『ミルク絞り』をしてくれたエッチなクラスメイト

この体験談は約 3 分で読めます。

僕の精通は自慰や夢精ではなく、他人の手によって導かれたものでした。

中1の時、クラスにK子という女の子がいたのですが、僕は彼女とよく猥談をしていました。
猥談と言っても中学生のするものだから、「Aがキスで、Bはペッティングで・・・」という程度のものです。
ところが3学期になると内容がエスカレート。
K子に未使用の生理ナプキンや、両親の寝室からくすねてきたコンドームを見せてもらったり、勃起した時にズボンの上からおちんちんを触らせたりするようになりました。

ある日、掃除の最中におちんちんを勃起させてしまった僕は、床を掃いていたK子にさりげなく股間を押しつけました。
K子もジャージの上からおちんちんを撫でてきました。
いつもなら、そこで意味ありげな笑みを交わして終わるはずでした。
ところが、その日は2人で目を合わせると、どちらが誘うでもなく教室のベランダに出てしまいました。

当時、隣に物置として使われていた空き教室があり、廊下側の扉は施錠されていたものの、ベランダ側の鍵が壊れた窓から出入りできるようになっていました。
K子と僕はその空き教室に忍び込んだのです。
窓には暗幕がかかり、ベランダから中の様子を窺い知ることはできません。

僕は机の上に座ると、ジャージと短パン、そしてパンツを一緒に下ろしました。
僕のおちんちんは完全に勃起してて痛いくらいでした。
K子はそんなおちんちんをそっと握ると、硬さを確かめるように優しくニギニギしていました。

「僕が『やめて』って言ったらやめてね」

そう言うと、親指、人差し指、中指の3本でおちんちんを摘み、ぎこちなく上下させはじめました。
最初は、自分で触るのとはずいぶん違うと思っていましたが、すぐにおちんちんがヒクつきはじめました。
僕は慌てて「やめて!」と言いましたが、逆にK子は指の動きを速めて信じられないことを言いました。

「出しちゃえ出しちゃえ!」

まるでそれが合図だったかのように射精がはじまりました。
亀頭が膨らみ、その中を何か熱いものが通っていきます。
僕は、「フンッ、フゥンン」と鼻にかかった声を出しながら、精液がおちんちんから噴水のように噴き出るのを見ました。

射精が終わるとK子は僕に、「気持ちよかった?」と聞いてきました。
僕は羞恥と敗北感を感じながら頷いて、結局その後、もう1回K子に出してもらいました。

それから3学期が終わるまでの間、僕は毎日のように、その空き教室でK子に射精に導かれました。
K子はその行為を、「ミルク搾り」と呼んでいました。
そして互いに・・・。

「ねえ、ミルク出せる?」

「そろそろミルク搾ってよ」

そんな風に言って誘っていました。
今から思えば、なぜミルク搾りが性行為に発展しなかったのか疑問ですが、それは僕とK子の間に恋愛感情のようなものがなく、ときどき猥談をしてエッチな好奇心を満たすだけの仲だったからだろうと思います。

春になり、クラスが別々になってからはK子とも疎遠になり、ミルク搾りをすることもなくなりました。
ただ、その時の射精体験が僕に強い影響を与えていることは確かで、今でも時々ミルク搾りのことを思い出してオナニーしています。
彼女が囁くように言った、「出しちゃえ出しちゃえ」という声を頭の中で再生しながら。

タイトルとURLをコピーしました