好奇心旺盛なJKを片っ端から調教中

この体験談は約 7 分で読めます。

取引先との懇親会も早めに終わり、暇ついでにデリヘルを呼んだ。
まぁ可もなく不可もなくだったが、まだモヤモヤした気分の晴れない俺は、出会い系で相手を探した。
近郊の陶器で有名な町の女の子からメッセージが来た。
話の早い子で、翌日の11時に会えることになった。

翌日、待ち合わせの駅に到着。
すでに女の子(アキ)は到着していて、車でピックアップ。
167センチのDカップで、スタイルに関しては申し分ない。
顔は・・・志田未来似だけど、なぜかノーメイク?
とりあえずホテルにチェックイン。

よくよく話を聞けば、まだ高3だと言う。
学生証も確認した。
俄然、下半身にエネルギーが満ちてくるのが分かる。

首筋へのキスから始めたが、すでに息が荒い。
大きく胸元の開いたバストに舌を這わすだけで下半身をグリグリ押し付けてくる。
シャワーも浴びずに即フェラを要求。
自分の年齢の半分にも満たないJKが、ションベンまみれの肉棒をしゃぶりまくる。
もちろん腰を浮かして尻の穴も舐めさせる。
おいおい、さっきウンコしたばっかだよ。

準備万端になったので、いざ挿入。

「ゴムは?」の質問に、「ゴム付けたら、アキを生で感じられないよ」と言ってみた。

「外で出してね・・・」

「できたら、そうするよ」

というわけでJKに生で挿入。
入口は狭く、中は浅く、でも肉付きの良い身体のおかげで先が入っただけで快感が走る。
男性経験は、先日別れた彼氏だけ。
まだまだ新古品だ。

アナルを弄り、唾液を飲ませ、乳首を思いっきり噛む。
どれもがアキには感じるポイントらしい。
アキの長い脚が俺の腰に絡みついた瞬間、射精感が来た。

「出すぞ・・・」

「えっ!?どこに・・・」

ドクドクと長い射精。
それに合わせてアキの肉壺も痙攣する。

しばらく生中出しの余韻を楽しみ、抜いた肉棒をアキの顔の前に差し出す。
愛液と精子にまみれた肉棒を丁寧に舐め回すアキ。
最高のセックスパートナーを見つけた、と思った。
そのまま2回戦も生中出しで決めた。

安心したのか、帰りはアキの自宅(!)まで送り、帰路に就いた。
さっそくアキからメールが入る。
『明後日に会いたい・・・』と。
今から下半身が熱くなっている。

当日、待ち合わせ場所に行くと、アキと一緒に、バスケ部の後輩というクミ(高2)が立っていた。
アキは身長167センチだが、後輩のクミは普通くらい。
この身長でバスケ部は辛いだろう・・・と、どうでもいいことを考えながら2人を車に乗せた。

さすがに制服2人を連れてラブホに入るのは勇気がいった。
都合よく最上階の広い部屋が空いていたのでチェックイン。
いつもと違い、後輩と一緒という安心感からか、アキもクミと一緒に部屋ではしゃぐ。
はしゃぎつつ、風呂から冷蔵庫の中までチェックする。
ノリでバイブを購入することになったが、まあ2人いれば使い道もあるだろう。

早速アキとクミと3人で風呂に入る。
ふざけてレズるアキとクミ。
女子校だから、日常的にこういう遊びはあるらしいが、レズるJKを見てるのも楽しいものだ。

生理前のアキはバストがパンパンに張っている。
もともとEカップ近いバストが完全Eカップになっている。
ウエストは細く、バストとヒップが大きいアキは、疲れてても一発ヤリたくなるタイプだ。
クミは色白で、バストもB~Cカップでメリハリの少ないロリボディ。
顔は普通に可愛く、AKBとかモー娘の後ろの方になら入れそうか。
ただし乳首の色、形が俺の好みにジャスト!
しかもアンダーヘアーが10本くらい(!)しかなく、肉壺が丸見え!!
都合のいいことにクミも生理前。
JK2人に中出し決定である。

レズに2人に横から手を伸ばし、俺も参戦。
まずはクミと熱いディープキスを交わす。
執拗に小さい透き通るようなピンクの乳首を摘み、乳房を乱暴に握りつぶす。
片方の手は、丸見えの肉壺に指を沈める。
初体験が2ヶ月前というフレッシュな肉壺は、快感を覚え、彼氏だけでは物足りないらしい。

アキは調教の甲斐もあり、肉棒と袋、尻の穴まで丹念に舐め上げる。
尻の穴の中の粘膜にアキの舌を感じながら、クミにフェラさせる。
まだまだ下手くそだが、肉付きの良い頬から連想できる心地よい口の中。
思わず俺も声が出る。
風呂場のマットの上という不安定な場所で、俺の下半身に群が高3と高2。
この風景、この快感こそ、3Pの醍醐味だ。

精力剤でドーピング済の俺の肉棒は、痛いくらいにカチカチだった。
最初の肉壺をクミに定め、クリトリスを肉棒でヌラヌラと擦りながら、おもむろに挿入。
・・・と思ったら入らない。
聞けば、肉棒を入れられるのは、2ヶ月前の初体験から、今日でまだ3回目らしい。
アキもフレッシュな肉壺だったが、後輩のクミはさらにフレッシュな肉壺だ。

快楽優先の俺は、優しさもなく思いっきり肉棒を押し込み、痛がるクミを見下ろした。
動くたびに顔を歪めるが、構わずに突く。
肉棒を見ると薄っすら血が付いてるが、気にせず突きまくる。
徐々に熱っぽい声になるクミは俺の首にしがみついてくる。
クミの尻に指を入れると、痛いほど肉棒を締め上げる肉壷。
アキは手で袋を揉みつつ、尻の穴に夢中で舌を入れて、掻き回す。
快感が最高潮に達した時にクミの耳元で、「クミの中に出すから」と囁いた。

「えっ!?」

この、相手が素に戻る瞬間が好きだ。
構わず、ドクドクとザーメンをクミの中に注ぎこむ。
アキが袋を揉む度に、ザーメンがクミの中に注がれる。
クミが俺を押しのけようとしても無駄だ。
余韻を楽しみながら肉棒を出し入れすると薄いピンクに泡立つ肉壺。
クミの口に汚れた肉棒を押し付けると、嫌悪感を浮かべつつも淫乱さが目に宿る。

アキの顔にも肉棒に持っていくと、こちらは喜んでしゃぶりついてきた。
2人の顔は血に染まったザーメンなのか、薄化粧のルージュなのか分からないが、ピンクに染まっていた。
高3と高2の女の子からメスになっていくのが表情で読み取れた。

JKとの3Pに気を良くした俺は、先だってまでのアキと別れ、新しいJKとの交際を始めた。
誤解ないように言っておくが、援交ではない。
ちゃんと仕事上で知り合った子だ。

名前はミノリ。
高1で、部活は水泳。
ショートヘアーに153センチの小柄な体型、Cカップの上向きなバストにスイマーらしい引き締まった小尻。
俺の店舗のアルバイトとして入ってきて、夜遅くなったミノリを送って行った時に・・・というのが馴れ初めだ。

初日のバイト明けで多少興奮しているミノリは、俺の車の助手席で、職場のこと、学校のこと、友人関係のことなどを話し続けた。
今どき無垢な子なのか、その素朴さと飾らなさに、俄然興味(ヤル気)が湧いてくる。

俺の店のユニフォームはタイトなシャツとパンツではあるが私服と変わらないデザインなので、そのまま出退勤するバイトも多い。
最初は興味なかったミノリも、よく見るとメリハリのあるボディで、しかも香水ではない女の香りがする。
話を聞いていると、まだバージンらしい。

特にバージンには興味はないが、うちのバイトはなぜかバージン率が高い。
そして俺の経験上、バージンは落とすのは簡単である。
落とし方の詳細はあえてここでは語らない。

その日も車を停めてミノリの髪を撫で上げる頃には、ミノリの目は潤んでいた。
そのまま頬から耳に唇を滑らせる。
抱き寄せてキスをする。
舌が絡み合えば、もう後は中出しまで一直線だ!

色気のないブラの下の固さの残るバストを揉み、小指の先ほどのピンクの乳首を舐め回す。
小豆ほどの乳首はさらに固さを増し、それを甘噛みすれば小娘の口から湿った吐息がこぼれる。
パンツのジッパーを下ろすとメスの匂いが車の中に充満する。
ショーツの脇から指を差し込むと、ヌメった肉壺が俺の指を潤す。
さらに奥まで指を入れると、「痛っ」と顔を歪める。
おもむろに肉棒を握らせ、「これをミノリの中に入れるよ」と三流エロビデオ並みの言葉を掛ける。

メリメリと音がするような感覚がして、ミノリに挿入。
身体が小さいぶん締め付けが強烈であるが、構わず奥まで肉棒を突っ込む。
処女膜が破れる感覚を肉棒に感じた時、ミノリは涙を浮かべながらも笑顔で微笑んだ。
あとは快楽の赴くまま肉棒で突き上げ・・・、フィニッシュ。

「ミノリとの初めてにはゴムみたいな邪魔者はいらないんだよ」と言えば、JKは納得する。

余韻を楽しみながら肉棒を抜くと鮮血が肉棒を濡らしていた。

「きっと社長はモテるだろうけど、気持ちの中ではミノリを一番にしてね」

そんな可愛いことを言いながら、ミノリは肉棒に頬擦りする。

「今日が初めてだったけど、私もっと上手くなるから浮気しないでね。社長が私の初めての人なんだから」

そう言うミノリの顔は、先ほどまでの少女の顔じゃなく女の顔になっていた。
それから週に3回程、ミノリがバイトに入る日は必ず待ち合わせをして、中出しを楽しんでいる。
もちろん、まだまだ関係を続けて行きたいのでピルは飲ませている。

さて昨日の話。
クリスマス前の休日、バイクの整備をしながら家族と過ごしていたところ、ミノリからメールが入った。
その日は会う約束もしていないし、休日にはメールをしない約束だったはず・・・。
ミノリのメールは取り留めのない内容だった。
ただ、俺とセックスしたいだけ・・・。
寒空の中、整備の終わったバイクに跨がり、家族には「仕事」と告げて家を出た。

待ち合わせのショッピングセンターに到着する。
ミノリを発見。
寒い中、上にコートを羽織っていたが、その下は制服だった。
最近、特に可愛くなったと真剣に思ってしまう俺にも困ったものだ。
ミノリは満面の笑みで俺の腕にしがみつく。
家から少々距離があるとは言え、周囲が気になってしまう。
軽くキスをして、早々に引き離した。
隣の家族連れの視線が痛い。

「約束破ってごめんなさい。でもエッチしたくてたまらなかったの」

こういうのは困るが、やっぱり可愛い。
しかしバイクで来てしまったので、場所の移動が出来ない。
さすがにタンデム用のヘルメットは持ってこなかったし、そもそも制服JKを乗せて寒空を走り出すのは目立ってしょうがない。

仕方なく、ショッピングセンター内で場所を探した。
この時期、どこもかしこも人で溢れていたが、都合よく駐車場脇のボイラー室を発見。
扉も開いていたので、すかさず侵入し、早々に肉棒をミノリの唇にねじ込んだ。
本当に飢えていたのだろう。
初体験からまだ3ヶ月の少女が、商売女のように涎を垂らしながら肉棒と玉袋、あげくは尻の穴まで舐め上げる。
たまらずミノリのスカートをたくし上げ、下着を横にずらして生挿入。
寒空を走ってきた俺にとっては、沸騰しているかのように熱い肉壺。
バックで突き上げると、野外セックスの興奮からか、ミノリは1分もせずに絶頂に達した。
まだまだイカない俺はJKの新鮮な肉壺を堪能し、乳首を抓りながらミノリの5回目の絶頂と共に中出しした。
小尻をヒクつかせながら余韻に浸るミノリから肉棒を抜くと、ドロッとしたザーメンがこぼれる。
教育されたミノリは、すぐさま肉棒にしゃぶりつき、残ったザーメンを吸い取るように舐めて肉棒を綺麗にしてくれた。

「今から学校で補習があるの」

それで制服だったのか・・・。
ミノリを最寄りのバス停まで見送り、俺は家族の待つ家路に就いた。