可愛がってた猫に嫉妬して猫になった彼女

この体験談は約 5 分で読めます。

一昨日の夜、昔の彼女に出会った。
駅の改札で偶然重なり合って、「あっ、すみません」とか言い合ったが、お互い顔を見て二人同時に「おぉ!」とびっくり顔。
指輪してたから酒とか誘っちゃ悪いだろうなと思ったけど、ダメ元で誘ってみた。

「飲み行く?近況でも話そうかw」

「うーん、旦那にメールしてからね」

「結婚したんだ!おめでとう!」

ポチポチとメールしてる彼女を見てると、昔、彼女の部屋でエロエロしたことが急に脳裏に蘇ってきた。

二年前・・・。
彼女の家で飲もうと二人で酒を買い込み部屋に。
当時『トラ』とかいう名前の猫を飼ったばかりの彼女の家。
ちっちゃくって丸っこくてふさふさの毛が可愛くて、お腹に乗せてもふもふしたり、紐の先になんかくっつけてピョンピョンさせたりして遊んでた。

酒も空になる頃に「眠い」と言い出した彼女をよそに、俺は猫とスーパーもふもふ大会!
もみくちゃに可愛がり、「可愛いねー、お前は可愛すぎるぞー」と喜ぶ猫を見たくて褒めちぎっていた。
そしたら彼女(晴美という名前だから俺は「はる」と呼んでた)がむっくりと起き上がり、「そっちばっかり可愛がって、なんなのよ!」と嫉妬したように言う。

「えっ?こっちは猫じゃんかww」

そう言いながらも俺は、猫を抱えたり餌を手渡ししたり肉球をぷにぷにしたりと可愛がりまくり。

「むかついた!」

そう言って部屋から出ていった彼女。
しばらくして、ウイスキーと一緒に猫耳つけた彼女が帰ってきた。

「うはっ!www」
「にゃー」

「馬鹿かお前ww」
「にゃー」

「なんかムカつくw」
「にゃー、酒のむにゃ!」

「お前飲み過ぎ!」
「私は猫にゃ!飲むにゃ!」

「つーか、その猫耳・・・どこで買ったんだよw」

二人で猫を可愛がりながら飲んでると流石に飲みすぎて、ふら~りふら~りしてきた。
そしたら無性にエロい気分になってきた!

「もう猫は着替えるにゃ!」

そう言って部屋を出ていく彼女。
大きい声で俺はわざと、「可愛いなぁーお前はぁー。こっち来いよー。トラ模様が可愛いぞ~。柔らかい肉球も最高だぞ~」と褒めていると、再び彼女登場!

「おぃ・・・はる!なんだその格好は?」

そこには猫耳つけて手足まで肉球の手袋、お尻には尻尾らしき物がついて「にゃ!」とか言ってるw

「にゃ?私は猫にゃ!」

(これは!絶対に『私も同じように可愛がって欲しい!』というサインだ!)

「ちょっとこっち来いよ」

「ダメにゃ!やらしいことはダメにゃ!」

(ば・れ・て・るww)

半ば強引にベッドに押し倒して・・・。

「お前みたいな可愛い子猫はエッチしてもいいんだよね?」
「いや・・・」

「お尻のこれは何?」
「・・・」

「そっか!猫だから喋れないんだよね」

パジャマの前を肌蹴させるけど微妙な抵抗あり。
でも肉球手袋では全然掴めないし、滑って俺の手も握れない。

「乳首こんなに立たせてるのに喋れないんだぁ」

「・・・ィャァ」

そのまま下も脱がすと、これまた萌えるシチュに。
俺の股間はギンギンにおっ立ってた。

「咥えてよ」

口元に持っていくとすぐにパクリ。
エロい音立てながら、それでいて肉球手袋で滑りながらも押さえてる彼女に萌えました。
胸を乳首を巻き込みながら揉む。
時折「んっ!」とか「ふぅ」とか吐息が漏れて、顔がだんだんと赤くなり身体も火照ってきた。
それでも、「んっ」と顔を歪めても、まだ我慢状態を続ける彼女。
もうすぐにでもぶち込みたくて我慢ならなくなり・・・。

「なぁはる。入れるぞ」

「・・・」

意固地になって喋らない彼女。
が、いつもとは比べ物にならないくらい濡れている。
尻尾のついた下着の股間はびっちょりと濡れて色が変わっている。
横にずらしてみると、ヒクヒクと揺れるようにうごめく。
四つん這いにさせて指でくすぐるようにクリを弾く。

「ん!んんっ」

「猫もここ感じるんだねぇー」

酔ってるからなのか意外と乗り気な自分。
(後々落ち込んだけどw)
そのまま弄ることも疎かに、入り口に宛てがって一気に沈める。

「あっ!」

この時初めて声が出た。

「ん?どうしたんだろう?猫なのに喋ってるのかな?」

尻から腰を支えながら、びちゃびちゃと打ち付ける。

「はる!気持ちいい?」

「あぁあぁ」

「あれ?喋れるの?」

一回抜くと、『あれ?終わりなの?』という顔してる。

「入れて欲しいの?」

コクンと頷く。

「どこに?」

「・・・」

言わない代わりに大きく脚を広げて自分のへその下辺りに手を添える。

「いい子だね、ご褒美あげなきゃね」

そのまま腰を沈める。

「んっ!ぁぁぁ」

喋れない?というか喋らないのをいい事にやりたい放題。

「猫ちゃんはどこに出して欲しいのか判らないからなぁ」と惚け気味で言う。

もう俺は我慢の限界だった。
猫耳の彼女が目を潤ませながら声にならない声で「あぅあぅ」と喘いでる姿。
それに肉球のついた可愛い手袋を脱ぎもせずにプレイに専念してるというアホなのか献身なのかだけど、その姿は通常よりも彼女を可愛く見せる。

「ほら!はる!出すよ!」

「んーーんーー」

いつもは外出しでお腹や胸に出して楽しんでたけど、今日はなぜか(中出ししてやる!)みたいな凶悪な考えがあった。
まぁ結婚とかも考えてたし、それならそれでいいかな?という感じだったんだと思う。

「猫ちゃんとのエッチなら大丈夫だよね」

「んっ!」

つーかちゃんと言えよww

「はる!はるの中すっごいヌルヌル」

「んーんーだめにゃ!」

初めて喋りやがって!
でも、もう手遅れでした。

「はる!イクぞ!」

抱き締めたまま奥まで突っ込んで中出し。
ビクンビクンしてるのを知ってか耳元で、「あぁ・・・だめだよぉ」と言うはる。
しばらくじっとしてたけどまだヒクヒクとしたり、時々ビクンと動いたりしてた。
猫耳のままぐったりしてる彼女を優しく介抱して、股を拭いてあげたりしてたらまたムラムラして二回戦進出。
今度は肉球手袋でしごいてもらって、最後は猫耳を汚すほどの飛びっぷりで顔射。
色々聞いたら、これ着て猫と遊んでたらしい・・・。
何考えてんだかわからんけど、俺にとっては萌えた瞬間だったw

・・・。

はっと我に返る。
勃起してたんで微妙に腰を引く。

「うん、飲みに行ける!」

「よかった、どこ行く?」

飲んで近況語り合って、猫のことも話したんだけど、彼女は恥ずかしそうに顔を赤らめてた。

「俺達なんで別れたんだっけ?」
「なんだったっけ?」

「忘れた」
「私も忘れた」

彼女が結婚したのは半年前。
職場の関係だったと言ってた。
忘れたふりしてたけど、別れた理由はその男の影が見え隠れしだしたから。
飲み終えてバイバイと手を振ると、向こうも「またね!」と挨拶。
でも、なんか彼女の目からは涙が溢れてた。

「どうしたww」

「なんでもない・・・」
「別れた理由でも思い出したのか?」

「うん・・・」
「そっか!ww」

「ごめん、あなたと結婚しておけばよかった」
「そういうこと言うな!w旦那可哀想だろw」

「また猫になって甘えていい?」
「いいよw」

「あの猫耳まだあるよw」
「なぬ!コス好きだったからねぇ?俺もはるもw」

「携帯番号教えて欲しいな」
「いいけど、旦那に怒られるぜ」

「うん、大丈夫だと思うよ」
「じゃね!」

「うん、バイバイ」

俺にとっては良い思い出。
この先はどうなるかわからんけどね。