葬儀帰りにラブホで母と結ばれました

この体験談は約 5 分で読めます。

なんでこうなったのか・・・、複雑な思いと興奮とが重なりあっています。

私は30歳で独身、母は53歳、父は58歳、普通の3人家族です。
母も50歳を過ぎた頃から少しぽっちゃりしてきて、どこにでもいる普通の中年女性です。
父はサラリーマンで仕事柄出張が多く、母と2人で過ごすのが日常になっていました。
母に女性としての魅力がないというわけではありませんが、意識もしていませんでした。
まあ思春期の頃に、母の下着を見てドキッとしたことくらいはありましたけど。

先月のことです。
母の親戚が亡くなり、父は出張先から直接葬儀に向かうことになりました。
母と私は、私の運転で県外の親戚の家に向かいました。
葬儀を済ませ、親戚みんなと夕食を済ませた後、父は出張先にとんぼ返り、私と母も家路に就きました。
その日は明け方に出発して車をずっと運転していたため、疲れていました。
親戚の家は高速道路を使っても車で6時間くらいの距離です。
途中、高速道路のパーキングで休憩を挟んでいたのですが、疲れている私の運転を心配してか、どこかで1泊しようということになりました。
時刻はすでに夜の10時前くらいです。

高速道路を降りると、下着の替えを探そうと、ドン・キホーテを見つけて車を停めました。
すぐに私はTシャツとトランクスを買い物かごに入れましたが、母は下着をどれにしようか迷っているようでした。
下着を手に取って選ぶ母の姿に、今までなかった思いが芽生えました。
私は過去に女性経験は数人しかなく、しかもここ5年は彼女もおらず、いつも自分で性処理をしていました。
ドンキホーテには若い女性が好むような派手な下着が沢山あり、逆に年配の女性向けの下着は少ないようで、母は淡い水色のブラとパンティ(それでもレースが付いていて母には不釣り合いに思われましたが・・・)を手に取り、私が持つ買い物かごの中に恥ずかしそうに入れました。
母がこの下着を着けるのかと思うと興奮でいっぱいになりました。

レジを済ませた後、車で泊まる場所を探しはしたものの、まったく土地勘がありません。
見えるのはラブホテルばかりで、なんとなく気まずい気持ちになりながらも、「あそこのホテルでも大丈夫かな?」と聞いてみました。
母は苦笑いしながら、「大丈夫よ」と一言。
これで今夜泊まる場所が決まりました。
まさか母とラブホテルに来るなんて・・・。
考えもしなかったような出来事に、興奮と気まずさが入り混じったような感情が渦巻き、私もかなり混乱していました。
母も少なからず同じような感情があったと想像しています。

部屋に入ってからは母は堂々としたものでした。
私も多少は落ち着いたのですが・・・。
母にお茶を入れてもらい、他愛もない話を少しして、母から先に風呂へ入ることになりました。
私はその間、テレビを見ていました。
浴室から母がホテルの浴衣を着て出てきた時、その姿に思わず目を奪われました。
母はぽっちゃり体型なので、浴衣が弾けそうなくらいに胸と腰回りがパンパンでした。
思わず私の息子も反応してしまい・・・。
私は母に悟られまいと、すぐに浴室に向かいました。

落ち着かないまま浴室から出ると、母は部屋の中を色々と探索していました。
好奇心も収まった頃、疲れを思い出して寝ることにしました。
ラブホテルですので、当然ベッドは1つです。
同じベッドのすぐ左側に母がいると思うと、なかなか寝付けません。
30分くらい経ってたと思います。

「母さん・・・」

小さく言葉を発すると、「なーに。まだ起きてたの?」と返事が来ました。

恐る恐る少し身体を母の方にずらし、まずは左手で母の太股を軽く触りました。
母は意外にも無言でした。
私はこの時、すでに理性を失っていました。
私の左手が太股から脚の付け根辺りまで伸びました。
そしてパンティの上から軽く撫でたあと、胸に手を当てたら、さすがに母も驚いた様子で、「どうしたの!?」と言いました。
私は今の興奮した気持ちを正直に伝えました。
すると、母もなかなか寝付けず、疲れもあって少し変な気分だと恥ずかしそうに答えてくれました。
ラブホテル、まして同じベッド、親子・・・色々なことが頭の中を駆け巡りました。

「このことは絶対に父さんには内緒よ」

母が言いました。
もとよりそのつもりですが、すでに頭は母の体でいっぱいです。
今後のことなど考える余裕もなく、私は母を抱き寄せて唇を奪いました。
私が舌を絡めると母も舌を絡めてくれて濃厚なキスが続きました。
自然と私の手は母の浴衣の紐を解いていました。

布団をどけて改めて浴衣が肌蹴た母の淫らな姿を見ると、さらに私は興奮してしまいました。
母はさっき購入した、淡い水色のブラとパンティです。
両手でブラの上から胸を触り、キスをして耳たぶを舐めると、今までに聞いたことがないような甘えた声で母が喘ぎだしました。
私が母の下着姿を褒めると、母は恥ずかしそうに「いやん、恥ずかしい」と照れ隠しのような言葉を発しました。
私も無我夢中で母のふくよかなオッバイに貪りつき、乳首を口の中で転がしました。

「は、はっ、あんっ、あんっ、感じちゃう~!あんっ、あんっ、あっん~」

さらにすふぉい声で母は喘ぎだしました。
母の浴衣を完全に取って下着姿にして、パンティの上からクリトリの辺りを指でなぞっていると、母が私の浴衣の紐を解きました。
私は自分でトランクスを脱ぎ捨てました。
母の手が私のペニスを触ってくると、すごい快感を覚えました。

私は母をうつ伏せにしました。
パンティ越しにお尻を撫でたり、背中やうなじに舌を這わせていると、母の喘ぎ声が部屋中に響き渡りました。
再び母を仰向けにさせてびしょ濡れのパンティを脱がせます。
クリトリスを舐めていると、母は叫び声に近いような声で感じ続けました。
女性は年齢を重ねてもすごい量の愛液が出ることを知りました。
私が過去に経験したことがないほどシーツはびしょ濡れで、母のおまんこは大洪水でした。

母は優しく私のペニスを舐めてくれました。
その後、シックスナインで貪るようにお互いの性器を舐めました。
今まで一番気持ちいいフェラでした。
相手が母親、つまり『近親相姦』という言葉が頭から離れなかったせいだと思います。

私がコンドームの袋を破っていたら、「付けなくても大丈夫よ」と母。
また激しくディープキスをして、母の体を舐め回し、いよいよ母のおまんこに鋼鉄状態のペニスを正常位で入れていきました。
私のペニスを待ちきれない状態で待っていた母のおまんこは、お世辞にも締まりが良いとは言えませんが、禁断の扉の中という興奮も手伝って気持ち良かったです。
私は頭の中が真っ白のまま、ひたすらに腰を振り続けました。
禁断の密の味をお互いに味わい、母もまた普段とは別人のような姿で乱れていました。
母は喘ぎまくりました。
女性上位になり、目の前で母のオッバイが揺れるのを見ていたらイキそうになりました。

「もう駄目だ!お母さん、イキそうだよ!」

「思いっきり中に来てっ!」

私は母のおまんこの中に大量の精子を注ぎ込みました。
ベッドの中で裸のまま余韻に浸っていると、疲れてたこともあり、お互いに知らぬ間に眠りに落ちていました。

翌朝、母とは一切、昨夜の出来事には触れず、自宅に戻りました。
それから1週間、今のところ何もありませんが、禁断の密の味はなかなか忘れられそうにもありません・・・。

タイトルとURLをコピーしました