嫁の実家でマスオさんしてたらグラマーな義母に誘惑された

この体験談は約 2 分で読めます。

義母の第一印象は、馴れ馴れしいおばさん。
初めて義母と会ったのは、嫁と結婚前に挨拶に行った時。
そして夫婦の新居はどこにしようかと話になり、「アパート代が勿体ないから」と言う義母の強い勧めで、結婚後は嫁の実家でマスオさん生活で同居がはじまった。

結婚してわかったのは、料理がまるで駄目な嫁だったこと。
弁当作りまで義母任せ。
盲点でした。
出勤時間の早い食品配送の仕事をしているので、嫁も義父も寝てる中、裏の車庫まで出てきて義母がいつも見送ってくれます。
まるで義母が俺の奥さんのように、毎朝笑顔で見送ってくれるんです。
嫁はその頃まだ夢の中・・・。
2、3ヶ月もすると、この異常な新婚生活にもリズムが出来てきました。

その日も仕事が終わり、2時過ぎに家に帰り着きます。

「お風呂、沸いてるわよ」と義母の声。

いつもなら風呂に入って仮眠のパターンですが・・・。
その日はシャンプーをしていると・・・。

「背中流してあげるわね」

風呂場に義母が入ってきた気配。

「えっ?ぁぁ・・・すみません」

目の泡を拭いて鏡を見ると・・・素っ裸のグラマーな義母が映っていました。
背中に湯を掛けられ、石鹸を付けた手のひらが肩から背中へ。
そして腰から手が前に回り、いつの間にか肉棒を掴んで扱くように・・・。
義母の巨乳が背中に当たって、思わず肉棒が勃起しそうになりました。

「お義母さん・・・もういいです」

急いで泡を流して浴槽に飛び込みました。
義母の体を洗う姿は艶めかしく、浴槽の中で肉棒は勃起していました。
すると義母は俺に尻を向けて四つん這いになり、黒いヒダの肉穴を晒しながらお尻を揺らしています。
引き付けられるように浴槽から出た俺は、四つん這いで尻をクネらせて挑発している義母の肉穴に、硬く勃起した肉棒を突き挿し、義母の腰を持って抜き挿しを始めました。

「アッアッアッ」

浴室に響く義母の声。
突いたり捏ねたりしていると・・・。

「あ~、光介さん、イッイク~」

絶頂した義母の後を追うように激しく突きまくり、義母の肉穴に射精しました。
ぐったりと前のめりにぺたんと倒れ込み、尻だけ持ち上げてる義母。
肉棒を抜くと肉穴から精液がドロドロっと流れ落ちてきます。
その日は部屋に移り、夕方まで義母と近親相姦セックス。

次の日から、義母の見送りはキス付きになりました。
若いだけでデブな嫁と違い、義母の熟れたグラマーな体は最高です。
時には休みの日に嫁と義父が仕事に行くのを見計らって、ラブホテルで心置きなくセックスしています。
義母も絶叫しながらイきまくります。

(一体、俺は誰と結婚したのだろうか?)

ふと疑問に思う毎日です。

タイトルとURLをコピーしました