みんなで飲んでる最中に綺麗な脚を絡めてきた人妻OL

この体験談は約 4 分で読めます。

今から5年前のこと。
それまで私はこの会社の請負の仕事を10年くらいしてきたが、その時の支店長が38歳と若く、建築関係に詳しくなかったので、社員からの頼みで支店長になることに。
支店は私の他に男5人と事務員(今回の彼女)の7人。

勤めて1ヶ月は今までのデータのチェックなどを行ったが、よくこんな管理でと思う内容だったので、彼女と2人で一から整理をした。
その中で世間話から下ネタまで話す仲になり、私が4年前に離婚した時も相談に乗ってくれた。

彼女は47歳で、旦那は単身赴任中。
月に1度帰るとのこと。
女の子が2人いるが大学生で県外にいて、今は彼女の母親と2人暮らし。
スタイルは良く、胸は貧乳。
しかし足は綺麗である。
いつかは抱きたいと思っていた。

支店長になって1ヶ月半の頃、私の歓迎会を行うことになり、駅前の居酒屋でやった。
掘り炬燵風になっている個室で私の横には彼女が座ってる。
ビールから始まり彼女がワインを飲み始めた時、彼女が私の股に手を乗せ、次第に股間を撫でてきた。
ふと彼女を見るとニヤッと笑い、足を絡めてきた。
私も酔った勢いで彼女の股を触ると、少し足を開いてくれたのでそのまま股間に。
ストッキングの上からでも分かるくらい濡れていた。
ちなみに、この時の彼女は膝上のワンピ。

他の従業員はかなり盛り上がって、2人は別の空間にいるようだった。
彼女の耳元で「かなりビチョビチョだよ」と言うと、彼女は小声で、「ストッキング、破っていいよ」と。
ストッキングをなんとか破ってビックリ!
下着を着けてない。

「いつもノーパンなの?」
「時々」

「仕事中も?」
「うん」

クリを刺激すると彼女は息が荒くなり、さらに中に指を入れGスポットを刺激すると、「出るからやめて~」と小声で言って私の手を抑えた。
落ち着いた彼女が、「帰り、支店長の所に寄っていいですか?」と言って来たので、「あぁ」と答えた。

それから1時間くらいでお開きになり、皆はカラオケに行くことに。
彼女がかなり酔っていたので送って行くと言ってタクシーを拾い、自宅に向かった。
タクシーの中では彼女は私のズボンのファスナーを開け、チンポを出し、私の耳元で「支店長の飲ませて」と囁いてフェラを始めた。
運転手のミラーの目線が気になったが、彼女のフェラはたまらなく気持ちよく、また彼女の姿勢もたまらなかった。
片足を座席に乗せているから、スカートは捲られて下半身は丸見え。
しかも片手で自分のオマンコを触っている・・・彼女のエロさがわかった。

信号待ちをしている時、30代くらいの運転手の視線が気になり、「彼女のオマンコが見たいか」と聞くと、運転手は料金メーターを止め、「近くのパーキングに入ります」と言った。
その間も、彼女はずっとチンポを咥えたまま。

車は公園のパーキングに停まり、私は彼女の破れかけたストッキングを脱がし、ワンピを胸まで上げた。
運転手はなぜか懐中電灯を持っていて、彼女のオマンコを照らす。
彼女のオマンコの中に指を入れ掻き回した。

「アァァ~アァァ~」

喘ぎ声が大きい。
ふと運転手を見るとシコシコの最中。

「気持ちいぃ~、イクイク、一緒に~」

私も限界になり、彼女の口に爆発した。
すぐ後に運転手も出したようだ。
言うまでもないが、私のザーメンは彼女がゴックン。

マンションにタクシーが着き、代金を払おうとすると、「いい物を見させもらいましたので、代金は結構です」ということに。
逆に貰いたいくらいだが・・・(笑)

部屋に入り、2人でシャワーを浴び、ベッドで彼女と朝まで3回戦、すべて中出し。

朝、朝食を彼女が作ってくれた。
食事をしながら色々話をしたが、旦那とは2年くらいセックスしてなく、もっぱらオナニーだけでかなり溜まっていたようだ。
私がこの会社の請負を始めた頃から私に好意を持っていたらしい。

「支店長のチンチン大きいから、まだアソコ痛いです。でも、これからも私を抱いてくれます?」

彼女が照れくさそうに甘えてくる。
私が彼女を抱き締めキスをすると、パジャマをトランクごと下げてしゃぶってくれた。
そして私のモノが十分に元気になると、テーブルに手を掛け、お尻を突き出した。
スカートを捲るとやはりノーパン。
オマンコはすでに濡れており、舌で舐めると「早く入れて~」を繰り返す。
少しイジメようとアナルにマン汁を塗ってほぐしながら指を入れると、「だめ~、そこはだめ~」と口では言うが感じている様子。

時間を掛け、かなりほぐれたところでアナルにチンポを入れたら、苦しそうに「痛ぁぃ~」と喘ぐ。
しかし、ゆっくりゆっくり出し入れを繰り返してると、だんだん感じるようになってきたのかイッてしまった。
続けざまにぐったりした彼女を椅子にM字に座らせてクリとGを刺激する。
彼女は、「出る出る~」と言って潮を吹きながら豪快にイッた。

「私、アナル初めてだったけどクセになりそう!もう支店長から離れられない」

そう言うと彼女は私に抱きついてキスをしてきた。

あれから4年。
彼女とは週3で私のマンションに泊まりに来ます。
私がパソコンで仕事をしていると、机の下にしゃがんでフェラでゴックンしてくれる従順な女です。