弟に母乳を吸われているうちに・・・。

この体験談は約 4 分で読めます。

子供が産まれ、初めての子育てで大変なこともあり、母の勧めもありしばらく実家の方で生活することになった。
弟が暮らしている隣の離れの部屋で子育て用の準備をしてもらい、半年くらいお世話になっていた。
日中は両親が、夜は弟が子供の面倒を見てくれるので本当に助かるし、気兼ねなく物事を頼めるので居心地が良く、自宅よりリラックスできるほどだった。

ある夜のこと、母乳で乳房が張ってしまい痛くて眠れなかったので、搾乳機で母乳をとっていたときに弟が不思議そうに何をしているのかと聞いてきた。
説明すると納得したようだったが、「母乳って甘いの?」と聞いてきたので・・・。

「甘くないよ。思っているより無味で全然美味しくないよ。飲んでみる?」

そう言ったら、「いいの?」と驚いた顔をしていた。

「いいわよ。飲んでみなよ」

搾乳機を外すと、弟は無言で胸に顔を寄せて乳房に吸い付いてきた。
搾乳機に貯まった母乳を飲ませてあげるつもりで言ったつもりが、直接乳首に吸い付いてきたので私はビックリして固まってしまった。
でもなかなか母乳を吸い上げることができないらしく・・・。

「全然出てこないんだけど?」

「少し噛んで挟むようにしてもう少し強く吸ってみて」

そう言うと強めに吸い付いてきた。
赤ちゃんに授乳しているのとはまるで感じが違い、弟の歯の感触と舌の感触に刺激を受けて、私は感じてしまった。
思わず声が出そうだったけど、耐えて無言のままでいた。

かなり長い時間、弟に乳首を吸われていた。
しばらくして弟は乳首から口を離すと、今度は反対の乳首に吸い付いてきた。
私は左の方が弱いので思わず声が出てしまった。
吸われているうちに完全に力が抜けてしまい、私は布団に横になった。
寝てからもずっと吸われ続けて、私は頭が真っ白になるほど感じてしまい、いつの間にか大きな声を出しながら弟の頭を抱き寄せていた。

弟も興奮してきたのか、私の股間に手を伸ばしてきた。
パンツの上から割れ目に沿ってなでられ、さらに感じてしまった。
でもこれ以上はいけないと思い、「もうダメっ」と何度か言ったけれど、完全に体から力は抜けてしまって抵抗もできずにいた。

弟は私の手を掴むと、弟のパンツの中に入れた。
硬く大きくなっているモノに触れた。
抵抗があり、私はすぐにパンツから手を抜いた。
すると弟は、今度は私のパンツの中に手を入れてきた。
直接触れられると自分でもかなり濡れているのがわかるくらいで、股を閉じて抵抗を試みたけど、弟の指が入ってくると我慢できなくなり、我を忘れてしまった。

妊娠してから夫とは夜の生活もまったくなく、久しぶりで敏感になっていたのか、パンツを下ろされて指を深く入れられたときは全身が痺れるような感覚になり、隣で寝ている子供のことも気にせず自分から腰を動かしてしまうほど感じてしまった。
もうこのあたりからは体も心も弟に身を委ねてしまっていた。

弟はパンツを脱ぐと、再び私の手を導いた。
私が弟の硬くなったモノを撫でてあげていると、乳首から口を離してキスをしてきた。
すぐにディープキスになった。
もう私は最後まで求めてしまっていた。
だけど弟はそのつもりはなかったらしく、弟の大きくなったモノを握っている私の手を掴み、さらに速く擦るように求め、しばらくその状態が続いた。

私は我慢できなくなり、弟を寝かせて私が上になり弟のモノを口に含んだ。
しばらく舐めたあと、自ら弟のモノをアソコにあてがった。
弟は驚いた顔をしながらも、ジッとしていただけ。
少しずつ腰を沈めていくと、かなり大きめな弟のモノが完全に入ってしまい、奥に当たるほどだった。
私はもう我慢できなくて、思いっきり腰を前後に振ってしまった。
弟のモノを私の中で堪能するように腰をまわし続けていると絶頂に達して、声を抑えながらも叫んでしまい、激しくイッてしまった。

イッてしまったあとも弟のモノは大きいままで、しばらくそのまま余韻に浸りながら弟に抱きついてキスをしていた。
弟はまだ絶頂には達していなかったけど、固まったままジッとしていたので体を離して横に寝た。

「どうしたの?気持ちよくないの?」

「気持ちいいけど・・・最後までするとは思わなくてちょっとビックリした。それに中でイッたらマズいでしょ?だから我慢してた」

「出産後でまだ生理が来てないから中でも大丈夫だよ」

そう言って弟を抱き締めてキスをしていると、弟が上になり全身を舐めてきて、私の股間に直に口を這わせてきた。
その気持ち良さに今までにないほど感じてしまった。
クリだけでなく、中もお尻の穴も舐められた。
中に舌を入れられたとき、私は再び絶頂に達してしまった。

頭がボーっとしてぐったりしていると、いきなり弟のモノが入ってきた。
私も弟も無我夢中に求めあい、腰を動かした。
奥を突かれ、その日何度目かの絶頂に達すると、弟も私の中で果ててくれた。

翌日に私は弟に聞いた。

「もうしばらくここにいてもいいかな?」

弟は複雑な表情をしていた。

タイトルとURLをコピーしました