会社のお局様と飲み会のあとで

この体験談は約 2 分で読めます。

会社のお局様とやっちゃいました。

会社設立時の新入社員で、今年33歳。
彼女の社歴=会社の歴史です。

僕が工場の現場からこの職場に移って数ヶ月、飲み会を何回かした時に、成り行きでそういう関係になりました。

先月初めに飲んだ時、二次会で解散したら「ちょっと待ってよ!」と呼び止められ、強引に「もう一軒行くわよ」と誘われたので、2人で適当な居酒屋に入り飲みました。
居酒屋から出たところお局様、飲み過ぎたらしく「気持ち悪い」と言われ、建物の裏で背中をさすってあげたけど吐かなかった。

なんとお局様、何事もなかったかのように起き上がって“ニヤッ”と笑ってから「最後にエッチしたのはいつ?」と聞いてきた。
返答に困ってると「ねぇ・・・私見てやりたいと思う?」と聞かれ、「そりゃ・・・綺麗ですからね」と言うと、唐突に太股から股間をじわりじわり触ってきた。
びっくりしたけど触り方が上手くて勃起。
手を胸に持っていかれ、ついに暴発、その場でしちゃいました。

服を捲って汗ばんだ胸を舐めてると、チャックを開けられモノを握られました。
アソコを撫でたらもう湿り気が凄くてびっくりしました。

立ちバックで突き刺してると「あぁ・・・やっぱり硬いぃ・・・!」と悶えてました。

入れる度、グチュッグチュッと音が出るくらい濡れてました。

「はぁん・・・!ゴリゴリあたる!」とノッてきたのか、腰まで使って来ました。

「座れ」と言われたので、言われるがまま階段に座ると、お局様が跨がってきて対面でハメました。

「アンッ!気持ちいい!」と上下に激しく動きながら頭や背中を撫で回され、どんどん濡れて・・・溢れてきてめちゃくちゃやらしかった。

彼女の汗も凄くて、密着してる部分はお互いの汗でべったり。
それでもお構い無しに動いてきて・・・激しくされるとこっちもいよいよやばくなった。

「や・・・やばいっす!」と言っても、「我慢して・・・!」と言われた・・・。

けど堪えれなかった・・・。

グイグイ腰を動かされ堪え切れずそのまま射精しました。
射精すると「アンッ!・・・アアン!」と声をあげて、ぐったりした俺に掴まったままいました。

頭とかを撫で回されながら「凄く良かった・・・」と言われた。

向こうが立ち上がると中からダラッと精子が出て来て、「いっぱい出てる」とティッシュで拭いてもらってこの体験談は終わり。

それからというもの誘われては部屋やホテルでやってる。
この間は休日会社に呼ばれて仮眠室でやりました。

お局様ぁ・・・旦那さんも社内にいるのに・・・。