セックスの相性がピッタリだった保育士・前編

この体験談は約 7 分で読めます。

俺がちょうど転職した頃でした。
友人の篠原からひょんな電話を受けました。

篠原「俺の知り合いのさぁ保育士がいるんだけど、相談乗ってやってくんね?」

俺「何かわからないけど俺の番号伝えて。それっていい話?」

篠原「わかんね。でも俺だとかみさんが・・・。女から電話かかってくると結構まずいんだよねぇー」

俺「はいはい。まぁそういう処理は任せておいて」

篠原「ほんじゃーよろしくー。電話番号言っちゃっていいんだろ?」

俺「あぁ、いいよ」

何の相談だか知らんが、来るもの拒まない俺の性分として、そんな話を聞いちゃぁ黙ってんらんない。
少しの不安と大きな期待を寄せて電話を待った。
すると友人篠原と電話を切って、ほんの数分で電話が鳴った。
着信を見るとまったく知らない番号。

(あぁ、こいつかな?)と思いつつ電話に出た。

俺「もしもーし」

電話の人「もしもし?篠原君に言われて電話したんだけど、伊東君?」

俺「あー、篠原の知り合いの子ね。すみません。まだあいつに名前すら聞いてないで、こういうことになってるんですが、お名前お伺いしていいですか?」

電話の人「あ、涼子と言います」

俺「涼子さんですか、はじめまして。なんか篠原から相談に乗ってもらってやって欲しいって聞いたんだけど・・・」

涼子「あ、篠原君そんなこと言ったんだぁ。ごめんなさい。相談ってほどじゃないんだけど、最近彼と別れた、というかもう別れるんだけど、誰かいい人いないかなぁと思って。で、篠原君に電話したの」

(ん?なんだそりゃ?要するに次の男探しか?)

俺「そっかぁ、篠原はなんて言ってたの?」

涼子「伊東って人がいて、話してみたら?って言われました。『誰か紹介してくれるよ』って言ってた。あ、無理ならいいんです」

俺「というか、彼女がいない俺になんで女性に男性紹介させるんだろう、あいつは。よくわからないね」

涼子「篠原君結婚したし、電話しづらいって言ってたから伊東さんを紹介したんじゃないですかぁ?」

俺「たぶんねぇ。あいつのかみさんうるさいからなぁ。自分は緩いくせに。あ、それ内緒ね。篠原には」

などと軽い自己紹介と経緯を電話で話しつつ、仕事柄なのか結構しっかりした話し方だと思いつつ、あれこれ思いを馳せた。

俺「で、どんな男性がいいんですか?紹介できるかわからないけど、とりあえずどんな人がいいのか聞いておかないと・・・」

涼子「うーん、どんなってないんです。ただ好きになった人がタイプなんで」

俺「うーん、一番難しいですねぇ(笑)」

涼子「ホントそうなんです。ごめんなさい」

俺「あ、敬語はよしましょうよ?普通にいきましょう!」

涼子「あ、はい」

とまぁ、なんか初々しいような、初めての会話なだけに微妙なぎこちなさを感じながらも俺はちょっと突っ込んでみた。

俺「今って彼氏がいるんですよね?うまくいってないの?」

涼子「うん。なんか暴力ばかり振るうし」

俺「ふぅん。なんか電話で話してもあれだし、近いうち会わない?」

涼子「えーいきなりですかぁ?あたしはいいんだけど。ちょっと恥ずかしいなぁ」

俺「じゃあ決まりだ。会いましょう。いつ都合がいいですか?」

涼子「えーっとぉ。今日はもう遅いから・・・、明日は用事あるし、明後日の金曜とかどう?あ、金曜だし、伊東さんはモテるみたいだからデートの予定ありますよね?」

俺は、(篠原の奴、なんか余計なこと言ったなぁ?)と思いつつ・・・。

俺「あ、金曜OKです。明日って遅いんですか?もっと話がしたいなぁ」

涼子「明日は保育園の行事があって、これから家で作業なんです。行事が終わるのが18時くらいで、それから後片付けとか考えると、ちょっと遅くなっちゃうの」

俺「そうなんだぁ、大変だね。じゃぁ22時くらいなら電話しても大丈夫?」

涼子「はい。絶対電話頂戴ね。待ってます」

俺「じゃぁ、待ち合わせは金曜高田馬場にしよう。えーっと時間は19時半くらいがいいかな?いい?」

涼子「はい。じゃあ明日電話頂戴ね。金曜日は楽しみです」

俺「あ、何か食べたいのとかある?馬場だから、たいしたもんないけど・・・」

涼子「美味しいものがいいです。でも、なんでもいいので、大丈夫です」

俺「じゃぁー予約しておくね。あ、もうこんな時間だから切ります」

涼子「はい。おやすみなさーい」

俺「おやすみ」

篠原から電話を受けること数時間で見知らぬ女性とアポを取ってしまった。
少し悩みつつ、どんな人間なのかわからないから、一応友人篠原にすぐ電話した。

俺「あー篠原?あのさー、なんか明後日会うことになったんだけど、いいのかな?」

篠原「あーマジ?伊東。早いねぇ。まぁ、よろしくやってよ?」

俺「でさぁ、どんな子?年とか容姿とか」

篠原「年は俺のいっこ下だから伊東のいっこ上だな。えーっと容姿は、うーん、会ってのお楽しみ(笑)」

俺「あーーーーーったく。ちょっとだけ教えろ!」

篠原「って言っても俺もあんまよく知らないからなぁ。まぁ、ブスじゃないよ」

俺「なんだそれ。まぁ期待しないで臨みます」

篠原「大丈夫だから。まぁ後はよろしくー」

俺「あい。んじゃー夜遅くごめんねー。おやすみー」

相変わらずいい加減な友人を持ったと認識したが、期待しないわけがない。
ブスじゃないっていう抽象的な表現も微妙だ。
まぁとにかく、今週末はちょっとは楽しそうだ。
と、ちょっぴり期待しながらその日は終わった。

次の日、会社を終えて、いつものように家に帰ったのはすでに21時過ぎ、そろそろ電話の時間だ。
律儀に構えている俺も可愛いなと思いつつも、着替えて、ビールを開けて、軽く一杯自宅で引っ掛けていると、もう22時だ。
なんかちょうどに掛けるのも癪だなぁ、と思ってテレビを観ていると携帯が鳴った。
涼子だ。
心の中でほくそ笑んだ。

俺「もしもーし」

涼子「もしもし?電話しちゃった。大丈夫?」

俺「もちろん!あ、俺から掛け直そうか?これ携帯だし」

涼子「あ、はい」

俺「じゃぁすぐ掛けるね」

切るやビールを一気にあおった。
もう、明日に向けての作戦が決行されている。
俺は携帯から掛け直した。

俺「もしもーし。ごめんね。こんばんわー」

涼子「こんばんわ。待ってても掛けてこないから掛けちゃった。大丈夫だった?」

俺「あ、22時って言ったから、あまりちょうどに掛けると変な誤解されちゃうかなぁーと思ってね」

涼子「なかなか掛けてこないから心配しちゃった」

意外に可愛らしいところがあるんだーと思ったが、あまり意に介せず。

俺「あーごめんごめん。今日は忙しかった?」

涼子「やっと保育園の行事が終わって一段落したの。意外と早く終わったから早く話したいなぁ。って思ってずっとそわそわしてたよ?」

俺「・・・そ。そですか、ありがとう」

涼子「伊東さんって彼女いないの?」

俺「いきなりっすね。いないですよ。とりあえずは。涼子さんはいるんですよね?」

涼子「うん。実は彼は篠原君の遠い知人なんです」

俺「えー?そうなんだ。あいつ、そんなこと一言も言わなかったな」

涼子「そうだったんだ。でも、もう駄目だなぁと思ってるの」

俺「どうして?」

涼子「だってもう好きじゃないし」

俺「じゃあ誰か気になる人はいないの?」

涼子「うーん。わかんないなぁ」

俺「じゃあさ。出来るまで俺が中継ぎするよ!」

涼子「伊東さんって面白いね。そんなこと言う人初めて」

俺「そうかなぁ?まぁ明日会うし、一応デートだね」

涼子「そうだね。楽しみ」

と、なんか前夜祭のような感じで、どの店に行くかとか、何食べるかとか色々話したが、彼の話には一切触れなかった。
そうして、そろそろ話も尽きた頃・・・。

俺「それじゃ、明日楽しみにしてるよ。19時半ね」

涼子「うん。遅くまでごめんなさい。ありがとう。おやすみー」

俺「おやすみー」

今の彼に満足していないのか、とりあえず、こっちに靡いて来ているのはわかった。
明日は金曜だし、多少遅くまで飲んでも問題ないだろうと店の計画を始めた。

次の日、会社をさっさと終わらせ、ちょっと先に高田馬場に着いた。
まだ19時ちょっと前だ。
雨が降っていて、5月というのにだいぶ肌寒い。
軽く本屋で立ち読みをして、久しぶりの高田馬場なのでぶらぶら周辺状態を確認した。
めぼしいバーや居酒屋を確認すると、電話が鳴った。
涼子だ。

涼子「今、電車に乗ったから20分くらいで着きます」

俺「りょーかーい。待ってまーす」

あと20分。
よく考えると、顔は見たことないのにどうやって会うのだろうか?と思いつつ、高田馬場交番で待ち合わせているので、そこが確認できる位置に待機しようと思いつつ待っていると、周囲は早稲田大学の生徒か、コンパの待ち合わせの学生がごった返してきた。
聞いたことあるサークルが目に付き、あーまだ残ってんだーと学生時代を回想しながらボーっと待ってると、電話がまた鳴った。
ボーっとしていて時間が経つのを忘れていた。
もちろん電話の主は涼子だ。

涼子「着きました。どこにいるの?」

俺「あ、BigBoxの所にいるよ。もう交番前?」

と言いつつ交番の近くを見た。
数名、一人で立っている女性がいた。

涼子「どこ?」

俺「どんな格好してるの?」

涼子「えーっと。黒い半袖のシャツに白サブリナパンツで、ピンクのかばん持ってるよ」

俺は交番の向かって左にそれらしき女性を確認した。
電話で話しながら、「あー、すぐ向かいます」と言いつつ話しながら涼子のそばに歩いていった。
電話を切ると・・・。

俺「涼子さん?」

涼子「はい。伊東さんですか?」

俺「どうもーはじめましてー。想像したより綺麗で安心したよ(笑)。でも俺は想像したより駄目?」

涼子「駄目じゃないです。もう少しチャラい人かと思いました」

涼子は釈由美子がショートヘアーになったような容姿だった。
結構綺麗な子だ。
電話でも思ったが、ちょっと声がハスキーボイスだが、直に話してみるとそう気にならないくらいだ。

俺「じゃぁお店予約してるんで行こうか?和食だけどいいかな?」

涼子「和食大好きです」

雨が降っているので傘をさした。
ちょっと出すぎかなぁと思いつつも「よかったら入りませんか?」と傘に入るのを促すと、「なんか慣れてるんですね」と言いつつ涼子は傘に入ってきた。
まだ腕を組む程ではないので俺は右手で傘をさし、涼子が濡れないように差し出した。
店はそれほど遠くない、早稲田通りを早稲田方面に向かって三井住友銀行の少し手前だった。

店に入ると「予約した伊東ですが」と店員に伝え、席に向かった。
カウンター席とテーブル席があり、テーブル席に促され、メニューを広げた。

俺「ビールにするけど、涼子さんは何にします?酒強いんですよね?」

涼子「強くないですよー。でもお酒は大好きです。あたしもビールで」

俺は「じゃぁ、スーパードライを2つお願いします」

そう店員に伝えた。

涼子「お酒は良く飲むんですか?」

俺「毎日家か外で飲んでるよ?敬語はよしましょうよぉ(笑)」

涼子「あ、ごめん。飲むんだぁ。あたしはお店とかで飲むけど、あまり量は飲めないなぁ」

俺「じゃあ、今夜は飲ませちゃおうかなぁー。なーんちゃって(笑)」

と、半分本気で軽い冗談を交わした。

<続く>