体の関係になることを拒否し続けた44歳の人妻と

この体験談は約 6 分で読めます。

さほど家も近くではないのに、昔から顔見知りという女性がいる。
大半は妻の知り合いか、子供での知り合いということが多いようです。
今回、お話する女性もそのひとりです。

今から5年ほど前の6月初め、私が51歳になったばかりのことです。
その女性は英子さん、44歳。
(名前と年は後で分かったことですが・・・)
長女の同級生のお母さんです。
15年ほど前からの顔見知りで、どこかですれ違うと挨拶をする程度の間柄です。
容姿は10人並ですが、実年齢よりはかなり若く見える。
いつもGパン姿でスリムな割には痩せてるって印象がない女性です。

市のカルチャースクールに買ったばかりの新車で行った。
帰る時、英子さんから、「新車ですね、私・・・この車好きなんですよ」と声を掛けて来た。

私「送りましょうか?」

英子「今日は自転車で来ているのでまたお願いします(笑)」

それから2週間ほど経った雨の日曜日。
同じカルチャースクールでの帰り、「今日は送っていただけますか?」と英子さんが駐車場にやって来た。
正直言って私は昔から英子さんには好意を抱いていたので、喜んで車に乗せた。
そしてダメ元でお茶に誘った。
英子さんは何の疑いも持たずに快く私の誘いを受けてくれた。

ファミレスで2時間ほどお話をした。
結構話が盛り上がり、帰りに携帯の番号とメルアドを交換した。
旦那さんは不動産関係の仕事で日曜日は仕事だった。
日曜日は私の長女と同級生の娘さんはアルバイト、高2の息子さんはクラブでいつも一人だと話していた。
私はそのことがずっと頭に残っており、思い切ってドライブに誘った。
英子さんは「本当ですか!」と驚き、少し迷ってるみたいだったが、快諾してくれた。

梅雨が明けた7月の終わりの日曜日。
英子さんはいつものGパン姿ではなく、白いブラウスに紺のミニタイトという服装で待ち合わせ場所にいた。
化粧もいつもと違う少し濃いめで、涼やかな目のアイラインが印象的だった。

車は高速を2時間ほど走り、ダム湖を中心とした森林公園の駐車場に停まった。
レストランでのランチの後、公園を散策した。

私「あそこの恋人同士みたいに手を繋ぎませんか?」

冗談半分に言うと、英子さんは顔を赤らめ手を差し伸べた。
手のひらに汗が溜まるほど、ずっと手を繋いで歩いた。
他人の目には私たちがどのように映っていたのだろうか?
夫婦・・・?
・・・違うと思う。
たぶん大人の恋人同士に見えたと思う。

その日は夕方までデートして、家の近くの駅に送り届けた。
すぐにメールが届いた。
メールは本日の礼と、『楽しかったのでまた誘って下さい』という内容だった。
私はメールの中の『また誘って下さい』という内容が本心だと見抜いていた。

月が明けてお盆明けの日曜日、私たち2人は再びドライブに出掛けた。
今回は黒のポロシャツに白いスカート。
遠目で見ると脚のきれいな、なかなかのプロポーションをしているのが分かった。

英子さんは車の中で、「これって不倫ですか?」と私に訪ねた。
私ははっきりと、「不倫ですねぇ」と答えた。
その言葉に英子さんは笑った。

今回は鳴き砂で有名な砂浜まで足を延ばし、また手を繋いで歩いた。
車がまばらになった駐車場で、私は車に乗るといきなり英子さんの肩を抱き寄せ、軽く唇を奪った。
驚いて私から離れた英子さんの唇を再び奪った。
今度は英子さんは私から離れず、舌を絡ませるディープキスになった。
私はその間、英子さんのポロシャツの上からバストを愛撫した。

(おっ!大きい・・・)

スリムな体にしては大きいと思った。
英子さんは唇を重ねながら少し体を引いたが、私の愛撫を受けていた。

「さあ帰りましょうか」と私が言うと、英子さんは恥ずかしそうにダッシュボードを見つめ、「はい」と答えた。

帰りの車の中は重い空気に包まれていた。
これではいけないと思い、私の本心である昔から英子さんのことが好きだったことを告白した。
英子さんは私の話を黙って聞いていた。
そして、英子さんもさすがに「好き」とは言葉には出さなかったが、好意を持っていると言ってくれた。
そして最後に、「やはりこれって不倫なんですよね・・・」とも言った。
薄暗くなった頃、私は英子さんの最寄り駅の2つ手前の駅で降ろした。

それからも私たちは携帯やメールで週に2度ほど連絡を取り合っていた。
英子さんはこのままいけば私たちが体の関係になるのを自覚しているようだ。

英子「やはり・・・、体の関係になるのは困ります。・・・でも・・・」

私は当たり前のことだと思った。
ふた月が過ぎようとしていた。
英子さんの気持ちも固まらないうちに、もう1度だけ会う約束ができた。

10月中旬の快晴の日曜日、待ち合わせ場所に車で行った。
今日の英子さんの服装は胸の形がはっきりと分かるベージュ色のハイネックのセーターに、花柄がプリントされた薄いグリーンが基調のロングスカートだった。
この服装を選んだ時の英子さんは、たぶん結婚前の女性に戻っているのではと思った。

私は英子さんに話がしたいのでと断り、繁華街の地下駐車場に車を停めた。
私が停めた場所は出入り口に遠いため、車は数台しか駐車していなかった。

私「英子さん!私がこの間あんなことを言ったので、私を避けているのですか?」

英子「・・・違います・・・。あなたと会っていたいです。しかし・・・体の関係を持つのは・・・やはり無理です」

英子さんは俯いたまま話した。
しばらくの沈黙が続いた。
私は英子さんの肩を抱き寄せた。
その時、英子さんの体がビクッと震えたのを私は感じた。
長いディープキス。
私の右手は英子さんの胸を愛撫し、さらにスカートの上から下半身を愛撫し始めた。
英子さんの両手が私の右手を掴み、「・・・だめ、・・・だめです」と言った。

私は英子さんの言動を無視し、右手でスカートを捲り上げパンティーの上から愛撫を始めた。
その手はパンティーの中に入り、陰毛を確認するとさらに下部に移動し、割れ目の中に滑り込んだ。
数分間、私の指が上下、そして前後すると、英子さんの口から「あぁぁーーー」という小さな吐息が漏れた。

気が付くと私の右手を掴んでいた英子さんの両手は離れていた。
私は英子さんに、「後部座席に行きましょうか?」と言った。
英子さんは訳が分からないまま、自らドアを開け後部座席に移った。
私は後部座席に移るとセーターを捲り上げブラのホックを外した。
年を感じさせないきれいな乳房にしゃぶりついた。
スカートを捲り、パンストとパンティーを剥いだ。
私は乳房を弄びながら、英子さんの秘部に舌を絡ませた。
英子さんは小さな喘ぎ声を上げたが、私の行為に身を任せた。

車が1台通り過ぎた。

「あっ!」と言って起き上がった英子さんの秘部には私の右指がしっかりと入り、わずかながら腰を動かしているのが感じ取れた。
セーターを脱がせ、捲れ上がったスカートだけという姿の英子さんが私の愛撫に答えている。
また、車が通り過ぎた。
私は、「行きましょうか?」と英子さんに言った。

30分後、山をひとつ越えた郊外のラブホテルの1室に私たちはいた。
私はソファで再び英子さんを愛撫した。
英子さんは「・・・待って!」と言うと自らベッドの横に行き、セーターとスカートを脱ぐと全裸になりベッドに潜りこんだ。
私もベッドの横に行き、布団を捲った。

英子「恥ずかしい・・・」

英子さんは体を横にして体を丸めた。

その数分後、私のギンギンの息子は英子さんに挿入されていた。
私は正常位のまま英子さんのきれいな乳房に射精した。
本当に年齢を感じさせないいい体をしている。
スリムだと思っていた体も実際に抱いてみると本当に抱き心地がいい。

あらゆる体位を試した2回戦も終わり、バスルームに入った。
2人でバスタブに入り、私は英子さんに、「体を見せて」と言った。
英子さんは恥ずかしいと言いながらバスタブを出て、素晴らしい全裸を私に曝け出した。
何度も言うが、44歳とは思えない本当に素晴らしい体だ!

ベッドに戻り、「出来る?」と尋ね、フェラをさせた。
時間を掛けた丁寧なフェラだった。

「さあ」と私が言うと、英子さんはM字開脚で私を迎えた。
時間を掛けた3回戦目、英子さんは燃えに燃えた。
バックで英子さんのきれいなお尻に私は射精した。

それから半年ほど、私たちは月2回程の関係を英子さんのマンションで続けた。
私の希望通り、いつも全裸姿で玄関で出迎えてくれた。
たまに玄関でセックスをした、暖かくなるとベランダでもセックスをした。

それから5年が過ぎたが、今でも年2回程の関係を続けている。
英子さんは旦那さんが初めての男で、私は2人目だと言う。
そして私と関係を持った時は、旦那さんと5年程セックスレスだったと言う。
それを聞いて、本当に勿体無い話だと私は思った。