愛ちゃんの胸を堪能した思い出

この体験談は約 4 分で読めます。

大学の研究室での出来事です。

僕は大学の3年生。
医学部の臨床検査を専攻しています。
医者ではなくて、いわゆる保健学科というやつです。
僕の学年は1学年40人で、男子8人、女子32人の学年でした。
3年生になると研究室配属というものがあります。
これは2人ペアになって研究室に配属されて半年間その研究室で勉強するというものです。

僕は愛ちゃんという女の子とペアで生理機能検査室という研究室に配属されました。

愛ちゃんはクラスの比較的大人しいけど、気の合う女の子でした。
身長は160センチ、体重は・・・わかりません(笑)
けっこう細めの女の子で、胸はあまりないと思いました。
顔も可愛い方なのですが、そんなに目立って可愛いという感じではなく、純情そうなかんじの子です。
とてもガードが堅いことで有名で、3年間一緒にいながらいつも露出の少ない格好をして、肌をあまり見せない子でした。
僕はクラスの女の子のパンチラや胸などよく注目して見てしまう人だったのですが、愛ちゃんには全くそんなチャンスはあいませんでした。

この研究室ではエコーという検査を行っていました。
エコーというのは超音波をあてて体の中を見る機会です。
この研究室では心臓や腹部にエコーをあてる実習などをやらせてもらいました。
このような実習は1人ではできないので、愛ちゃんとペアだ・・・つまり愛ちゃんの裸が見れる・・・と期待していましたが、そんな良い思いができるはずもなく、大学院生の男の先輩とペアを組んでの実習を行うことになりました。

こんなかんじで半年の実習もあと1ヶ月ほどとなった頃、研究室に乳腺エコー、つまり胸のエコーの有名な先生がくるから、講演を聴きにいくことになりました。
あんまり興味もなく、3時間の講演を聴いて終了!!
・・・と思ったら、研究室の助教授から、「◯◯先生今から研究室で話するから一緒に2人も来なさい」と言われ、愛ちゃんと2人で研究室へ行きました。

そこから話は思わぬ方向へ進んでいきました。

「せっかくだから、Nさん(←愛ちゃんのこと)エコーをあててみてもらいなさい。うちでは乳腺エコーの実習をする機会がないから学んできなさい」と教授が言いました。

最初、愛ちゃんまた帰るの遅くなってドンマイだなーと思っていると。

愛ちゃんが、「うち一人でいくんですよね?」と聞くと、教授は「せっかくだからTくん(←僕のこと)一緒に勉強してきなさい」と言いました。

愛ちゃんは、「そんなの恥ずかしいし無理です」と必死に反対していましたが、教授は「せっかく遠くからきていただいてるんだからやってきなさい!」と聞きません。

愛ちゃんも仕方なく納得した様子でした。

研究室の廊下を歩いてエコー室に行くまでの間、愛ちゃんは顔色一つ変えずに平然としていました。
僕は、愛ちゃんってガードは堅いけど、意外とこういうの平気なんだなと思っていました。

エコー室へ着くと先生はカーテンを閉めて、「じゃあNさん、申し訳ないけど上だけ服ぬいでくれる?」と言いました。

愛ちゃんはもう一度「やっぱり男の子いると恥ずかしいんで出てもらったらだめですか?」と言いました。

ちらっとみると愛ちゃんの顔は見たことないくらい真っ赤でした。
多分緊張しすぎてなのか、諦めてなのか、若干笑っているとも引きつっているとも思える顔です。

先生は「患者さんもやられるときは恥ずかしいんだから君と一緒だよ」と言いました。

しばらく沈黙が続き、愛ちゃんが、「はい」と言うと上着のジャケットを脱ぎました。
ジャッケットの下には白と黒のボーダーのTシャツを着ています。
さらにTシャツ手を掛け、一呼吸おくとピンクのキャミソール。
肩の所から薄い黄色のブラのヒモがちらついています。
愛ちゃんは真っ赤な顔で僕のほうをちらっと見て、勢いよくキャミソールを脱ぎました。

愛ちゃんの黄色の下着姿と、そのときの愛ちゃんの顔を僕は忘れません。
愛ちゃんは手で胸のところに手をあてて僕から隠しています。
顔は引きつっているのが明らかに分かりました。
恥ずかしそうな真っ赤な顔で・・・。

先生に「ブラジャーも取らないとできないからね」と言われ、しぶしぶホックに手をかける愛ちゃん。

愛ちゃんが深呼吸するのがわかりました。

その次の瞬間・・・。
ブチッという音と共に愛ちゃんの黄色のブラジャーは外れました。
しかし愛ちゃんは手で胸を隠しており、全く胸は見えません。
ブラジャーをかごの上に置くと愛ちゃんは先生の言う通り椅子に座りました。
その時僕は愛ちゃんのブラジャーに注目していました。
ちょうどタグが見えるかたちでかごの一番上にあったため、タグが見えそう・・・見えそう・・・C65・・・意外と胸があるというのが感想でした。
服の上からはAカップだと思っていたからです(笑)

そして検査が始まりました。
先生に「じゃあ胸この台の上に乗せてね」という言葉で愛ちゃんは隠していた手をゆっくりはずし、台の上に胸を乗せました。
そして僕の方をまたちらっと向き、赤らんだ顔をすぐ戻しました。

僕はもう鼻血が出そうな感じでした。

小ぶりですが形のきれいな胸。
乳首は小さく、色は薄い茶色。
少し左だけ乳首が立っていました。
そして一番興奮したのはその時の愛ちゃんの顔。
恥ずかしさで真っ赤になった顔で僕の方を恨めしそうに見ていました。
この実習は20分ほど続き、愛ちゃんの胸を堪能させてもらいました。

そして検査が終わった後、服を着替えて部屋を出ると、愛ちゃんは「じゃあ帰るね」と走って帰っていきました。

愛ちゃんとは今でも友達ですが、あのときの愛ちゃんの顔と胸は忘れられません。