女担任とクラスの女子全員に媚薬を盛って

この体験談は約 3 分で読めます。

中学3年の夏、同じクラスの友人達(俺入れて5人)で『クラスの女子全員にHな気分になる媚薬を飲ませる』というイタズラの為、完璧な計画を立てた。

ただ飲ませるだけでは面白くない。
ミーティング、打ち合わせが徹夜になったこともある。

決行日は体育の授業でプールの日だ。
それも給食前の4時間目でなければならない。
完璧な作戦とアリバイ工作、そして下調べにより、俺たちは2グループに分かれ、授業中交互にバレないように女子更衣室に忍び込んだ。
そこで女子全員の上下の下着を盗み隠した。

その時、大人の下着を見て初めて知ったのだが、担任の女教師当時30歳前半(専門:体育)も同じ更衣室で着替えていたのだ。
先生のは特別ストッキングも戴き、思わぬ収穫。

そして授業が終わり更衣室に移動だ。
俺たち5人は給食当番なのでサッサと着替えて教室に向かった。
遅れて他の男子が戻るが、女子が全く戻ってこない。
そりゃ更衣室の中はパニックでしょうよ。

女子の給食当番を待っていたら遅くなるということで、俺たちだけで準備を始めた。

ここまで予定通りだ!

食器におかずを入れみんなの机に配る。
調べた通りその日はコーンスープもあった。
女子と先生の机に用意したコーンスープには全て媚薬(紅蜘蛛)を一袋ずつ入れておいた。

準備が終わり、少しして女子と先生が戻ってきた。

「遅せーよ!何やってたんだよ!」と言うと、「なんでもない。ゴメンね」だって。

ばれると恥ずかしいから内緒で通すらしい。

これも予定通りだった。

給食も休憩も終わり、午後の授業が始まった。
調べた通り5時間目はホームルーム担任教師が行なう人権学習だった。

そう、ホームルームでなければ意味がない。

せっかく担任にも飲ませるんだから大人の効果を見てみたかったからだ。
女子と先生の背中、胸元を見てもブラジャーの線が見えない。
先生に関しては乳首の位置が分かるくらいだった。
授業が始まる前からだけど、女子のほとんどが伏せているか手のひらで火照った顔を隠していた。
時々モゾモゾしてスカートの上から股を押さえたりしていた。
良い効果がはっきり出てました。

先生は・・というと、みんなの前でしゃべらなくてはならないので大変だったでしょう。

呂律が回っていなかったのをよく覚えています。
しばらくして座ったまま、立っていられなくなってしまいました。
俺たちの学校は面白いことに授業中に消しゴムなどを落としてしまった場合、先生が取ってくれます。
それを利用して俺たちは何度も落とし、先生を近くに来させました。
歩き方も変に内股で、一度しゃがんだらなかなか立ち上がりませんでした。
上から見ればおっぱいの谷間が見えて、角度によってはスカートの奥が見えそうでした。
ジーッとスカートの奥を見た後先生と目が合っても無反応。
まぁ先生もそれどころじゃなかったのでしょう。

なんとか終わり、6時間目は別の先生の授業。
何も知らない先生は伏せたままの女子を怒りまくっていました。
可哀想に・・・アソコが火照って授業どころじゃないっつーの。

6時間目が終わり、帰る前のホームルーム。
先生も女子もまだ顔の火照りがおさまりません。
先生も辛かったのでしょう、簡単にしゃべって終わりました。
階段では全員スカートをしっかりガードして降りていきました。

最後、下駄箱が見物です。
風がよく吹くし、中腰か座らなくてはなりません。
もともと短めのスカートだった子は尻肉が見えそうなくらい。
風がビューっと吹いた時はどれを見ようか目のやり場に困るくらいパラダイスでした。

NPNB(ノーパン、ノーブラ)で媚薬飲んでの授業、さぞかし気持ち良かったでしょうね。
見てた俺たちは勃起しっぱなしでした。

もう少し余裕があれば全員のブラウスのボタン2つ目か3つ目まで千切っておきたかった。

タイトルとURLをコピーしました