マンションの駐輪場で見知らぬ男に襲われた

この体験談は約 3 分で読めます。

私は高1の16歳です。
前田敦子さんに少し似ているとたまに言われます。

同級生の彼氏がいて、エッチの経験は彼だけでしたが、先日、見ず知らずの男性に犯されました。
彼氏にも友達にも誰にも言えません。

その日は学校帰りに友達と遊んでかなり遅くになり、真っ暗な中、1人で帰宅するところでした。
チャリで通学していたので、いつも通り自宅マンションの駐輪場に入りました。
駐輪場には扉があって、それは家のカギと共通で、チャリを止めてすぐ出るのでいつも扉は開けっ放しで中に入ります。
その日もやはり扉は開けたままでチャリを止めてチャリに鍵を掛けようとしていたら、入り口から誰かが入って来ました。
大きなマンションだから住人に出くわすことは珍しくもなく、おそらくチャリを取りに来た住人だろうと気にも留めませんでした。
そのままチャリに鍵を掛けようと前輪に手を延ばした時でした。

「パンツ見えてるよ?」

後ろから突然声がしました。
驚いて振り返ると30代くらいの見知らぬ男が立ってニヤニヤと私を見ていました。

駐輪場には小さな電球ひとつあるだけでとても暗く、それが恐怖感を煽りました。
怖くて震えが止まらず、声も出ない私を嘲笑うように男は、「誘ってるんだろ?」とこちらに近寄ってきて、制服の上から胸に触れてきました。
あまりの恐怖に何の抵抗もできないでいると・・・。

「本当は俺に触って欲しくてパンツを見せてきたんだろ?」

そう言いながら強く抱きついてキスをしてきました。
条件反射的に手で抵抗しましたが、ガクガクと震えて抵抗には程遠く・・・、涙が溢れてきました。
セーラーの制服だから男に簡単にたくし上げられ、ブラをずらされ、胸に気持ち悪い男の舌の感触が伝わりました。

高校生の私がFカップあることに、男はとてもに興奮していました。
男は両手で胸を揉みしだき、乳首に吸い付いてきました。
吐き気がするほど気持ち悪いのに、私はとても乳首が敏感なので、すごく立ってしまってました。
男はそれにもすごく興奮して、短くして穿いていたスカートに手を入れてきました。
そしてパンツの上からクリの部分に指の腹を擦りつけてきました。
恐ろしいのに、クリが感じやすい私。

「ぁ・・・ぅ・・・」

私は声を出してしまいました。

「お前、女子高生のくせに、犯されて感じてんのか?」

男にますます火をつける始末。
男はパンツを足首まで引き下ろすとクリに吸い付いてきました。
恐怖と急激な快感で私の腰は砕け、その場に尻もちをついてしまいました。
男はお構いなしに私の足をM字に大きく開き、「じゅぶ・・・じゅるる・・・」とわざと大きな音でクリに吸いついてきました。
あまりの快感で、「あッ・・・あ・・・あん・・・や・・・イッちゃ・・・う・・・ッ」と、声を出してしまいました。
そして不本意にも、そのままイカされてしまいました。
濡れやすい私のマンコはびちょびちょと汁を床にこぼし、お尻まで伝ってくるのがわかりました。

イッて間もない私のアソコに男は間髪入れずに指を突っ込んで掻き回してきました。

「お前、この濡れ方はなんだ?この淫乱が!」

男になじられているのに、体験したことのない絶妙な指使いは訳がわからないほどに気持ちよくて・・・、ついに私は、生まれて初めて潮というものを吹いてしまいました。
男の興奮は最高潮です。
気づけば反り立ったチンコが目の前にありました。
あっという間にズブズブとマンコに侵入していくのがわかりました。
男は気が狂ったように腰を振り、早漏なのか、すぐに出してしまいました。
さすがに外出しでしたが。

そして男は胸も下半身も丸出しにしたままの私を駐輪場に放置して、逃げるようにその場を去って行きました。