エロ社長に汚された女と社長夫人に遊ばれた男

この体験談は約 4 分で読めます。

美しい女はモテるし、美しくて清楚な女なら尚モテる。
男は美しい顔が乗る裸身を眺めたいし、茂みの奥の恥ずかしいワレメを御開帳して拝みたいと思う。
だが、女を裸にすることは簡単ではなく、ましてや茂みの奥まで辿り着くのは至難の業だ。
だから男は勇気を持って女を口説き、精一杯の愛情表現と褒め言葉を口にする。

清楚で美しい女は若い頃からモテるから、結婚するまでの性体験が豊富なのだ。
だから、清楚で美しい女ほど処女で結婚する確率は極めて低い。
綺麗な奥さんほど過去に甘い言葉で脱がされておっぱいを揉まれ、普段は見せない湿ったワレメを開かれて、その美しい顔と淫らにヌメるマンコを沢山の男に見比べられたのだ。
武骨な指でマンビラを捲られ、クリを転がされて感じ、悶え、マン汁を滲ませたのだ。
男のチンポを口の中に含み、亀頭を舌で舐め回し、タマを揉むサービスを躾けられ、清楚な美人淫女として仕上げられていくのだ。
広げたマン穴にチンポを入れられ、ズコバコと穿られて、ジュパジュパとマン汁を垂れ流して、オンナの悦びに浸るようになるのだ。

あんな男やこんな男に口説かれまくり、あんなチンポやこんなチンポにハメまくられて、清楚美人は年を重ねて20代半ばに差し掛かり、ハッと気づくのだ。

『三十路前でなければ、いくら綺麗でも結婚相手として見てくれない』

男にチヤホヤされて、マンコを開いて淫乱遊戯に溺れている場合じゃないことに気付き、大きくめくれて色付き始めた自分のマンコを見て焦る。
そして、こう思う。

『イケメンでなくてもいい。誠実で真面目な男を見つけよう』

なぜ、あれほどの清楚美人が、あのような冴えない男と結婚したんだろうか?
清楚美人の旦那はパッとしない男が多いことにお気づきだろうか。
でも、パッとはしないが、真面目で堅実な男の場合が多いこともまた事実。
女にモテたことなどない冴えない草食系真面目男は、そんな清楚美人に言い寄られたらイチコロだ。
夢見心地で手を出して、イケメンのチャラい男たちが散々弄んだおっぱいとマンコを嬉しそうに愛するのだ。

マン汁でドドメ色に焼け始めた使い古しの腐れマンコには気付かずに、清楚な美人顔に惚れ込む。
色んな男たちが、もっと若くて初々しい状態のときにさんざん楽しんだとも知らず、清楚美人が自分にだけ見せる淫らな姿に感激して求婚してしまう。

そういう俺の妻の美雪も、れっきとした中古女だ。
美雪は、町では有名な美人で上品な淑女だったが、親の借金で高校卒業と同時に県庁所在地の某社長の別宅のメイド兼愛人になった。
還暦オヤジのドス黒いチンポで処女膜を破られ、その後は週末ごとにやってくる社長に羞恥の緊縛姿で凌辱されていた。
還暦社長は立ちが悪く、チンポを知ってまだ1年も経たない19歳の美雪を屈辱の大股開きに縛り上げ、様々な淫具で徹底的に凌辱することで興奮し、強制快楽でよがりまくった清純美女の純情マンコを還暦チンポでいたぶった。

俺は社長と美雪のご乱行をカメラで記録していた。
その俺もまた社長夫人の若いツバメとして、五十路マンコのお相手をしていた。
もちろん普段は社員として働いていたが、お呼びがかかればパンツを脱いでチンポを差し出した。
社長夫人は、旦那と美雪の性交写真を見て悔しがり、俺に跨がって鬱憤を晴らしていた。
温泉旅行に連れ出され、コックリングで締めつけられて、一晩中腰を振らされたこともあった。

その社長が退陣するとき、俺も美雪も解放された。
俺は会社を辞め、故郷へ戻って家業を継ぐ決心をした。
その時、美雪が隣町の出身だと知り、結婚を申し込んだ。

「私みたいな穢れた女・・・」

「俺だって同じだよ・・・」

行くあてのない美雪をとりあえず俺のアパートへ連れ帰り、抱いた。
3年間、毎週末に社長に恥辱凌辱を受け続けた美雪のマンコは薄紫に色付き、気絶するほど責められたクリは赤く肥大していたが、俺のチンポも社長夫人のマン汁に焼けて赤黒く変色していた。
慰みもの同士で身体を交え、愛情の伴う性交の素晴らしさを確認し、帰郷の準備をした。

そして20年前、28歳の俺は22歳の美雪を連れて実家に戻った。

「俺の嫁さんだ。よろしく頼む」

父も母も妹も、美雪のあまりの美しさに腰を抜かした。
知り合って3年、初めて体を交えて1ヶ月で入籍した。
美雪は田舎町では飛び抜けた美人だったから、俺はとても羨ましがられた。
親父とお袋が隠居した後は、俺と美雪で店を切り盛りしていたが、美雪のおかげで売り上げが伸びたことは否めない事実だろう。

美雪は42歳になった今でも、子供たちの学校のPTAでは輝く存在だ。
そんな美しい美雪を今でも抱き続ける俺。
すっかり黒みがかった美雪のマンコを、これからも愛し続けていこうと思う。

タイトルとURLをコピーしました