだ。
兄貴はいつもこんな気持ち良いフェラで奉仕されてるのかと思うと腹が立つ。
絶妙な舌技のフェラで、3ヶ月以上“して”なかった俺はすぐに発射。

志保は貴重な精子を飲み干した後も続けて丁寧に舐めてくれ、俺は志保のグチョグチョに濡れて光った股間を丁寧に舐め、すぐに勃起。
志保からお願いされて挿入。

挿入後、ギュッギュッと締まる膣口に耐えながら志保の奥へ何度も何度も押し込み、同時にクリトリスを擦ってやると、志保はすぐにイッてしまった。

イキ始めると連続で息子を締め付けるようにイクので、俺も耐え切れず子宮の奥に届く勢いで発射。
勿論、生出しだったけどその日は安全日という事で目的は達成出来ませんでした。

それから毎月危険日には兄貴の目を盗んで代理挿入(?)・・・いや、代理射精を繰り返して来ましたが、さっき志保からメールが届いて、「生理が来ないので懐妊かも、産婦人科で検査してきます。もし妊娠してたらしばらく大事にしないといけないけど、隆くんとの関係はずっと続けようね(^◇^)」というものでした。

俺とのSEX後は、必ず“種無し”だと自覚が無い兄貴ともやってたそうなので、兄貴は俺の子を知らないまま育てる事になると思います。
俺たち兄弟はお互い母親似のそっくりなので、きっと誰にも気付かれないと思います。

志保は3人の子供が欲しいそうなので、これからも代理射精頑張ります。

しかし、俺もそろそろ子供産んでくれる嫁を探さないと・・・(´・ω・`)